« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ハッピ ハッピ バースデー

2008_11150950027

LITTLE EXPOレポート前に、閑話休題・・・・・・。

10月18日は、夫の、28回目のバースデーでした。

幸い、日曜日だったこの日、午前から午後にかけて、私は自宅で仕事、

夫は・・・・・・大好きなしょこたんの、よみうりランドでのミニライブ&握手会へ!!

しょこたんに、直に、「(お誕生日)おめでとぅー!!」と言ってもらえたって!

自分の誕生日当日に、大好きなタレントさんに祝いの言葉をかけてもらえたなんて・・・・・・なんて幸せなヤツなのでしょう!

ここ三ヶ月近く、業種柄仕事が忙しく忙しく忙しく、時には休日すらなく、毎晩、夜中まで働き通しだった夫にとって、なによりのプレゼントだったことだろう。

しょこたん、ありがとう!!!

午後、合流して、新宿でランチ、ちょっと街を冷やかしてから一緒に帰宅。

1時間半近くかけて、せっせとご馳走作りました。

この日のディナーメニューは、

キュウリのイクラとサーモン乗せ、かまぼこの梅肉紫蘇はさみ(この二つは箸休めにぴったりの、我が家のパーティー定番メニュー)、サラダ、イクラとサーモンのカナッペと、アンチョビフィレのカナッペ、バーニャカウダー(ワイン飲みにはたまらない野菜のおつまみですね♪)、牡蠣とマッシュルームのにんにく醤油炒め、りんごのコンポートとクリームチーズのバケット乗せ、そしてメインは、我が家の祝い事の大定番、ローストビーフ。

この日のシャンパンは、ちょっと奮発して、私が大好きなヴーヴ クリコのイエローラベル(を、夫が選んで買って来てくれた)。ということで、シャンパンに合いそうな食べ物をいろいろこしられました。

この日、大ヒットだったのは、りんごのコンポートとクリームチーズのバゲット乗せ。なにか秋っぽい食材を使いたいなあ・・・・・・と考えているときに思いついたりんご。と、浮んだのが、大好きな漫画家、西村しのぶさん作のキュートなラブストーリー、「カクテル」のなかで、ヒロインが愛するおやつ、りんごのコンポートとクリームチーズをバゲットを乗せたもの。見よう見まね、真似してみました。

味見しつつりんごを、白ワイン、レモンの絞り汁、砂糖、バターでことこと煮て、たっぷりのクリームチーズとともに、バゲットにのせる。

おいしい!そしてシャンパンに合う!白ワインを使って煮るんですものね。

砂糖少なめ、バター多目でコンポートを煮たのが正解だった。おつまみとしてしっくりくる!もちろんスウィーツとしても美味。砂糖はてんさい糖を使ったので、りんごとともに食物繊維たっぷり、おなかにも優しい、うれしい♪お酒好きの人も、下戸の人も楽しめる、パーティーにぴったりの食べ物。

我が家のパーティーメニューの新定番になりそう。

2008_11150950032

いつも、夫の誕生日には、自分でデコレートしたケーキを用意しているのですが、(土台はいつも、市販のもの使っています・・・・・・。元来おおざっぱな私・・・・・・目分量でOKなお料理は得意でも、きっちり分量をはからなくてはならないお菓子つくりは苦手・・・・・・。変なもの食べされるのも申し訳ないし、でも、心も込めたいしで、せめてデコレートだけは、と、シンプルな形のケーキを買って、毎年工夫してデコレートしています)今年は、私の仕事がばたばたしていたこともあって、ちょっとさぼってしまいました・・・・・・でも、一緒に伊勢丹の地下で選んだケーキ、これはこれで愛おしい!

2008_11150950033

かわいらしい字で、ケーキ屋さんのおねえさんがメッセージを書いてくれた。

夫には、本当に本当に、日々、感謝するばかり。尊敬するばかり。

毎日、大笑いして暮らせることの幸せは、当たり前のことなんかではなくて、夫がくれるかけがえのないもの。

お互いおじいちゃんおばあちゃんになっても、こんなふうにケーキにろうそく立てて、お誕生日をお祝いできたらいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hongou’s Factory IN AMULET IN LITTLE EXPO 

2008_11150950049

昨日は神保町AMULETへ、納品へ。

神保町・神田エリアで秋に行われている様々なショップが参加するイベント、美術×雑貨×古本≒リトルエキスポ・・・「LITTLE EXPO」に、参加しているAMULET。

今日から今月までは、「手づくりの服 はじめてのいろとかたち展」、11月3日から8日までは、リトルエキスポ「子供の情景展」が行われます。

その前半、「手づくりの服 はじめてのいろとかたち展」に展示していただくためのマントコートとドレスコートが昨日の納品物。

AMULETオーナーであり、手芸雑誌「くりくり」の編集長でもあるイシザカさんのチェックをもらってから仕上げをしたかったので、最終工程は、AMULETにて行わせていただきました。

いつものことながらとってもかわいいアンティークのカップで、おいしいお茶やコーヒーをご馳走になりながら・・・・・・、

同じく納品&作業に訪れていた、くりくりの撮影を通してお友達になったチャイさんや、パーツ製作のアルバイトに来ていたかわいらしい娘さんや、スタッフの方と楽しくおしゃべりをしながら・・・・・・、

アンティークの素敵な家具や絵本に囲まれながら・・・・・・、

「サウンド オブ ミュージック」のサントラの優しい音色に包まれながら・・・・・・・、

白熱灯ランプのもとでちくちく・・・・・・

幸せなんですけれど!!!

こんな素敵なアトリエがあったらな!作業10倍進みそう!

でも何より、人とわいわいおしゃべりしながらの作業時間というのが、普段、一人で作業にいそしむ私にはなによりの幸せで・・・・・・

今日も、一人で自分のブランドをスタートさせたばかりの友人と話していて話題にのぼったのだけれど、たった一人での制作活動というのは、本当に孤独なもの。

一人作業ならでは安らぎを、私は愛しているし、集中もできるけれど・・・・・、時には孤独すぎて、かえって集中できないときすらあるくらい。

夫と結婚して、一緒に暮らすようになってからは、その孤独感はかなり薄れましたが、それでもやっぱり、存在はする。

なので、たまに誰かと一緒の空間で作業する時間や、いろいろ話し合いながらのものを作って行く時間は私にとって、本当に本当に宝物なのです。

2008_11150950051_2

今日、放送されたNHKのニュース番組、首都圏ネットワークでも取り上げられた「AMULET」、このブログでも始終、登場するけれど、改めて言いたい・・・・・・本当にすてきなお店です。

作家さんもののとってもすてきな雑貨やアクセサリー、お洋服もいろいろあり、アンティークの雑貨もあり、海外の素敵な洋書あり、国内の手芸や旅やインテリアの本あり、キュートなスタッフさん方あり・・・・・・。

ブックカフェにもなっていて、丁寧に淹れられたおいしいお茶やコーヒー、ケーキを、先述したような、素敵なアンティークの食器で提供してもらえます。

この日のカップは、ソーサーとカップを合わせると、港町にあるカフェが出現するというなんともしゃれたもの!

ほんとかわいい!旅心かきたてられちゃう!

明日、私、AMULETを含めたリトルエキスポに参加しているお店をいくつか、めぐってみようと思っております。

その模様、明後日にはブログ上でアップできるかと思うので、ご興味ある方、また遊びにいらしてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の想い出 その2

2008_08210950001

もう秋・・・どころか冬ももうそこまで来ているこの時期になんですが、夏の思い出続編(笑)。

夏のある日、、夫と、水道橋のラクーアの遊園地で行われていた夏のイベント、「恋活遊園地」へ。

ラクーアの前身である後楽園遊園地時代から、夏の夜限定の遊園地のイベントは、水道橋の風物詩で、私は毎年のように行っていたけれど、なにをかくそう、夫は今年のイベントをプロデュースしたしょこたんのファン!

これはなおさら、絶対に行かなくては!

2008_08210950016

夫婦だし、今更「恋活」もないけれど、のりのりでアトラクションを堪能して、しっかり楽しんで。

観覧車から見た、東京ドーム。

結婚前、私は、ラクーアのすぐご近所に住んでいて、東京ドームで、年間予約席のアテンドの仕事もしていました。

夫との恋人時代の想い出も含め、この街には、本当に一言では言い表せない、たくさんの、たくさんの想い出があって。

今でも訪れるたび、愛おしさと、そしてちょこっとのセンチメンタルな気持ちが押し寄せてきて、まいっちゃう。

2008_10290950251

しょこたんが、そして私が、ラクーアの中で最も愛する乗り物、パラシュートタイプの「スカイフラワー」に乗っているとき、下を写した写真。

この写真を私が撮っているとき、高所恐怖症の隣りの夫は、「きゃーーー!」と可愛らしい悲鳴をあげながら、私にしがみついていました・・・・・・。かわいいんだから、もう(笑)!

2008_10290950084

また別の、夏のある日・・・・・・。

大学時代のクラスメイトのまゆと、えみちゃんと、4歳になる彼女の愛息武蔵と、幕張で開かれていた恐竜展へ。

この展覧会の目玉は、なんといってもこれ!

世界最大級の草食恐竜、マメンキサウルスの全身骨格!!

全長35メートル・・・・・・でかっ!!

全身カメラに収まらないくらい・・・・・・。

2008_10290950086

おしりから見たらこんな感じ・・・・・・頭が遥か遠くに見えますな。

この展覧会は、フラッシュなしなら、写真撮影OKだった。最近、そういう展覧会や美術展が、日本でも増えてきた気がする。

初夏のピクニックで会ったときには、全然お話してくれなかった武蔵が、この日は、会って三秒後から、たくさんしゃべってくれてうれしかった。

4歳児ながら、かわいいというよりすでにイケメンな彼・・・・・・末恐ろしいなあ~!

2008_10290950182 

またまた夏のある日・・・・・・以前、作家さんの展示会で訪れたことのある、目黒にある、タレントの千春さんのカフェで行われた、夫の会社の元先輩の結婚パーティーに、夫とともに出席させていただきました。

主役である新郎のトレードマークが、眼鏡ということで、この日のドレスコードは「眼鏡」。普段はコンタクト派の私も、この日は眼鏡を。

写真は、先輩パタンナー様が、眼鏡未着用の方のために、パターン技術を駆使して(笑)製作した紙眼鏡をかけて、ごきげんな夫。

2008_10290950186

用意されたケーキには、新婦に向けて、「今なら考えなおせるよ!」の文字・・・・・・なんとも幸せそうな二人に向けられた、周囲の祝福いっぱいのちょっとやっかみメッセージ。

夫の先輩にあたる新郎は、数年前から、パリで活動をしていて、来春から、新婦も渡仏し、一緒に暮らすとのこと。

オペラ座近くの彼らのアパルトマンからは、エッフェル塔ものぞめるのですって!!

「いいなあ~~~!!」と、ついついさけんでしまったけれど、自分の腕一つで、ファッションの本場パリででやっていくというのは、生半可な努力と実力ではなしえないこと。

新郎の屈託ない笑顔の裏の、戦いに思いを馳せて、胸が熱くなってしまう。

お二人に、幸あれ!!

2008_10290950162

これまた別の、夏の、ある日。

渋谷の、「コラボカフェ」で、夫とちょっと一息。

「コラボカフェ」というのは、希望者が、一日単位で借り、営業できるカフェスペースで、この日は、ワークショップの生徒の方が、お友達たちと借りられて、一日限りのカフェを営業されていたので、遊びに行きました。

写真右が、私のオーダーした飲み物、自家製いちご酒のミルク割り♪

フルーツがテーマだった今回のお店では、心躍る果物を主役にした飲み物ばかりだったのですが、ムーミンの物語にも出てくるような、ロマンティックないちごのお酒を私はセレクト。お勧めされたミルク割りで頂きました。

親しい方はご存知だと思いますが、私は実は、甘いお酒は苦手・・・・・・いちご酒で、しかもミルク割り・・・・・・絶対甘口・・・・・・が、しかし、「お勧め」という言葉に弱いので、チャレンジしてみたのです。

そうしたら、これが、大当たり!

いちごのフルーティーさは存分に味わえ、でも、アルコール強く、しっかりがつんと濃厚なお酒・・・それが、ミルクの力でちょっとまろやかになって・・・・・・今までに味わったことのないタイプの美酒!!

うわーーー!くせになっちゃう!!

今思い返しても、また飲みたくなってたまらない♪

2008_10290950163_2

2008_10290950164

ラタトィユプレート、そしてワインを使った風味豊かなジェリーデザートや、ラベンダージャム入りのカップケーキ(これは夫がとっても気に入っていました)も、優しく、舌を越えて身体に記憶されるようなおいしさで、本当に、充分に堪能させていただいて。

贅沢な時を過ごさせていただきました。

(この日はこの後、昨年、披露宴を行った原宿の南国酒家さんからいただいた結婚一周年のお食事券にて、大ご馳走を頂いて。披露宴の担当をつとめていただいたナカムラさんのご好意で、本来ならサービスに含まれないお酒まで無料にして頂いて、甕出し紹興酒なども頂戴して。なんともおいしい一日でした)

2008_10290950200 

ワークショップを行わせていただいている神保町AMULETでは、この夏、オリジナルのパーツの販売が開始。

レトロ可愛いたくさんの絵柄のパーツが、素敵な箱に収まって販売されていて、目移りしてしまう。

2008_10290950198_3

ワークショップで使用している針山。(手前のブルーのものは私の私物)

ツバメの形のものは、上記のオリジナルパーツを用いて製作されたマチ針。

オリジナルアイテムのアイデア、膨らみます♪

2008_10290950204

2008_10290950205

AMULETでは、今年も夏季のイベント、「くりくり展」が開催。

個性豊かな出展者の中で、とりわけ私の目を惹いたのは、以前、AMULETのスタッフをつとめられていて、私自身、仲良くしていただき、たいへんお世話にもなっていた、森野美紗子さん(mm)の木製の作品群。

蝶々のピンオブジェや、花や鳥、少女の横顔のレリーフは、押し花などを用いて製作されており、繊細で、あたたかいタッチ。

蝶々のピンは、今、四匹とも、我が家の壁にとまっています。(本当は、うち二匹は友人への贈り物にするつもりだったのだけれど、手放しがたくなり、結局我が家の子に・・・)

こういったオブジェは、実際に家に置いてみることで真価が分かるもの。毎日見ても見飽きなく、むしろ愛しさつのり、もっと欲しいと思っている自分がいる。

彼女は、10月24日25日にビッグサイトで行われるデザインフェスタにも出店するとのことです。(蝶のピンの他、モビールなどもあるそうですよ!)素敵なポストカードも多数製作している彼女。ご興味ある方、デザインフェスタに行かれる予定のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。(mmでパンフレットには表記されているのかな)

この他にも、義弟の彼女と二人で飲みに行って、店に入ってから閉店まで、楽しく喋り続けたり、揃っておめでたを迎えた幼なじみ達とお茶をしたり、学生時代の写真部のメンバー達と久し振りに飲んだり、よい映画を見たり(「いけちゃんとぼく」、大事な友人と、夫とともに見て、大大大号泣でした)、久し振りに街中で人目も気にせず大泣きしたり・・・・・・、あれやこれや、なんやかんや、今年も想い出深い夏を過ごしました。

大切な人達こそが、私を心底笑わせてくれるし、大切な人達しか私を泣かせることはできないし(鈍感なのか、図々しいのか、大切でない人にどうこうされても、怒ることこそあれ、涙は出ない。心の琴線をかき鳴らすのは、いつも、愛しい人たちの指。)、だから、笑えることも、泣けてしまうことも、どちらも幸福なことなのだと思う。

来年の夏も、海に行こう。遊園地に行こう。旅に出よう。

笑おう。泣こう。おいしくビールを飲もう。

一生懸命働いて、全力で遊ぼう。

夏生まれの夏好き、夏女の私。

秋も冬も春も、それぞれに楽しみながら、また来る夏を、わくわくしながら待とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »