« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

京都大阪旅行日記~大阪の夜編

2010_07050950729

私、今回が大阪初上陸!

まずはホテルのある中州へ。

駅のホームから見た夕暮れの景色。ビル群と空のセンチメンタルな色合いがきれいだった。

ホテルに荷物を置いて、目指すは・・・・・・

2010_07050950731

憧れの道頓堀!!

想像してた以上に、一つ一つの看板がでっかい!!

2010_07050950737

折りしもワールドカップ中。食い倒れタロウさんはこの様子。

2010_07050950738

楽しい看板を掲げたお店があそこにもここにも・・・・・・

通り全体がテーマパークみたい♪

ホテルの方に教えてもらったお好み焼き屋さん「ゆかり」で、お腹いっぱいおいしいお好み焼きを食べました。

大阪の方たちは・・・・・・やはり、お好み焼きプラスご飯を注文してました!

知識では知っていても、目の当たりにするとやはり関東勢はびっくりしちゃう。

2010_07050950732   

七夕前ということで、道頓堀の両岸には七夕飾りが飾られていました。

夜風で短冊が揺れて、きれい。

このお堀を行き来する観光船もあるみたい。

今度来たら、乗ってみたいな~。

翌日は旅の最終日。

楽しみにしていた、USJへ行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都大阪旅行~宇治・平等院編

2010_07050950665

京都大阪旅行記続きです。夏が終わる前には更新し終わらないと~!!

伏見稲荷のあとは、再び電車に揺られ宇治へ。

駅前のポストはお茶壷の形♪

お昼ご飯は宇治川に面した、眺めのすばらしいお店、「宇治川(・・・という店名だったと思う・・・)で。私はひやむぎと天ぷらのセットを。お茶の葉の天ぷら、おいしかったなあ~♪ひやむぎのつけ汁のお出汁も上品なお味で大満足!

そして食事後は・・・・・・念願の平等院へ!!

2010_07050950670

美しい!!

2010_07050950682

蓮池越しに見る。

蓮が咲いているとき・・・・・・ここからの眺めはさぞかし美しいのだろうなあ!

平等院の敷地内には、鳳翔館という宝物館が併設されているのですが、その中に納められた52体の『雲中供養菩薩像』という仏像群・・・・・・私がずっと見たいと思っていたもの。

平等院に安置された阿弥陀如来像の周囲の壁に、その名のごとく、雲と共に浮び飛びながら様々な楽器を演奏する仏達の像なのですが・・・・・・

すばらしかった!!

優雅で活き活きとしていて・・・・・・美しくて美しくて、いつまででも眺めていたかった。

うっとりしたまま平等院を離れ、宇治川べりをのんびりお散歩。

2010_07050950700

柳の下でお昼寝中のあひるちゃん。

2010_07050950709

源氏物語の「宇治十帖」の舞台にもなった宇治。

川にかかった朱塗りの橋が気分を盛り上げてくれます。

この辺りで鵜飼いも見られるのですって。(確かに川の中州の小屋の中でたくさんの鵜が飼われていました)

2010_07050950716

橋のたもとには源氏物語のモニュメント。

2010_07050950718

川辺の散歩、大好き。

川のある街っていいな。

2010_07050950722

宇治橋のたもとの甘味屋さんで抹茶のデザートを頂きました。

私は抹茶のソフトクリーム。夫は宇治金時を。

2010_07050950725

滔々と流れる川と、山々の濃い緑。青い空に白い雲。心地よい風。

う~ん、夏休み!!

京都駅に戻って、コインロッカーに預けていた荷物を取って、後ろ髪引かれつつも電車に乗って京都をあとに・・・・・・。

旅の最後の目的地、大阪を目指します。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サーカス」IN OVAL

夜になると、鈴虫の声が聞こえてくるようになりました。

まだまだ暑いけれど・・・・・・秋はもうすぐまで来ているのかしら?

