« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ハローウィン

Dsc08401  

Dsc08399   

ハローウィーン!!

二年前の今日は、ニューヨークにいました。

ホテルのロビー、お店の中、公園内・・・・・・街中に、魔女やら、ミイラやら、妖精やら、子供だけでなく、大人も・・・・・・仮装した人々があふれて。

みなさんがハローウィンパレードに参加するとしたら、どんな仮装をしますか?

ハローウィンムード一色だった街のデコレーションは、明日からクリスマスムードにそまっていくのだろう。

年の瀬ももうすぐそこ。

一年間が早すぎる。

今夜は、天ぷらにでもして、パンプキンを食べようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すやすや

Dsc08421_2

先日、かつて、同じ建物で暮らしていたこともある、親しい友人夫婦が、小さい娘さんを連れて遊びに来てくれました。

結婚祝いとして、リクエストした大きい土鍋と、卓上で揚げ物ができるスタイリッシュな鍋を携えて・・・・・・。(本当にありがとう!)

年が明けたら二歳になる彼らの愛娘・・・・・・スペアの羽毛布団やバスタオル、クッションでしつらえた即席ベッドですやすや。

「赤ちゃん」というより、もうすっかり「女の子」。

不思議だー。

この子が産まれ出でた翌日に、私は病院に面会に行かせてもらった。

その時、この子は、真っ赤かで、しわくちゃで、頭なんかもとんがっていて。

それが、たかだか二年弱で、こんなにもしっかり、女の子、になり、歩いたり、歌を歌ったり、踊ったりできるようになっている。

当たり前のこと?

いやいや、やはり不思議だし、偉大なことだし、不思議で偉大なことなのだってことを、忘れちゃいけないのだと思う。

そして改めて思う。子供はみんなの宝だ。みんなで育てないと!

自分が二歳三歳だったころ。私は、隣りの家に住んでいたお兄ちゃんが大好きで、勝手に上がりこんでは、朝から隣りの家に入り浸っていたそうだ。つまり、朝から、お昼過ぎくらいまでは、隣りのおうちのおばちゃんやお兄ちゃんが、私の面倒をみてくれていたってこと。

血はつながっていなかったけれど、彼らは私のことを、叱ったり、可愛がってくれたり。

人間は誰しも完璧ではないから。子供の頃から、親以外の人間の価値観に触れ、もまれたり、慈しんでもらったりすることは、大切なことだと思う。

現代社会、とりわけ都心部では、子育て中の親御さん(特にお母さん)が、孤独感に陥るのはたやすいと思う。(だって、本当に助けがたりないのだもの!)

お父さんが忙しい家庭だったりすると、お母さん一人で小さな子供をどこかに連れ出すのも大変だったりして・・・・・・そうすると、お母さんも幼い子供も、自然に家にこもりがちになっちゃったり。

本当は、そんなときこそ、周囲の助けが必要なのだと思う。

お父さんとお母さんだけでこなしていけるほど、子育てってたやすいものじゃあないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日ぶらぶら散歩

先週土曜日、所用で久しぶりに恵比寿へ。

Dsc08406_2   

ハンバーグで有名なお店でランチ。

ふわふわの食感と、ご飯が進むデミグラスソース。幸せ~。

満腹のお腹を抱えて、腹ごなしがてら、目黒までのんびり散歩。

途中、目黒雅叙園に立ち寄る。

Dsc08423

有名華道家の個展中で、ロビーには、お祝いのお花がずらり。

お花の展示会への贈り物だけあって、ひときわ華やかなものばかり。

その後、さらにとことこ・・・・・・CHUM APARTMENTへ。

Dsc08422

Dsc08417

オートクチュール.comさん主催のイベント中でした。

『クリエーターが集う架空のアカデミー』という素敵なテーマのもと、多種多様なアーティストの方たちが作品を披露。

ドールハウス作家の木村真澄さんの展示・・・・・・

Dsc08410

Dsc08415

Dsc08416

ミニミニサイズで繰り広げられるロマンティックな世界・・・・・・うっとり。

以前、イベントで購入させていただいた木村さんの指輪型の針刺しをミシンの金具にはめて、愛用させていただいているのですが、今回出品されていた、コーヒーカップに入ったコーヒー豆型の針刺しも、かわいかったあ!付属のマチ針の先にもお米粒くらいのちいちゃなちいちゃなコーヒー豆がくっついていて・・・・・・ものすごく小さいなかに、たくさんのこだわり。

素敵だなあ。

散歩をするには本当に心地のよい季節。

今度はどこの街を歩こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc08390  

先週の日曜日、家から歩いて5分もかからない近所の体育館で開催された剣道の大会。

お義父さんが出場したので、はりきって応援に行く。

武道具屋を営むお義父さんは、剣道七段。剣道の講師もしている。

審判を務める姿は以前にも見たことがあったけれど、お義父さん自身が試合をする姿を見るのは初めてで、前日からどきどき。

お義父さんと会うまで、剣道のこと、なにも知らなかったけれど、ちらと垣間見ただけでも本当に奥深く、幼いころから時代劇や時代小説が大好きだった私にとっては、見始めてみたら、なんともたまらない世界。

みんな、かっこいい!

でも、なかでもお義父さんは、群を抜いてかっこよかった。

残念ながら、決勝戦で惜敗して準優勝だったけれど・・・・・・身内のひいき目とかじゃなく、もう、本当にかっこよかった。

お義父さんの剣は最高に美しくて。

やはり、スポーツだから、試合だから、ケンカ殺法のような太刀筋の人が目立つなか、お義父さんの剣さばきは、無駄なく、乱れなく、本当に一つの舞いのように綺麗で。

うっとり、ほれぼれ。

『正しい美しい剣道』で試合に勝つのは難しいことなのだろうけれど、それで勝てたら、それが理想・・・・・・ならばそれを追っていく事は、甲斐ある難しさだろう。

現実を受け入れ、対処していくたくましさも美しいものだけれど、心の奥底、やはりぴかぴかした理想は、大事に守って抱いていたものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ミッドナイト・パーティー

Dsc08381

昨日は、旦那さんの27歳の誕生日でした。

展示会前で、このごろ彼は、休日返上で連日大忙し。

昨夜も遅くまで仕事で、帰宅後、真夜中のプチパーティー。

お祝い事のときに必ず焼くことにしているローストビーフ、鶏手羽と野菜のトマト煮込み、海老入りサラダと、スモークサーモンをのせた手まり寿司、カマンベールチーズと生ハム・・・・・・そして、誕生祝いにはかかせないケーキ!

オーブンがないこともあるけれど・・・・・・元来おおざっぱで、目分量万歳!な私は、分量をきっちりきっちりはからないとおいしく作れないケーキやお菓子作りは苦手・・・・・・だから、バレンタインやクリスマス、誕生日などのお菓子は、手づくりせず、買ってしまう。そして、デコレートだけ自分でします。

今年のバースデーケーキは、ホールのおいしいレアチーズケーキを土台にして、砕いたビスケットやアラザン、チョコペン、チョコスプレーなどを使って、彼の似顔絵を製作。

似てるー、似てるー。自分で作って自分でびっくりのそっくりっぷり!

彼自身、一目見て、「似てる~」と大笑い。

毎日いっぱい笑って、元気に過ごして、今年も実り多き一年になるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒場東大

ここ三日間、とあるイベントのお手伝いで、駒場東大に通っていました。

本郷の東大へは、結婚前の住処のすぐに近くだったこともあって、時々お散歩に出かけたりもしていたけれど、駒場東大を訪れたのは初めて。

本郷キャンパスもそうだけれど、駒場キャンパスも、立派な大樹がのびのびと枝を伸ばしていて、レトロな校舎がそのまま維持されていて・・・・・・すてき。

Dsc08376

Dsc08374

Dsc08373

紅葉がほんのり始まり始めている。

Dsc08375 

緑豊か・・・・・・。

朝にはたくさんの鳥のさえずる声が辺りに満ちて、まるで森の中にいるかのよう。

Dsc08369

子供連れのママや、犬の散歩をさせる人、のんびり歩くおじいちゃんやおばあちゃんたちの姿もそこここに。

日本の最高学府は、近所の方たちの憩いの場にもなっているもよう。

広々としていて、落ち着きがあって、気持ちが良くて・・・・・・勉学にはげむには最適のロケーションだけれど、授業をさぼってお昼寝をするのにも最適な場所だなあー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イトコ会とホームパーティー

Dsc08364_3

先週の日曜日は、うれしいたのしい集いの日。

昼間は夫婦そろって吉祥寺、井の頭公園一口にある鳥料理で有名な料理屋へ。

私の伯父や伯母、両親、いとこ達との昼食会。

子供の頃は、毎週のように祖父母の家に集まり、みんなで食べたり飲んだり騒いだりしていたものだけれど、祖父母がなくなってからはそんな機会がなくなってしまって・・・・・・

それが、先日、私たちの結婚式に親戚たちが出席してくれたのがきっかけになり、これからは折々、再び親戚たちで集まって楽しもう!・・・・・・ということになり、今回の会が企画されて。

いとこ同士、かれこれ10年以上も会っていなかったので、久しぶりの対面。

楽しかった、楽しかった。

最後にみんなと会ったとき、私はまだ未成年でお酒が飲めなかったので、みんなとお酒を楽しみながらおしゃべりしているのがなんだかふしぎで、ちょっとくすぐったくて・・・・・・。

「旦那さん、若くてハンサム!!」

と、いとこ達に言っていただき、彼は照れ笑い。

夜は、我が家で、専門学校時代の友人たちとホームパーティー。

カレー鍋囲んで、終始大笑い。

みんなでパリへの卒業旅行の際のアルバムを見る。

いろいろな想い出話が飛び出して、笑ったり、しんみりしたり。

そしてみんなで旅心爆発になる。

いつの日か、またみんなで海外に旅をしたい・・・・・・それが例えどんなに遠い未来になったとしても、絶対かなえたい。

友人二人、終電がなくなって帰れなくなって泊まっていきました。

翌日、みんなで朝ごはん。なんだか幸せ。

友達が家に遊びに来てくれたり、泊まってくれたりするの、大好き。

うれしい週末でした。

写真は、イトコ達に頂いたフラワーバスケットと、友人夫婦に頂いたビアタンブラー。かわいい!

チョノくんからはこんなものを頂きました・・・・・・

Dsc08366_2

全てタオルでかたどられた、ワインセット。サンドイッチが入っているのが、なんだか変ですが(笑)。

おいしそうー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーマーケット IN 吉祥寺パルコ

Dsc08359 

先日、12月に開講予定の、アミュレットでのリメイクのワークショップに参加してくださる生徒さんと、クリエーターの松尾ミユキさんと、アミュレットのスタッフの方たちと、リメイク素材を探しに、吉祥寺パルコの屋上で行われたフリーマーケットに行ってきました。

久しぶりにフリマ。

いやおうなしに血が騒ぐ。

生徒さん方の素材を真剣に吟味しつつも、自分のお買い物にも目が泳いで・・・・・・。

カウボーイがプリントされたカシュクール型のベストと。

シンプルなセミフレアーシルエットのプリントスカートを二枚購入。

グリーン、ピンク、ホワイト、イエロー・・・・・・フレッシュなカラーリングの手書き風プリントのものと、モノトーンの洋梨プリントのもの。

お値段は三枚合わせて、千円札一枚ほど。

やっぱりフリマはたのしいなあ!

吉祥寺パルコのフリマは、この秋、何回か催されるもよう。

気になる方は、調べてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のピクニック IN 新宿御苑

一昨日の金曜日。

このところ、休日返上でお仕事続きだった彼が、代休を頂けたので、久しぶりにのんびりデート。

大好きな新宿御苑へ。

Dsc08311

新宿御苑は、言わずと知れた、名木巨木の宝庫。

門をくぐってすぐ、見事なもみの木がお出迎え。

Dsc08358

秋だというのに、養生された芝は、未だ青々、ふかふか。

シートを敷いてすぐに、私は我慢できずに裸足に。

気持ちいい!

Dsc08324

朝ゆっくりと眠ったので、お弁当をつくる時間がなく、マックご飯。

普段はめったにファーストフードは食べないけれど、外で食べると、妙においしい。

Dsc08335

カップルや、ベビーカー押して訪れているママさんグループ、赤ちゃん連れの若夫婦。

みんなほどけた表情で、思い思いに時を過ごして。

地べたに座ってくつろぐ時間・・・・・・絶対に必要な時だよなあー。

Dsc08341

バラ園では今まさに花盛り!

Dsc08343_2

Dsc08346

Dsc08349_2

秋空と、木々の織り成すカーブと、バラの、ユーモラスなコンビネーション。

Dsc08353

Dsc08352

バラ。

大好き。

百本のほかの花の花束より、一本の見事なバラの花のほうがぐっと来る。

大満足。心、お腹いっぱい。

その後、宮崎駿監督の、「崖の上のポニョ」を観に行きました。

友人のなかには、「期待はずれだったー」と言う人も多く、「どうなのかな~」とも思いつつ。

・・・・・・いやはや、素晴らしい映画でした。

見終わったとき、なんだか分からない涙が溢れてきて困った。

現実を生き延びるためには、頭を使って生きることは不可欠だけれど、

豊かな人生を送るためには、心の声を聴いて生きなければならない。

「愛する人となら、どんな困難も乗り越えられる!」というのは、綺麗ごとではなく、真理だと思う。

真理だと信じて生きていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいサラダ生活

Dsc08287

先日、たびたび衣装を製作させていただいている、ダンサーのzilliさんと打ち合わせでお会いした際に、結婚祝いとして、オリーブオイルを二本、いただきました。

まるで香水が入っているかのような、ペールブルーとピンクのボックスに入ったものと、シャンパンのようにくるまれた瓶のもの。

なんてキュートなルックス!

私は、普段、市販のドレッシングはほとんど買わない。

サラダを作る際は、その日使う野菜や、気分、メインディッシュとのバランスに合わせ、だし汁やお酒、オイルや、塩コショウ、果汁などをそのつど混ぜ合わせて、ドレッシングを作ります。

野菜が新鮮であればあるほど、ドレッシングはシンプルが一番!

しゃきしゃきレタスに、みずみずしいトマト、透き通るほどにスライスしたオニオン・・・・・・それに、おいしいオリーブオイルと、ほんの少しのワインビネガー、そしてお塩をかけて食べる時間は、まさに至福のとき。

いただいたオリーブオイルは、驚くほどに香り高く、それでいてさらりとしていて、まるで飲めそうなくらいに口当たりがマイルド。

おいしい!!

我が家のサラダの味わいを、華やかなものにしてくれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sansonnet  IN  goldandbouncy

昨日、大好きなアクセサリーブランドの作家であり、お友達でもあるサンソネさんの個展に遊びに行きました。

しっとりと落ち着いた空気流れる、文学とアートの町。

千駄木にある、素敵なショップ「goldandbouncy」の二階のギャラリースペースにて。

Dsc08289

窓から吹き込む秋の夜風。

そこに広がる、ロマンチックなサンソネの世界。

サンソネのアクセサリーは、遊び心いっぱい、だけどしっかりしっとり大人の風格ただよい、おめかししたときにも、日常着にも、しっくりなじんで、スタイルをランクアップさせてくれる。

すてきなのです!!

Dsc08293

全てアンティークパーツを用いてつくられた、ネクタイをモチーフにしたネックレス。

時計やトカゲ・・・・・・ユーモラスなモール刺繍ワッペン、アンティークならではのリボンの美しい色合い・・・・・・大人の遊び心いっぱい。

Dsc08290

お城やスプーン、にんじんにスノーマン。まるで童話の挿絵がそのまま抜け出してきたかのようなアクセサリーたち。

Dsc08292

サンソネさん自身お気に入りの、がま口型ペンダント。

フランスのアンティーク布がすてき。

小さな小さながま口は、なんとちゃんと開き、なかにちいちゃな宝物を入れられるのです!

Dsc08297

こんなキャンドルスタンドがあったら、おうちで過ごす時間が楽しくなりそう。

Dsc08301

サンソネ・コレクターの私は、またまたコレクションを増やしてしまいました。

パンジーのアンティークコサージュを用いたネックレス。

ブローチにもなる2Way仕様。

お直しをお願いしていたお花型のリングも手元に戻って来て。

お気に入りのアクセサリーは、日常を何倍にも楽しいものにしてくれる。

さあ、明日も、この子たちを身につけて、元気にお出かけだ!

展示は明日までとのこと。

ご興味ある方はぜひ足を運んでみてください。

goldandbouncy (http://www.goldandbouncy.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »