« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

旅立ち

Dsc08348

昨日、今住んでいる部屋を担当してくれている不動産屋さんのおじさんから、電話が来ました。

私たちの部屋のオーナーの、お兄さん夫婦にあたる方たちが、私たちの家の隣りに住んでいらっしゃるのですが、そのご夫婦のご主人が、幾日か前になくなり、先週末が、お通夜お葬式であったと。

奥様と相談して、私たちによけいな気遣いをさせてはいけないと、そのことを伝えるのは、お葬式が終わってからにすることにしたと。

頭が、まっしろに。

ご主人は、確かにご高齢ではあったけれど、とてもエネルギッシュで(70代後半になっても、趣味はツーリング!)、チャーミングな方で、玄関先で顔を合わせるたびに、うれしそうに話しかけてくれて、いつも長く立ち話をしてしまって。

癌を患って、辛い闘病生活を送り、それを乗り越えた後、今度は糖尿病と闘っているというお話は、ご本人から聞いていたけれど。

「昔は、仕事で随分忙しい生活を送っていたものだけれど、今は、病院に通うことが仕事ですよ」なんて、笑っていて。

今月の頭にも、玄関先でお会いして、元気にご挨拶してくれたのに・・・・・・。

初めてお会いしたときのこと。

跨ったバイクが倒れ掛かっていた彼を、人を呼んで助けてあげたときのこと。

近所のアイドル猫ごまについて話してくれたときのこと。

いろんな場面が、ぐるぐる頭をめぐって。

大きな衝撃を受けつつ、とにかく、奥様にご挨拶にいかなくては・・・・・・と思い、お供えしていただくものを手に、お宅に伺いました。

お悔やみだけお伝えして、お線香をあげさせていただいて、すぐにおいとまするつもりだったのですが・・・・・・、

結局、お茶を頂きながら、二時間ほども、奥様とお話を。

図々しすぎることは承知しながらも、奥様の様子を見て、もしかして、今、奥様のお話をじっくり聞くことこそが、なによりもご主人のご供養になるのではないかと思い、勧められるままに長居してしまいました。

途中、何度も涙を見せながらも、奥様はご主人とのたくさんのお話をしてくれた。

いろいろな病気を抱えながらも、元気に過ごしていたご主人が、不調を訴えて病院に入ってから二日も立たずに旅立たれてしまったこと、

その最期のときのこと、

結婚してからおよそ50年の間、お二人がどんな風に日々を過ごしていたのか、

ご主人が、娘さんと、ただ一人のお孫さんのことを、どれだけ愛していたのか・・・・・・。

そして、私たちのことを、ご主人が気に入ってくれていて、今時の若い人たちで、ああいう人は珍しいと、今までお隣に住んできた人たちで、ああいう人はいなかったね、よい人達が来てくれてよかったねと、つねづね奥様に話していてくれたということ。

一時一時生きているときには限りがあって、かけがえがなくて・・・・・・そんなこと、いつも感じていなければならないことなのに、日常にとりまぎれて・・・・・・、こんなときが訪れるたびに思い知る。

限りあるときを私たちは生きていて、愛する人が、自分を置いて旅立ってしまうときが、そして、愛する人達を、自分が残して旅立たなくてはならないときが、いつかは来るということ。

それこそが、人生で唯一定まっていることなのに、仕事や現実を言い訳にして、時に、大切な人を、ないがしろにしてしまうことがある、そんな自分の馬鹿さ加減を。

「あなたはお幸せよ。すてきな旦那さまをつかまえて!」

と、奥様が、言ってくれた。

私も、最期の時まで連れ添えるように、、愛を持って、日々を送ろう。

心から、ご冥福をお祈りします。

| | コメント (1)

夏の思い出~カナルカフェボートと夕暮れのお散歩~

2008_07230950013_2本日2回目の投稿です。

また、とある7月のある日。

かねてから乗りたかった飯田橋カナルカフェのボートに乗ってきました。

水道橋に住んでいた頃は、一人でもよく行っていたカナルカフェ。

夕暮れ時が好きで、川に面したオープンエアのカウンター席で、ギネス飲みながら対岸を行き来する電車を眺めるの時間は、お休みの日の贅沢の一つだった。

夫とも何度か来た事のあるカフェですが、ここの売り物の一つであるボートには乗ったことがなくて。なので、この日の目的はボートに乗ること。

慣れないボート漕ぎ、夫が頑張ってくれて、私は優雅な気分でのんびり・・・・・・

2008_07230950016 

といいたいところなのですが、せき止められている川の水は、濃い緑色に濁っていて、正直、万が一ボートがひっくり返って、この水のなかに落っこちちゃったらどうしよう!!とドキドキ・・・・・・

CDジャケット風の夫のスナップ。お気に入りの一枚。

でも、水はやっぱりど緑ですよね・・・・・・。

Photo_3 

なので、あまり一生懸命おすすめはできないけれど、でも、いつもは電車の中から、あるいは道路沿いの歩道から見ている景色を、その中間であり、それらより少し低い視点である川の上から眺められたことは、とてもよい経験だった。

電車が絶えず行きかう線路と、車も絶え間ない大通りにはさまれているのに、水が音を吸い込んでくれるか、なぜか静かで。

視点を変えて世の中を見ると、世界は今の何倍も広く豊かなものになるから。

Photo_5

デッキに並べられた色とりどり、美しい花の鉢たちも、カナルカフェの魅力。

右奥に写る私がカメラで撮っているのは・・・・・・

2008_07230950019

鮮やかな黄色い星型と、真っ白なハート型の最高にキュートなお花!

なんというお花なのか、ご存知の方、いらっしゃいますか?

ボートから降りた後は、のんきにサイゼリアでパスタで食べて。のどかに過ごしたこの日、帰宅後、とてもびっくりすることが起きて。

数年ぶりに、人目も気にせず大泣きしながら池袋の街を歩き、大泣きしたまま山の手線に乗って帰りました。

人を理解できるなんて思いあがったことを考えてはいけないと思いながら、それでも心の奥で理解できると思いたい自分がいて。誰かの支えになれるほどの人間でないことが分かっていながら、支えられないことに打ちのめされて。

そんな時には、自分の小ささとか、無力さとか、傲慢さも嫌ってほど浮き上がってきて。

ぺしゃんこ。

でも、なんだかんだしぶとい私なので、なんだかんだむくり。

出来ないことは多すぎても、諦めたらつまらないことになるばかり。

自分を投げ出したくなっても、全部リセットしちゃったら、失敗したり、はたまた上手く行ったり、そんな喜怒哀楽繰り返して、きれいな形じゃなくても積み上げてきた自分の大事な人生が台無し。

どんなことが起きても、どんな生き方でも、自分で決めて、自分で頑張ってきたんだって、胸張っていられたらいいね。

2008_07230950028 またまた別の夏の日。

夫と、うちから二つ先の駅まで散歩しました。

近所で見つけたファンシーな壁画の前で記念撮影。

絵柄の違う素敵な絵が、線路沿いの壁にずーっと書かれていて。

今度、ここで作品撮りしよう!

2008_07230950038

同日の散歩中、王子の稲荷神社の門に飾られた七夕飾り。

初めて前を通ったので、ご参拝したかったのですが・・・・・・母方の祖母が、その昔、因縁の関係で、お稲荷さんにはご参拝してはいけないと、ある方に進言されたという話を聞いて以来、なんとなくお稲荷さんに立ち入れないでいる私にはできませんでした・・・・・・。

2008_07230950031_3

王子駅を少し過ぎたところのカレー屋さんの看板。

ムルギーカレー・・・・・・これは食べてみなければです!

2008_07230950041

東十条駅近く、線路沿いの手すりにもたれかかるように咲いていた紫陽花の花。

季節の最後の紫陽花って、毎年すごく切なくて、でも妙に愛おしくて。

2008_07230950045

これまたお散歩中の東十条。

クリーニング屋さんの看板娘(息子?)、右手にいる夫に、一生懸命ほえかけています(笑)

看板犬でもあるし、番犬でもあるのね!

散歩って、お金もかからないし、健康にもよいし、そしてたくさんのインスピレーションも得られるし、すばらしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出~ディズニーランド編~

Dsc04949

秋の気配が日に日に濃くなってくる今日この頃・・・・・・夏の間のこぼれ話いろいろ第一弾。

7月には、夫のおとうさんとおかあさんと、4人で、ディズニーランドに遊びに行きました。

ダブルデート(笑)♪

おとうさんとおかあさんが、ディズニーランドに行ったことがないという話を聞き、感激屋さんの二人に、ぜひともエリクトリカル・パレードを見せてあげたいなあと思い、「おとうさんは人混みは苦手だよ・・・」と渋るおとうさんなんのそので、連れて行っちゃいました!

3時くらいから入園し、最初のアトラクション、カリブの海賊を降りた頃には、おとうさんもお土産の海賊の刀を手にとってポーズ作って記念写真撮ったりして、すっかりのりのり。

Img_1013_2

トゥーンタウンのミニーの家では、おかあさんと私のガールズチームは、童心に返っておおはしゃぎ。

かわいいソファーに座って記念写真を撮ったり、キッチンでいろいろなボタンを押したり。ドレッサーは女の子の憧れ。

夫が、休日出勤の代休を取ってくれたおかげで、平日に行けた事もあってか、気持ちよく晴れた遊園地日和だったにもかかわらず、園内はさほど混んでおらず、遅い時間に入場したにもかからわず、たくさんの乗り物に乗れて・・・・・・おとうさんとおかあさんを乗せてあげたかったものには、全て乗れたので、大満足。

おとうさん達が強運だったのか、ディズニーキャラクターにも会いまくり!

ミニーと一緒に記念撮影もできて、うれしかったなあ!

Img_1020

夕食は、パリ万博の水晶宮をモデルにしたという、クリスタルパレスでバイキング。

Img_1021

プレートはミッキーのかたち。夫の盛り付け・・・・・・食いしん坊太郎!

Dsc04967

食事のあとはお待ちかねのパレード。

何回見ても、目が感動できらきらしちゃう。

おとうさんは興奮して、写真撮りまくり。

白雪姫のカートは、私の大好きな一台。

パレードのあとは、蒸気船マートゥウェイン号に乗り、河をクルーズ。夜のマークトゥウェイン号に乗ったのは、初めてだったのですが、これが最高に素敵だった!

こっくりとした闇の中に、ちらちら光が揺れるハドソン河を、ゆったり進む船・・・・・・船内には優しい音楽がかすかにながれていて、とてもロマンティック。

デートの方には一押し!です。

Img_1108 

楽しかった一日の締めくくりには、一人づつ、ミニーとディズニーと記念撮影。

おとうさんと、おかあさん、とってもとっても楽しんでくれて、そんな二人を見て、私たちもますます楽しくなって。

これからも、少しづつ、色々なところに連れて行ってあげたいな。

次は、うちの親も一緒にみんなで、八景島シーパラダイスに行きたいなあ!と考え中・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みウィーク最終日

2008_09060950379

お盆休み最終日。

お昼から夜までは、神保町AMULETでの、ソーイングのワークショップ。

ワークショップの講師のお仕事は、毎回毎回、生徒さん達から、大きなエネルギーと、様々な情報をいただけるので、とても楽しみ。

この日も、天然氷のかき氷屋さんのことや、私の家の近所の女子大でのおいしいパンやケーキの販売のこと、神保町のおいしいご飯屋さんのこと、渋谷の「コラボカフェ」のことなどなど・・・・・・たくさんのお話を聞かせていただきました。

ただ、この日は、私自身、とても大きな反省点があって。

AMULETでのワークショップは、基本的に、毎回、半日で、ワンピースを一着仕上げて頂くという内容のもの。

洋裁をやったことのある方には想像していただけると思うのですが、これはけっこうびっくり企画で。

もし、裁断から始めて頂いたとしたら、ちょっと半日では・・・・・・。

ということで、毎回、裁断や、簡単な工程などは、あらかじめこちらで済ませた状態のキットを生徒さんたちにお渡しして、授業をスタートさせています。

今までその方法で、特別なトラブルがない限りは、ほとんど全ての生徒さんに、時間内に服を、ボタン付けやまつり縫いなどの仕上げ以外、完成させて持って帰って頂くことができていたのですが、私の読み間違いで、この日は、生徒さん全員に、時間内に仕上げて頂くことができませんでした。

それがショックで、自分自身にとても腹が立ったのですが、生徒さんたちは、みなさん帰りに笑顔で、「楽しかった」と言ってくださって。みなさんの優しさのおかげで、救われる部分もあったけれど、お金を頂いているうえのこと。優しさに甘えてしまうのは最低のこと。

激しく反省です。

この日は、終了時間がいつもより遅れて、片付けも完全に済ますことができず、AMULETのスタッフの方にもご迷惑をおかけしてしまって、つくづくいいところなしな感じで。

ワークショップ終了後神保町の街角のベンチで、缶コーヒーをちびちび飲みながら、随分長いこと、色々考え込みました。

とにかく未熟な人間なので、落ち込むこと、悔やむこと、反省することの多い日々だけれど、後ろに戻ってやりなおすことはできないので、先で改善するしかありません。

缶コーヒーを飲み終わって、気持ちを少し消化してから、新宿西口ユニクロ上の居酒屋天狗で飲んでいる夫と、タナーくんとコダイラさんに合流。

ここの天狗は、夫の学生時代からの行きつけで、いつもエントランスにいるチャーミングな女性店員さんとはすっかり顔なじみ。

いつも、「こんにちわー!」と、とても気持ちのよい挨拶をしてくれる。

一年前、私達が結婚の報告をしたときも、とっても喜んでくれました。

コダイラさんに、「一昨日会ったばかりだけれど・・・なんだか一昨日より、焼けているような??」と言われる。

うん・・・昨日も海に行ったからね・・・もう、まっくろくろけだよね・・・。

写真は、奥の窓際席からの景色。

なーんてことない、新宿の雑多な街角の夜景だけれど、この日はなんだか、胸にしみました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

葉山の休日

2008_09060950318  

お盆休み最後のお出かけは、再び海水浴。

今度は、学生時代から通っている大好きなビーチ、葉山の森戸海岸へ。

奥には江ノ島も見えます。

江ノ島から、それほど離れてはいないのだけれど、うって変わって、森戸海岸は、音楽もかかっていない静かなビーチで、ナンパ目的で来ている人たちもおらず(笑)、とても落ち着いたところ。

海の家の人達にもがつがつしたところがなく、なおかつとてもフレンドリー。海の家で働いている方たち自身が、森戸を愛していることがしみじみ伝わってくる。

ビーチのパラソルの下でワインを飲みながら会話を楽しむ女の子達がいたり、夜になるとジャズ・バーになる海の家があったり・・・・・・、大人っぽさもあって。

心からくつろげてのんびりできる、本当に素敵なビーチなのです。

2008_09060950324

この日は、夫の会社の同期のマイさんと、彼女の愛娘、2歳になるメイちゃんと一緒。

海に入るのが初めてだというメイちゃんは、初め、初対面の私達に対する人見知りと、初めて体験する海に対するおびえで、めそめそしていたけれど、夫が強引に抱きかかえて海に入って行き、5分もすると、一気にご機嫌に。

海大好きっこみたい♪分かる、分かるよ、君の気持ち!

海と空の青、山の木々の緑。・・・・・・眺めながら波に漂う気分と言ったら!

2008_09060950338

ひとしきり海で遊んだあとは、公園では味わい得ない広くて豪勢な砂場・・・波打ち際で、みんなで力を合わせて、大きなお山作り。

2008_09060950329

そしてやっぱり浜辺ではコロナ!

Photo

たっぷり海辺で遊んで、気持ちよく疲れて、お腹をすかせてのお昼ご飯。

海岸近くのマクロビ・カフェ、「レインボー・カフェ」にて。

2008_09060950349

一軒家を改築した趣きのカフェは、とてもくつろげる雰囲気。

緑豊かなお庭に面した縁側のソファー席に通していただきました。

浜辺から、このカフェまで、夫に抱かれていたメイちゃんは、カフェに着く頃にはすっかり熟睡。気持ちのよく風が通り抜けていくソファーでごろん。

2008_09060950354

まずは、オリジナルビールからスタート。

ぺたりと張られた、「RAINBOW HOP ALR」のシールがかわいい♪

2008_09060950355

私はひよこ豆のコロッケプレートを頂きました。

素朴で滋味深く、でも、楽しい味のアクセントもあって。おいしい!

2008_09060950369

デザートが来る頃には、メイちゃんもお目覚め。

ペコちゃんみたいにちょろりと舌を出すのは、彼女の癖。うれしかったり、照れくさかったりするときにするらしく、この日はずっと、ちょろりちょろり出しっぱなしで。舌、噛んじゃわないように気をつけてね!

2008_09060950371

私達夫婦にはさまれての記念撮影時も、メイちゃん、はにかみの笑顔。

2008_09060950367 

デザートのケーキ。

六角形のお皿がかわいい!

2008_09060950360

日に焼かれてあたたかくなった肌に心地よい風を受けながら、窓の外の眩い緑を眺めながらの、のんびりしたランチタイム。

たくさんおしゃべりして、夕方までまったり。

森戸海岸では、浜辺でのモーニング・ヨガなどのイベントもやっているらしいので、来年は参加したいね~などと盛り上がりつつ。

朝から行って、ヨガして、海で泳いで、日焼けして、コロナ飲んで、ランチして、夜までいて、夜は海の家のライブでカクテル・・・・・・みたいに、一日遊び倒すのもいいなあ。

帰りのバスの中、メイは、私の膝の上でずっと窓の外を眺めて、おしゃべりをしていた。

膝の上の、身体の重みが愛おしくて、逗子の駅に着いて、膝からおろした時、膝がすうすうして、ちょっとさみしかった。

また遊ぼうね!

この日が今年の泳ぎ納め。

夏の海納めにふさわしい、すばらしい一日だったなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊のはなたば

2008_09060950316

江ノ島に海水浴に行った翌日、夫は板橋の児玉家にプチ里帰り。

私は週末のワークショップのキット製作ため、慌しかったので、家でお留守番。

お盆なので、せめてお花だけでも持って行ってもらおうと、駅前の花屋さんに出掛け、お花を購入。

上中里駅前のお花屋さんの仏花の花束は、いつも、可愛らしく、あたたかさがあって、とても好き。

夜は、タナーくんとコダイラさんと、夫と、池袋で飲みながら、恋話いろいろ。

恋の始まりって、いいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ島海水浴

2008_09060950293

伊香保旅行から戻って、百合ヶ丘の私の実家に泊まっての翌朝。

ぐっすり眠って、ちょっとおねぼう。

夫と起床した頃には、もう父と母は出かけた後。

昨日、伯母にもらったトウゴ菊、母が作った鳥さんの花瓶に生けてみました。

2008_09060950292 

昨日、伯母がホームベーカリーで焼いて持たせてくれた食パンを焼いて、朝ご飯・・・・・・というか、時間的に、もうブランチ。

食べ終わった頃にはもうお昼近くだったけれど、お天気もよかったし、 よし!と思い切って、江ノ島に海水浴に行くことに。

2008_09060950305

江ノ島は大好きで、一年中、しばしば遊びに行くところだけれど、海水浴のために来たのは、子供の頃以来・・・・・・。

2008_09060950306

お天気が不順だったお盆の中、文句なしの海水浴日和だったこともあってか、たいそうな人出。

Photo

ビーチパラソルの下で、コロナ。

浜辺では、ビールより、コロナやジーマなど、爽やかさのあるお酒が飲みたくなります。

2008_09060950311 

突然思いついての海行きだったので、サンダルや浮き輪は持っていなくて(伊香保のホテルにプールがあったので、水着だけは一応持っていた)、江ノ島駅前のお店で、一式購入。旅行帰りで大きなボストンバッグを抱えていた私達・・・・・・でも、駅前のロッカーは全てふさがっていたのだけれど、そのお店で一式預かってくれました。感謝!

ベタなハイビスカス柄の、おそろいのビーサン。

江ノ島のビーチは、汚い。

私が子供の頃から汚かったけれど(もしかしたら、あの頃のほうがもっと汚かったかもしれない)、今もやっぱり汚い。

そんな中、ごつくて派手な若い男の人たちのグループが、帰り際に、大きなごみ袋を手に、自分達のごみだけでなく、周りのごみも拾って集めていて。見習わなきゃ。

自分ひとりが動いたって、なにも変わらないと、ついつい思ってしまうけれど、自分が動くことで変えられることって、案外多いんじゃないかと思えるようなってきた今日この頃。

ビーチが汚くても・・・・・それでも海って、やはり素晴らしい。

波に揺られながら、ぷかぷか浮いて、青空を見上げていると、心からも、身体からも、毒素がとろとろ溶け出していくようで。

日差しで熱くなる身体がふわふわ心地よくて。

あー、気持ちいい。

あー、幸せ。

海の家が閉まる時間まで、海に入ってはビーチでのんびり・・・・・・を繰り返して、気持ちよくくたびれて、江ノ島を後に。

いやはや、それにしても江ノ島ビーチのナンパ天国っぷりといったらすごかった。ナンパの現場を一生分見た想いです。成功している人もけっこういたみたい。ナンパって、ある種の勇気がないとできませんよね。自分が男の子だったら、絶対にできない気がするなあ。・・・・・・ということで、ちょっぴり尊敬の念も込めて、奮闘する男の子達をながめたりして!

新宿の山頭火で、ラーメン食べて、大満足な一日のしめくくり。

久し振りに、上中里に帰宅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保温泉旅行~二日目~河鹿橋、飲泉所、石段街

2008_09060950242

2008_09060950241_5

本日2回目の投稿です。

鳥のさえずる森の中を、とことことことこ・・・・・・・。

マイナスイオンを浴びまくりながら、とことことことこ・・・・・・。

ひとっこひとりいない森の道、とことことことこ・・・・・・。

思いのほか、距離があって、ちょっとしたハイキング。

2008_09060950251   

伊香保神社の鳥居。

まだ新しいのかしら?清々しい木肌。

2008_09060950252

伊香保神社でお参りをした後、少し歩いて河鹿橋へ。

橋の下を流れるのは温泉。その成分により、川は赤銅色に変色しています。

2008_09060950266

温泉を飲むことのできる、飲泉所。

2008_09060950264

飲んでみます。

2008_09060950265 

おえっっっ!!

鉄臭くて、微炭酸のように口の中でしゅわしゅわするような刺激が。

利尿効果があるらしく、美容にいいかなあ~と思って、我慢してコップに一杯分、飲み干しました。

夫は数口でギブアップ。

でも、温泉なんてそうそう飲めるものではないし、そう思うとありがたい味に思えないこともないかな・・・・・・。

2008_090609502692008_09060950188石段街を下って戻ります。

上の写真は、路傍におわしますお地蔵さんたち。旅姿がきまっています。

途中のお土産屋さんで、沖いづみさんというこけし作家さんの方の現代こけしを購入。

「フラガール」と名付けられた小ぶりのこけしは、パイナップル柄のブルーのドレスに、白いレイ、赤いハイビスカスの髪飾りのかわいこちゃん♪♪(後日、アップしますね)

ハワイ領事館があったことから、ハワイとの交流が深い伊香保では、毎年、ハワイフェスティバルが開かれているそうなのですが、ハワイからいらした方々に、このフラガールと、ボーイフレンドのロコボーイは大人気で、飛ぶように売れてしまったとのこと。

こけしは、私も夫も大好きで、これから長い時間をかけて、旅先などで買い集めていきたいものの一つ。

2008_09060950273

お昼ご飯は、伊香保ゆかりの画家、竹久夢二の美術館と同敷地の中のお蕎麦屋さんにて。

お腹をいためていた夫はおうどんを、私は手打ちそばと、まいたけの天ぷらを頂きました。

夫の後ろに見えるキャラメルのパッケージは、その昔、夢二が製作したものだそう。

2008_09060950271

皆様へのお土産には、群馬出身のみおちゃん一押しの、清芳亭の湯の花まんじゅうを。

黒糖の薫り高いおまんじゅうの、贅沢な甘みといったら!

思い出しただけで、ああ、また食べたい!!なおいしさです。

2008_09060950278

伊香保グリーン牧場内の、ハラ・ミュージアムの別館美術館に行ってから、東京に戻ろうと思っていたのですが、夫がお腹の調子を崩していたこともあり、牧場でソフトクリームだけ食べて帰ることに。

牧場のソフトクリームは、濃厚で、本当においしい!

緑にたっぷりと触れることの出来た、本当によい旅でした。

温泉も久し振りで、とてもうれしかった。

ずうっと運転を担当してくれた夫に、大感謝!

今度、夫と旅ができるのは、夫の仕事がひと段落した秋過ぎかな?

この旅での充電で、またもうしばらく頑張ろう!

旅で得られるエネルギーは、なにものにも変えがたい。

2008_09060950282

帰りに、練馬に住む、夫の伯母家族のおうちに、立ち寄りました。

お土産のおまんじゅうを渡して、すぐおいとまするつもりだったのですが、夜ご飯まで一緒に頂いてしまって。

すっかり長居してしまいました。

児玉の父のお姉さんにあたる伯母は、最高にチャーミングな人!

会ったのは、私達の結婚式のときと、児玉家の法事のとき、そして、今回と、まだ三回だけれど、私も伯母も、ミステリー小説のファンということもあって、すっかり意気投合。

たくさんたくさんおしゃべりして、楽しい時間を過ごしました。

今度は電車で来いよ!と伯父さん。

夫に、じっくりお酒の相手をしてもらいたいようです。

写真は、伯母のおうちに咲く時計草の一輪差し。もしこんなキュートな腕時計が売っていたら、すぐに買っちゃうな!

この日は、百合ヶ丘の実家に車を返して、上中里に帰るか、上中里まで車で帰り、翌日、百合ヶ丘に車を返しに行くかするつもりだったのですが、練馬をおいとまするのが遅くなったこと、そして、慣れないロングドライブでくたびれたこともあり、夫が、「ねえねえ、今夜も、百合ヶ丘のおうちに泊めてもらえないかな・・・?」と。

ということで、この晩はもう一晩、百合ヶ丘の家、例のペアパジャマを着て眠りました。

この日はたくさんたくさん歩いたから、二人ともすぐに夢の中・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保温泉旅行~二日目~石段街、伊香保山山頂

2008_09060950177

ぐっすり眠った翌朝、部屋の窓から外を見ると・・・快晴!

2008_09060950186 

陽光あふれる中、朝風呂につかり、朝ご飯を頂いてから、再び石段街へ。

昼間の石段街は、昨日の夕方とはまた少し、違った趣き。

2008_09060950192

 

風鈴に、ほおずき。

う~ん、ほんとにいいものだなあ!

来年はほおずき市へ行って、一鉢買おうかしら。

2008_09060950191

ビルを呑みこむ様に、ビルを抱きしめるように、そびえる大樹の横を通って・・・・・・

2008_09060950193

木々の瑞々しい緑の葉のトンネルをくぐって・・・・・・。

2008_09060950195

伊香保山山頂へ向かうロープウェイへ。

2008_09060950202

ロープウェイの窓の外は、緑一色。

気持ちいい!

2008_09060950215

山頂展望台二人占め。

大きく深呼吸。

吹き抜けていく風と、熱い太陽の光が、肌に心地よくて。

ああ~、贅沢だわ~♪

2008_09060950219

伊香保温泉街を一望。

展望台に向かう小道で、昨日、霧に包まれた榛名山の山頂で、写真を撮り合ったカップルとすれ違いました。

「今日は晴れましたねーーー!」

と、お互い、昨日のリベンジを果たせたことを祝い合う。

2008_09060950236

ロープウェイの山頂駅の向かい側に、とってもかわいらしい小さな公園がありました。

ふかふかした下草に、素朴な遊具達。

こういう公園、大好き!

2008_09060950226

すべり台ぞうさん♪

かわいい♪かわいい♪

2008_09060950238  

山頂で、のんびりした時間を過ごしたあとは、伊香保神社まで、深い森の中を歩いて行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »