« 愛のあるところ | トップページ | 箱根ガラスの森美術館 »

箱根芦之湯フラワーセンター

先日家族で、箱根に一泊旅行をしてきました。

標高差の賜物で、箱根の山のふもとでは葉桜、山を登るにつれて満開の桜、もっとも高台のあたりでは、まだ花咲く前のつぼみ・・・・・・と、桜の開花を巻き戻して見ることができました。

ソメイヨシノのほかにも、山桜や、しだれ桜・・・・・・箱根山は花盛り。

Dsc07185

Dsc07189_2 

・・・・・・小雨にしっとりとぬれながら咲く花々・・・・・・まるで桜の色の霧のよう!

子供の頃からの、数え切れないほどの箱根旅行の歴史のなかで、今まで一度も訪れたことのなかった「箱根芦之湯フラワーセンター」(http://www.hakone.or.jp/ashinoyuflower/)を、今回、初訪問。

大きなドーム上の温室に足を踏み入れると・・・・・・

Dsc07197

まっさきに目に飛び込んできたのは、ビビッドカラーの花々と、がじゅまろの大樹!

Dsc07216

齢200歳というがじゅまろの周りを、様々な色形のベコニアの鉢たちが、咲きあらそうように咲き誇って・・・・・・楽園みたい・・・・・・。

Dsc07215_2

色彩の洪水!花の道を通って行くと、次のドームは・・・・・・、

Dsc07209

一転、どことなく色っぽいムードの蘭の世界。

Dsc07212

ユーモラスなサボテンの道をわたり、次のドームへ・・・・・・。

Dsc07214

パパイヤ、バナナ、パイナップル・・・・・・熱帯果樹がおいしげり、甘い香りがたちめる。

Dsc07217

一周して、また、最初のかじゅまろの広場へ。

花々や樹々を巡るちょっとした小旅行!

楽しかったあ!

Dsc07207

外へ出ると、やはりあいにくの雨空と、そして、濃霧。

だけれど、まぶたの裏に、花たちのあでやかな色合いが、くっきり残っていて、楽しい気分がずうっと続きました。

この日は、芦ノ湖が一望できる温泉旅館へ一泊。

翌日は、ガラスの森美術館へ・・・・・・。

|

« 愛のあるところ | トップページ | 箱根ガラスの森美術館 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

お久し振りのコメントです。
いつ見ても、写真がきれいですねぇ。

こっそりと楽しませていただいております♪

投稿: haco | 2008年4月20日 (日) 23時42分

hacoさん、ありがとうございます!

使用しているカメラも、写真の腕も、お褒めの言葉がもったいないような、ヘッポコですが、うれしいです。

気まぐれ更新ペースですが、また遊びに来てくださいね。

投稿: くぼ みずえ | 2008年4月21日 (月) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201849/20291581

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根芦之湯フラワーセンター:

« 愛のあるところ | トップページ | 箱根ガラスの森美術館 »