今週から、「OVAL」様にも、Hongou's Factoryの秋冬ものを置いていただいています。

2010_08220950024

今期のシーズンテーマは「サーカス」。

こちらはサーカスのテントの中で、色とりどりのキャンディーや、美しい包み紙に包まれたチョコレートを売る少女をイメージした「チョコレート売りのガウンコート」。

写真では解りづらいけれど、ドット柄のジャガード織りのリネンを使用しています。

2010_08220950025

ほんわりと膨らんだ袖と、その袖を彩るフリル。

2010_08220950028

ボタンはクローバーの形の貝ボタン。

襟元のミニブローチは取り外し可能です。ベレー帽につけたりしても可愛いかも・・・・・・♪

2010_08220950032

縞模様の大きな玉の上で優雅に踊る踊り子からイメージした「玉乗り娘のスカート」。

2010_08220950033

ヘリンボーン柄のジャガードリネンと、エキゾチックなゴールドのレースのコンビのボリューミーなボックスプリーツ。

2010_08220950036

リボンブローチは取り外せます。

着ると、ふんわりドーリーなシルエットのスカート。

気に入って下さる方に巡り会えるかなあ!

ワークショップに参加してくださった生徒さんと、長いあいだの顧客様から頂いた、お葉書とお手紙が、最近の製作の大きなモチベーション!!

毎日のように読み返しては、エネルギーを頂いている。

ありがとうございます!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

京都大阪旅行3日目~伏見稲荷編~

2010_07050950650

さて。立て続けの投稿で、伏見稲荷様。

京都のアイコンの一つ千本鳥居の前・・・・・・、私、えらく緊張した面持ちです。

というのも、前回の記事の最後でも触れたとおり・・・・・・、私、物心ついてから、お稲荷様の境内に、足を踏み入れたことが(多分。そうとは知らず、うっかり入ってしまっていたことはあったかも)一度もなかったんです!

というのも・・・・・・私の母方の祖母が若い頃、とある高名な占い師の方に観てもらったときに、「貴女は、決してお稲荷様の神社に足を踏み入れてはいけないよ」と言われたそうで・・・・・・。

その禁忌はあくまで祖母個人のもので・・・・・・、私に言われたものではないのだけれど・・・・・・幼い頃に、その話に熱心に耳を傾けた私の中には『お稲荷様イコール我が家の女が足を踏み入れてはいけない聖域』という図式が刷り込まれてしまったのです。

で、以来・・・・・・。

律儀に、偏屈に、お稲荷様にご参拝せずに来た私の人生・・・・・・。

それがいきなり、お稲荷様の総本山へ!!!

今回、夫が、伏見稲荷様を行き先に組み込んだプランを見せてくれたとき、正直、行くべきか否か迷ったのですが・・・・・・

最初にお参りするのなら、総本山だからこそ伏見稲荷様がよいだろう・・・・・・と、決意。

でも・・・・・・やっぱり緊張した顔しているなあ!!

2010_07050950643

2010_07050950633

夫は、「そうだ!京都に行こう!」のテーマソングを、自分でバッグミュージックとして口笛で吹きながら、動画を撮ったりもしていましたが(笑)、私は、ずうっとドキドキドキドキ。で、あとからカメラ見返したら、写真もあんまり撮っていなかった~・・・・・・

両方の鼻の穴から、鼻提灯を出し入れして寝ている猫とか、面白いものも色々見たけれど(笑)

今までの分もこめて、心を込めてお祈りしてきました。

赤い鳥居の参道は、どこまでも続く・・・・・・山頂まで・・・・・・一周したら往復で何時間もかかるみたい。

今回は断念したけれど、今度来られたら、お山の上までめぐってみたいと思う。

清水の舞台から飛び降りる気持ちで、伏見稲荷様に足を踏み入れた私・・・・・・。

私にとっては、この夏一番の大冒険だったかも!?

参拝後、何か変化はあったかなあ・・・・・・とりあえず毎日元気に楽しく暮らせています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都大阪旅行3日目~東福寺編~

2010_07050950554 

なんだか本当に最近、ブログ・・・・・・おさぼり気味・・・・・・

こまめに見に来て下さっている方々、すみません、そしてありがとう!

来月になれば、もう少し更新を増やせると思うので、懲りずに遊びにいらしてくださいね。

だいぶ間があいてしまったけれど、京都大阪旅行日記続き、3日目です。

この日の最初の目的地は、東福寺。

この日で京都を離れるので、ホテルをチェックアウトし、京都駅のコインロッカーに荷物を預けてから、奈良線に揺られることしばし、東福寺駅下車。

東福寺は寺域7万坪(!!)という大寺院。

洗玉澗という渓谷を挟んでいくつものお堂が建てられていて・・・・・・

それらのお堂をつないでかかる橋(渡り廊下)からの眺めが見事!

あふれかえる緑の色が目においしい♪

2010_07050950589

生命力溢れる緑の中に咲く、遅咲きの紫陽花も可憐。

2010_07050950617

2010_07050950592

2010_07050950561 

2010_07050950619 

そして、様々な表情を見せるお庭もこのお寺さんの大きな魅力。

最後の写真の石庭は、北斗七星を表しているそう。

方丈庭園といえば、多くの禅寺が名園を備えているけれど、方丈の東西南北、四方にお庭を配しているのは、ここ、東福寺だけなのですって。

どのお庭もそれぞれの味わいがあって、ひとつひとつ見入ってしまったのだけれど。

私が、惚れこんでしまったのが、方丈の北側のこの苔庭!

2010_07050950608 

2010_07050950613

苔と石が織り成す市松模様・・・・・・。

苔の凹凸が、一箇所ごと、それぞれのふくらみを持っていて・・・・・・

なんて美しいのだろう。なんて愛らしいのだろう!

ずっとずっと眺めていたい。

2010_07050950623

方丈庭園をじっくり見て、外に出ると、なんとも不思議な空模様だった。

この後は、私、超超超ドキドキ、 伏見稲荷参拝です!!

(なぜそんなドキドキかと言うと・・・・・・私、物心ついてから、とある理由により、お稲荷の境内に足を踏み入れたことが一度もなかったのです・・・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hongou's factory IN 池袋西武

前回の記事のコメントにて、以前ワークショップに参加してくださった生徒様から告知もして頂きましたが・・・(*^^*)

ただいま、池袋西武の7階で行われている「AMULET夏のアトリエ展」に、お洋服を二点、出品させていただいています。

2010_08140950126

「くりくり」最新刊に載せていただいたドレスコートをモデルにした、麻のコート。

軽いコートとして着て頂くのももちろんよし、ワンピースとして着て頂くのもよし。

2010_08140950127 

お尻の部分がふっくら優雅に膨らんだバッスルスタイルのこのコート。

Hongou's Factoryの2010年秋冬コレクションの第一弾です。

今年の秋冬のテーマは、「サーカス」。

石畳の道に、古風な石造りの町並みが続く、とある街・・・その郊外の森の中にテントを張った、サーカス。

儚くも美しい芸人や踊り子たち・・・・・・。

派手な音楽や演出や色調はないけれど、夜毎、繰り広げられるロマンティックで、物悲しくて、それでいてどこかおかしい、サーカスのショー・・・・・・。

そんなイメージをもとに、クラシカルで、でも遊びもあって、詩情豊かな、Hongou's Factoryらしい服を、今期も、できうるかぎりたくさん、作れたらなあ、と思っています。

このコートにつけた名は、「曲馬師のガウンコート」。

引き締まった身体が美しい馬の馬上で、軽々と宙返りや片足立ちをして魅せる、凛々しくも可憐な女曲馬師のコートをイメージして作りました。

2010_08140950129

裏地は、楚々として愛らしいドット模様の綿素材で軽やかに。

2010_08140950117

こちらは、Hongou’s Factory スタート当初からの超定番型、「ガーデン」の、「2010年秋冬サーカスバージョン」の第一弾のワンピース。

このパターンのワンピースは、最初に作って以来、素材を変え、ディティールを変え、毎期、2~3着は必ず作り、気に入って下さるお客様にめぐり合えて、全てお嫁に行っている幸せなワンピース。

2010_08140950120

今期最初の「ガーデン」は、「夕暮れ時の花摘み」をテーマにデザイン。

サーカスの団員達が、ショーの前のつかの間の休息時間、夕陽綺麗な夕暮れ時に、テントの周りの森で、花摘みをして楽しみ情景をイメージ。

ウエスト部分には、ポケットにさした様にお花のレースモチーフを・・・・・・。

2010_08140950123

2010_08140950122

スカート裾のフリルには、綿麻混紡のレース地を、腰の切り替えディティールには、エキゾチックなプリント布と共に、象牙の透かし彫りのように美しい紋様の綿地と、リボンテープをあしらって・・・・・・。

「AMULET夏のアトリエ展」、この展示は、池袋西武7階フロアーで、明後日の18日まで行われているそうです。

ほかの作家さんの作品もとってもとっても可愛らしいし、7階フロアーには、たくさんの手作りを愛する人のためのショップが・・・・・・♪

素敵なパーツや、本、リボンや糸なども、たくさん買えちゃいます。

お近くにお住まいの方、お時間のある方、ぜひ遊びに行ってみてくださいませ♪

PS・幸さん、素敵なコメント、本当にどうもありがとうございました!

とってもとってもうれしかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都大阪旅行二日目~金閣寺、龍安寺、OVAL、夜バス編

2010_07050950461

雨の金閣寺。

外国人観光客の方々で溢れていました(笑)

2010_07050950465

金箔の修復が終わってからは、私ははじめての金閣寺。

雨にぬれる金色も美しいです。

でもやっぱり今度は晴れの日に、水面に映る金閣寺を観に、また来たいな~。

2010_07050950476

お次はお隣の龍安寺へ。

方丈へ登るこの階段の両脇は、全て紅葉!

秋には真っ赤なトンネルになるんだろうなあ!!

2010_07050950489

石庭が名高いお寺。

みんなが鈴なりに雨宿り中。

2010_07050950480

本当にこのとき、雨足が強くて。

屋根から流れ落ちる雨水が、まるで簾のように見えて。

ウォーターカーテン。

雨の幕越しに見る緑が、それは綺麗で、うっとりしてしまった。

2010_07050950497

方丈の入り口で迎えてくれる屏風と夫。

2010_07050950507   

方丈を出る頃には、雨も小止みに。

お池の周りを散策中、こんな美しい鳥に出会いました。

2010_07050950512

夕暮れ時、四条に戻り、今年の二月からHongou's Factoryの洋服を取り扱っていただいている、「OVAL」様へ。

2010_07050950515

赤い壁が印象的な魅惑的なお店。

このお店とのご縁を取り持ってくれた帽子作家CHAIさんの美しいハットも、素敵に並べられていました。

店長の武内様とも、この日、初めてお会いしたのですが、チャーミングで美しい方!

お客様のために、おたたみをする手元の丁寧さ、美しさに、(自分の服も、こやって丁寧に扱っていただいているんだ・・・)と思い、胸が熱くなりました。

遅作な私は、いつもご迷惑をおかけしていると思うのですが、武内様の手元から、何枚ものHongou's Factoryの洋服が、お嫁に行かせて頂いています。

もっともっと、京都及び、京都近郊の方たちに、私の服を着ていただけたら・・・・・・もっともっと頑張って作ろう!

2010_05270950760

お店には今、こちらのヘアバンドと・・・

2010_05270950761

こちらのワンピースを置いていただいているかと思います。

2010_05270950762 

ワンピはぽっけからお花のレースがのぞいています♪

京都近郊の方、お盆休みに京都に遊びに行かれる方、本当に素敵なお店なので、ぜひ遊びに行って見て下さいませ!

OVAL  http://www.dockeryfarm.co.jp/tenpo/oval.html

2010_07050950518

OVAL様を訪問させていただいたあとは、四条烏丸『cocon』の前から、『夜バス』に乗車!

『夜バス』とは、ライトアップしている京都の名所をぐるりとつないでドライブしてくれるバスのサービス。

東寺、→西本願寺→二条城→晴明神社→京都御所・同志社大学→下鴨神社→京都大学→平安神宮→八坂神社→祇園商店街→南座・・・・・・などなどつないでまわってくれる。

私の大っ好きな京都タワーも、要所要所から見え隠れ♪

平安神宮は、このバスのためだけに、ライトアップをしてくれます。

バスのガイドさんがライト点灯用のリモコンを持っていて・・・夫はライトを消す係をやらせていただいて喜んでいました(笑)

とっても楽しかった!

なんていったらいいのか・・・・・・京都の夜の深さ、闇のねっとりとした濃密さを、よく感じることの出来るツアーでした。

東京の夜とは、まるで違う、夜闇の濃度。

その色っぽさと、底知れなさ・・・・・・。

すてきな夜を過ごしました。

翌日は・・・・・・東福寺と、私どきどき、初お稲荷様体験、伏見稲荷と、宇治の平等院、これまた初上陸の大阪の夜です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »