« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

伊豆旅行~一日目・青い青い海との1日~

よく晴れた朝。青空!

空の青さは少し淡くて、セミの鳴き声がかしましくても、やはり秋が近づいてきていることを感じます。

夏の気配を感じられるうちに、今年の夏の想い出を、少しづつ記録しておきたいと思います。

*****   *****   *****   *****

夫のお盆休み。伊豆への旅・・・・・・。

先月の草津・軽井沢旅行が、出産前の最後の旅になると思っていました。だから、想い出がいっぱい欲しくて、いろいろ欲張って、様々なものを観て、たくさん歩いて、おいしいものいっぱい食べて・・・・・妊婦旅らしからぬアグレッシブな旅を満喫♪大満足で旅を終えたわけなのですが・・・・・・。

その後、夫が会社の伊豆の保養所に宿泊申請を試しに出してみたところ、申請が通った!

その保養所は、私の大好きな伊豆高原の山、大室山のふもとにあり、格安で宿泊することができます。

ということで・・・・・・この夏二度目の旅行が決定。伊豆・二泊三日の旅。私が妊娠後期に入っていることもあり、今回の旅のコンセプトは、海辺や緑のなかで、とにかくのんびり、リラックスして過ごすこと・・・・・・。

旅出発前夜は夫とともに私の実家に宿泊。実家の車を借りて翌朝出発。

ハイシーズンということもあり、渋滞が懸念されたけれど、心配をよそに道路の混雑は一切なく、快晴のもと、伊豆まで快適なドライブ♪

お昼前には伊豆高原に到着。

最初の目的地は、伊豆高原が誇る景勝地、城ヶ崎。

2011_08110952397

2011_08110952404

2011_08110952372

2011_08110952394

切り立った海岸線の岩肌と、海の青さの対比が野生的で美しい城ヶ崎。

私は今までに、家族や友人達と何度か訪れたこともある大好きな場所なのですが、今回、海の美しさにとにかくびっくり!

こんなに綺麗だった!?   

雲ひとつない空の青さを映した紺碧色、吊り橋から下をのぞくと、はるか下の海面は透き通って、底すら見えそうなほど・・・・・・。

崖のように切り立つ岩場には、ところどころ柵があるだけ。個人の責任のもと、岩に登ったり下ったり、崖端まで行って、遠い足元にうちつける波しぶきを眺めることもできます。

こういう場所に来たとき、私は本来あちこちよじ登ったり乗り越えたり、お転婆なほうだけれど、今回はなにぶん大きなお腹を抱えているので・・・・・・、おしとやかに、いろいろな場所の岩場にわくわくとトライする夫を微笑ましく眺めておりました。

果敢に岩先に立つ、小学生くらいのお兄ちゃんに向かって、「お兄ちゃん!やめてよ!落ちちゃうよ、あぶないよ!!」と半べそで叫び続ける幼稚園児くらいの妹ちゃんの必死な様子を眺めていたら、子供の頃、幼なじみたちと母親たちとの伊豆旅行でこの場所を訪れたときのことを思い出した。

はしゃいで岩場を散策する私とふっことあやちゃんの背中にむかって、極度の高所恐怖症のめぐちゃんが、同じように叫んでいたっけ・・・・・・。

この日はとにかく良く晴れていて、日差しも強く、とろけそうな暑さだったけれど、湿気は少なく、海風が吹くと本当に心地よくて・・・・・・美しい海の景色を堪能した後は、美味しい海の幸を堪能するべく・・・・・・城ヶ崎の駐車場で乗車客待ちをしていたタクシー運転手さんにおすすめのお店をきいて、磯料理のお店へ。

2011_08110952410

いなだのお刺身定食と、伊豆名物金目鯛の煮付け定食を夫とシェア。

金目鯛・・・・・・立派な尾頭付き!

お腹がいっぱいになったあとは、せっかく海自慢の伊豆にやってきたのだから・・・・・・と、海水浴へ。

2011_08110952470

宿からも程近い、こじんまりとした可愛らしいビーチ、いるか浜。

2011_08110952453

2011_08110952426 

2011_08110952418

・・・・・・ま海水浴とはいっても、私はぽこんとふくらんだお腹ゆえ、手持ちの水着も着られないし、お腹の中におチビを抱えて海で泳ぐことにも少し不安があって・・・・・・泳ぐ夫を激写したり、 浜辺を散歩したり、かき氷を食べたり、脚だけ水につかってみたり・・・・・・。

2011_08110952433

2011_08110952432   

この浜、とにもかくにも水がきれい!ものすごい透明度!!砂利砂の海底も足裏に心地よい感触で楽しくて。

海面に降り注ぐ日差しが作る光の編み模様が、海底にうつってゆらゆら揺れて・・・・・・眺め飽きない美しさ。

脚をつけているだけでも、海のエネルギーをぐんぐん吸収。水に触れているところから、身体の中の毒素がどんどん抜けて行って、代わりにパワーが芽生えてくる。

やっぱり私、海が好きだなーーー!!!

2011_08110952460

あまりにもきれいで素敵なビーチだったから、本心をいえば、やっぱり脚だけでなく、ざぶんと頭の先まで水につかってのびのび泳ぎたかったけれどっ・・・・・・。

それはまた、おチビさんが出てきてからのお楽しみ・・・・・・♪

波も少なく、ムードも落ち着いたビーチなので、ファミリーが多くて。波打ち際でお父さんやお母さんに抱えられて、うれしそうにちゃぷちゃぷ水浴びしている赤ちゃんの姿もちらほら。

うちのおチビさんは、海、好きになってくれるかな?・・・・・・夫と私のところに来てくれた子だもの、 絶対、海好きなはず(*^^*!!

このビーチにも、いつか連れて来てあげたいな。

一時間ほど、ビーチで過ごして・・・・・・本当はまだまだずっとここにいたかったけれど、じりじり照りつける日差しに頭をやかれて、ちょっとふらふらしてきたので、後ろ髪ひかれながら、「また絶対、来ようね!」と夫と誓い合ってビーチをあとに・・・・・・。

2011_08110952478

保養所にチェックインする前に立ち寄った道の駅のような物販所でおやつ♪

旅の間は、やっぱり毎日一つはソフトクリームを食べないとね!

伊豆の名産柑橘、ニューサマーを使ったニューサマーソフト。ニューサマーの甘酸っぱいジャムが添えられていて、ソフトと一緒に食べると味わいさわやか。

日が傾きかけた頃、今日の宿泊場所である保養所へ。

会社の保養所を利用するのは、今回がはじめて。

夕食と朝食付きで、二人で二泊しても合わせて1万円で充分なおつりが返ってくるほどの低宿泊料金。築30年ほどたつときくし・・・・・・正直、夫も私も、食事内容や、宿の快適さには全く期待はしていませんでした。

伊豆の宿の宿泊料金が高騰するお盆時期、その値段で泊まれるなら、屋根があって、お布団があって、眠れたらそれだけでいいよね!・・・・・・くらいの気持ちだったのですが・・・・・・行ってみてびっくり!

大室山ののどかで美しい丸い山の稜線が間近で眺められる絶好の立地。うちっぱなしのコンクリートと、落ち着きのある木材を組み合わせてデザインされたモダンかつあたたかみのある建物。迎えてくれた管理人の方はとても感じがよく、館内は隅々までお掃除が完璧に行き届いていて、どこもぴっかぴか。

2011_08110952486

部屋は広々としていて、畳やふすまなども真新しい様子で、なんとも気持ちがよい。部屋の大きな窓からは手入れの行き届いたきれいなお庭が見渡せ、さらにその彼方には夕暮れの日差しに輝く海も見える。(写真はお部屋の窓からの眺め)

そしてうれしいことに、お風呂は温泉!石造りの浴槽と、木の天井という造りがおしゃれな浴場。大きな窓の外は一面豊かな緑。充分な広さの湯船にたっぷりのお湯。この日の保養所の利用者は、我が家と、夫と同じオフィスの違う部署で働く女性とその旦那様、娘さんの3人家族二組だけだったため、その開放感いっぱいのお風呂がなんと、貸切状態♪

贅沢すぎる!

夕食前にお風呂を頂いて、さっぱりした身体で部屋の窓辺の椅子に座り、きれいなお庭を眺め、ひぐらしのなく声をきいていたら・・・・・・、まるで自分の別荘で過ごしているような、なんともくつろいだ気分になってきました・・・・・・あー、幸せ♪

お食事は、夕食は6時から、朝食は8時からと決められています。おかずの品数が多くて、これまたびっくり!手づくりの優しい味がうれしい。

お腹いっぱいご飯を頂いて、部屋で今日の出来事を振り返ったり、明日の予定を相談したりしながら、まったりころころしていると、一日たっぷり夏の日差しと潮風を浴びていたこともあってか、10時頃にはすっかり眠くなってしまいました。

心地よい疲れとともに布団に潜り込み、ぐっすり眠って、とっても楽しみにしている予定のある翌日にそなえます・・・・・・。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーネーション

2011_05100950128

今年の5月の母の日に、会社帰りの夫が、カーネーションの花を一輪、買ってきた。

オレンジの、シャーベットカラーのカーネーション。

セロファンがくるりと巻かれ、キッチュなサテンリボンがちょこんと結ばれた・・・・・・、なんだか懐かしい、愛らしいたたずまいの、思いがけないプレゼント。

おしゃれなラッピングより、こんな、垢抜けない可愛らしい包まれ方がカーネーションにはよく似合う気がする。

駅前にある、素朴なご夫婦が営んでいるこじんまりとした花屋さんで買ってきてくれたらしい。

「みずえちゃんも、もう『お母さん』だもんね!」

と、にこにこ笑う夫。

そうか、そうだ、私、『お母さん』になるんだ、と。

すとんと実感したした瞬間。

*****   *****   *****   *****

今、お腹のなかで新しい小さな命が、すくすくと育っています。

8ヶ月目に入りました。

大層なわんぱくもので、私のお腹の中ところせましと毎日一日中、ぷくぷくむにむにどんどんと動き回っています。

3月のはじめに、病院の先生から、自分のなかに命が宿っていることを教えてもらいました。

その2日後に、大震災が起きました。

・・・・・・この半年は、言葉に出来ないくらいたくさんのことを考え、様々な感情を味わい、自分を見つめた、とてもとても濃密な日々でした。

今も、そんな毎日が続いています。

この日々に起きたこと、感じたこと、きっと、一生忘れないと思うし、忘れたくないと思う。

今日という日は二度と来ない。

流れ続ける時間。とまることも戻ることもない。今にしか感じられないたくさんのこと。

毎日を、ほんとうに大事に生きたい。

3月から、ずっとずっとそう思っています。

あと二ヶ月ばかりで、お腹のおちびさんは、混沌とした、でも美しいこと、素晴らしいことがたくさんあるこの世界に飛び出してくる。

おチビさんに会えるまでの時間が、ときにとても長く思えて、焦れてしまうこともあったけれど、自分のなかに違う命の存在を感じて過ごせるこの奇跡のような日々を、今はとても愛おしく思います。

おチビさんを腕に抱ける日まで、いろんな気持ち、身体の変化、暮らしの様々なこと、全部を深く深く味わって暮したい。

めっきり涼しくなって、秋の気配が濃くなってきた今日この頃。

大好きな夏を、妊婦らしからぬアクティブさで、いろんなところへ出かけ、目一杯楽しみました!

ここから先は、秋に向けて、おちびさんとの新しい生活のための巣作りに集中していこう・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神宮外苑花火大会

お盆休み前の週末、神宮の花火大会に行きました。

2011_08110952297

2011_08110952301_2

2011_08110952288

2011_08110952290

2011_08110952303_2

色とりどりの光の花・・・・・・。

かき氷や唐揚げ、巻き寿司・・・・・・屋台フードをもりもり食べながら・・・・・・♪

夏はやっぱり花火を観ないことには!

花火大会はここ数年、友人たちや家族たちと一緒にわいわい観ているから、夫と二人での観覧は久しぶり。いろいろ思い出話をしながら・・・・・・。

とても綺麗だった!よい夜でした。

毎年欠かさず行っている、とにかく大玉の花火を間近で堪能できる迫力の板橋の花火大会や、都会のビル群と海を背景にしたロケーションがとにかくドラマティックで、今年は両家の両親にも観せてあげたい!と張り切っていた東京湾の花火は今年は震災の影響もあり中止・・・・・・。

今年は花火は観られないかもなあ・・・とも思っていたから。観にいけてよかった。

一瞬の美しさを作り出すために人生を捧げている花火師さんたちがいて。大勢の人たちが肩寄せ合って大空見上げて見惚れて。輝きに感動して、お腹のそこまで響く豪快な音にパワーをもらって・・・・・・。

花火大会ってやっぱりいいなあ!

来年はまたみんなで観に行けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある夏の日

終戦の日。

66年前の今日の空の色は、どんな色だったのだろう?

昨夜、テレビで、山田洋次監督、吉永小百合さん主演の「母べえ」を観ました。

戦争反対を唱えた夫を思想犯として捕らえられ、女手一つで娘二人抱え、混乱の時代を生きた美しく気丈な母親を、吉永小百合さんが真摯に演じていました。

ラストシーン・・・・・・年月が巡り、平和な時代がやってきて、年老いた吉永さんが、立派に育った娘たち孫たちに囲まれながら、病院のベッドのうえでまさに息を引き取ろうとしている場面・・・・・・戦中に獄中で命を落としたお父さんに、もうすぐ会えるんだもんね、と涙ながらに呼びかける娘に、吉永さんが返した言葉が痛すぎて・・・・・・、涙がとまりませんでした。

震災以後、ことさら想うようになったこと。

当たり前の生活、が、当たり前に成り立っているわけではないことを解っていることの、大切さ。

家族仲良く、つつましく暮らす・・・・・・そんな、平凡と呼ばれる生活の、尊さ。

*****   *****   *****   *****

2011_08140950028

昨日は久し振りに家でのんびりとすごしました。

お出かけ大好きだけれど、この暑い中外出が続くと、身体はすこーしお疲れ気味・・・・・・予定のない休日が、なんだかかえって贅沢に感じられる。

思う存分朝寝して、ゆっくりブランチ食べて・・・・・・パソコン内の写真データの整理をしたり、ちょこちょこ部屋の片づけをしたり、ベッドでごろごろ雑誌を読んだり・・・・・・。

とはいえ、少しは外の空気を吸って歩かないと、気分も身体も鈍るので、涼しい風が少しだけ吹き始めた夕暮れ時に、お散歩に出かけました。

お隣の駅、巣鴨まで・・・・・・今まで歩いたことのない裏道を通ってぶらぶら散歩。

淡い空色の空に浮んだ雲の縁を、夕陽が金色の縁取っていて、とてもきれいだった。

夏の夕方は、なんだかノスタルジックな気持ちを誘います。

30分ほどのんびり歩いて巣鴨駅前に到着。

大好きなご飯屋さん、「大戸屋」でおやつ♪

おいしい定食を安く早く提供してくれるので、学生時代からとってもお世話になっているチェーン店の大戸屋さん。最近、ここのスウィーツにはまっています。

優しいお味の和テイストのスウィーツが、ほんとにほんとにおいしい!

色んな素材のハーモニーを楽しめるグラスパフェに夢中。毎日食べたいくらい。

昨日は私は、チョコレートアイスと、バナナプリンのパフェを、夫は揚げパンにアイスクリームが添えられたプレートデザートを注文。

とりとめのない話をしながらのおやつの時間。

こういうひとときが、とても大事で、幸せだと思う。

そう感じる気持ちを、ずっと大切にしていたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の想い出こぼれ話

暑い暑いお盆・・・・・・

伊豆を旅したり、実家に泊まったり、久し振りに髪の毛を切ったり、義父母とお出かけしたり・・・・・・盛りだくさんに過ごしていますが、こうも暑い日が続くと、夏大好きの私も、さすがにフウフウ・・・・・・。

やけに涼しい日々が続いた先月末の陽気が懐かしくなってきました・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

ということで・・・・・・7月後半の夏の想い出こぼれ話。

Photo

「なんだか無性にガレットが食べたい!」 ・・・・・・という気分の日が続いて・・・・・・

ある休日の午後、夫と、神楽坂の毘沙門様のすぐお向かいにあるガレット専門店、『ル・ブルターニュ』でランチ。

おそば大好きな夫と私は、そば粉を使ったガレットも大好物なのです。

いつも混んでいるお店だから、予約をしっかりいれて。

フランスの古民家農家をイメージさせるような、立派なハリのある内装とインテリアが気分を盛り上げてくれます。

そしてお茶目なフランス人のムッシュウや、スマートなウェイター陣が、気持ちよいサービスで運んでくれるガレットのおいしいこと!

そば粉のクレープはぱりっと焼き上げられ、香り高く、こうばしく、なかの具材の塩気とのバランスも絶妙!

以前ふっことランチしに来たときに頂いた、アルコール度数がいろいろ選べる自家製シードルがとてもおいしく、ガレットとの相性も抜群だったので、夫に勧めるも、前日はめをはずして二日酔い気味だった彼は、フランス製のコーラで自粛・・・・・・。

夏のガレットもおつだったけれど、個人的に、ガレットって、秋に食べるのが一番おいしいと思う。もう少し涼しくなったら、また食べに行きたいな~。

2011_07300951872

海の日の朝は、パンケーキを焼きました。

アボガドのサラダやソーセージ・・・・・・、軽井沢で買ってきたハチミツたっぷり、「コルリ」さんの鳥さんビスケットも添えて、いただきます♪

この日は新宿で久し振りに映画を観ました。織田裕二さん主演の映画・・・・・・。黒木メイサさんが美しかった。スペインの景色が華麗で、スピーディーな展開の物語。面白く観たけれど、今もうすでに、ストーリーがよく思い出せない・・・・・・。そういう映画。

映画を観たあと、新宿伊勢丹の催事に参加されていた「コルリ」さんのブースを覗きに行き、マカロンをいくつか購入。ずっしり量感がある、可愛いモチーフのクッキーがデコレートされたおめかしパウンドケーキがおいしそうで、とにかく愛らしくて、買いたかったけれど・・・・・・甘いもの食べ過ぎないように必死に頑張っている最中だったので、ぐっとガマン。

夜はおなじみの居酒屋「天狗」で、数年にわたるフィリピン生活を終えて帰国したコギくんを囲む会。久し振り!な人たちにたくさん会えた。

すごく久々に、わこにも会えた!二年ぶりくらい!生まれて2日目に抱っこさせてもらった、ちっちゃなちっちゃなわこも、もう4歳。笑顔が可愛らしすぎる女の子に成長。夫にいたずらしまくる様子がとにかくキュートで、見ているこっちはめろめろのめろめろ!

2011_07300951881

ある日曜日。丸の内をぶらぶらお散歩。

東京駅から有楽町駅まで、ウィンドーショッピングをしながら歩くのが好き。レディースとメンズが一緒に並べられたセレクトショップが多いから、カップルのデートにもよいコース。

この日は東京駅前の丸ビル内の「HARBS」で、ケーキを食べてからお散歩スタート。

いつも行列が出来ているケーキ屋さん・・・・・・気になってはいたけれど、入るのはじめて。

ショーウィンドーに並んだケーキは、どれもきらきら綺麗で、おいしそうで・・・・・・悩みに悩んだ末、夫は色とりどりのフルーツがぎっしりはさまれたミルクレープを、私はチョコレートケーキを・・・・・・。

ミルクレープは、フルーツの自然な甘みと、なめらかな生クリームの優しい甘みのコンビネーションが秀逸な一品。チョコレートケーキは、とにかく濃厚で、ブランデーの香りが芳しい大人のケーキ!うーん、満足!

コロニアル調のインテリアも落ち着くし、コーヒーがお替りできるのもとってもうれしい♪

今度は甘いもの好きの母を連れて行ってあげたいなあ。

2011_08030950015

7月末の土曜日、夫の会社のお知り合い主催のバーベキューへ。

あいにく、雨もちらつく小金井公園にて・・・:・・でも、アウトドアに慣れた参加者の方が多く、広くタープが張られたもとで、雨に濡れることもなく、快適に楽しめました。

お肉、有頭えびやししゃも、ホタテなどの海鮮、みずみずしい玉ねぎやアスパラ、ほくほくのじゃがいも、お手製のアボガドディップや、その場で焼かれるハーブチキン・・・・・・炭火で焼かれた食べ物って、本当においしい!外でみんなでおしゃべりしながら食べるご飯、最高♪

しまいには、参加者の方が作って持ってくれたオレンジチーズケーキや、その場で削って出されたかき氷、冷たく冷えた桃なども飛び出して、なんとも贅沢なバーベキュー!

家が比較的我が家に近いということで、車で送迎してくれた夫の同僚のSさん夫婦の4歳いになるムスメちゃん、サキちゃん。

会ったのは二回目だったけれど、今回、すっごく懐いてくれて、最後のほうは、ずうっと私のあとをついて回って、手を握ったり、ぺったりくっついていてくれたり、私が持っている荷物を代りに持ってくれたりした。可愛すぎるよー!きゅんきゅん!!

酔っ払ってはじけまくり、子供以上のしつこさを発揮して、誰にもとめられなくなってしまったうちの夫の面倒も、サキちゃんはよくみてくれました・・・・・・。

今度、サキちゃん連れてSさんの奥さんがうちに遊びに来てくれると言っていたそうなので、すごく楽しみ♪

*****   *****   *****   *****

夏を中心にして一年を送っている私は、夏にがっつり遊ぶことで、その後の一年を頑張るパワーを蓄えている。

今年は、状況的にも肉体的にも精神的にも、変動が大きかったから、いつものようには過ごせないかも・・・・・・とも思っていたけれど、夏というパワフルな季節は、今年もたくさんのエネルギーを私にくれた。

暑さは相変わらずなものの、暦の上では夏の終りが少しずつ見え始めたこの頃だけれど、思い残すことがないくらい、たくさん想い出ができました。

夏ばてしないように、身体を整えながら、まだ今はここにある「夏」を慈しみながら・・・・・・、でも、少しだけ、少しずつ、やがてくる「秋」にも思いを配り始めながら・・・・・・。

8月後半も、毎日たくさんのことに感謝して、楽しんで暮らしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「NECT」IN 大さんばしホール

先月末、盟友のチョノくんとタナーくんがつくっているデザインユニット、『NECT』が参加するイベントに遊びに、横浜までお出かけしました。

2011_08030950008

途中、品川駅で寄り道。駅構内に新しく出来たエキュートを視察・・・・・・。

おいしそうなご飯屋さんや、お菓子屋さんがいっぱい!

バームクーヘン専門店の「ねんりんや」発見!気になっていたおひとりさま用バームツリーが売られていました。NECTへの差し入れ分と、自宅分、即購入。アメリカンドックみたいで、見た目もかわいい♪

再び電車に乗って、関内駅下車。港町の風情残る横浜の街を歩くことしばし・・・・・・今回のイベント会場、「大さんばしホール」がある大さんばしが見えてきました。

と、ここで一気にテンションアップ!

2011_07300951892

『飛鳥』だ!!

2011_07300951901

日本最大の豪華客船、『飛鳥Ⅱ』が、ちょうど寄港中。

2011_07300951908

それにしても大きいな~!カメラに収まりきらない。

おじいちゃんおばあちゃんになって、たっぷりの時間が手に入ったら、こんな船でのんびり世界一周旅行してみたいなあ。宝くじでも当たらないと無理だけど!!

2011_07300951915

さんばしの突端に、洞窟のように作られたホール。

2011_07300951921 

大さんばしの突端にある大さんばしホールで行われていたアートイベント。

カラフルなTシャツたちが目を引く『NECT』のブース。

2011_07300951929

この夏はセールやらなにやらで、たくさんお洋服を買ってしまっていたので・・・・・・今回はお買い物はガマン!と決めていました。

でも、チョノくんデザインのこのツリーのプリントTシャツ、欲しくてちょっと揺れちゃった・・・・・・。   

2011_07300951937

この日、前回のデザインフェスタで買ったチョノくんデザインのTシャツを私は着ていきました。

手書きタッチのボーダーを背景に、鮮やかなピンクフラミンゴたちが踊る、夏にぴったりな楽しいプリントTシャツ。

プリントのオリジナリティーもさることながら、ビックシルエットと肩を包む袖丈が今年らしくて、てろんとした素材の落ち感が大人っぽい。ボディーのシルエットの美しさも、NECTのTシャツの大きな魅力!バックネックに取り外しのできるグログランリボンのポイントがついていたりと、ディティールのこだわりもうれしい♪

チョノくん、タナーくん、それぞれ普段の仕事をこなしたうえで、NECTの活動を行い、さらにその他の製作活動にまでいそしんでいるスーパーマンぶり!

若さはじける専門学校時代ならともかく、大人として社会人生活を営みながら、そのエネルギーと情熱を保つのは、並大抵のことではない。

彼らが作る作品にはもちろん、そんな製作と暮らしの姿勢に、とてもとてもたくさんの刺激をもらえるのです。

しょっちゅう会えるわけではないけれど、そういう友人が周りにいてくれること・・・・・・すごーく、幸せなことだと思う!

NECTでは、通信販売も行っています。HPから購入できるそうなので、気になった方は、ぜひご覧になってください。これからやってくる秋、カーディガンやジャケットのインに着ても、ポイントになってくれること間違いなしの、キュートでパンチのあるTシャツばかりです!

NECT   http://nect.main.jp/

2011_07300951942_2

2011_07300951963

今まで気になってはいたものの、今回初めて訪れた大さんばし。

『くじらの背中』という、なんとも愛らしいニックネームがつけられた広い広い桟橋は、一面ウッドッデッキで、スロープや階段などの起伏にとんでいて・・・・・・まるでこの場所自体が、大きなアート作品のような・・・・・・なんとも不思議で楽しい場所。

そして、さんばしの突端からは、横浜の海と湾がぐるりと見渡せて、ランドマークタワー、大観覧車、赤レンガ倉庫、ベイブリッジ、マリンタワーなど、横浜を代表する建造物を一度に眺めることができる。

夫も私も、すっかり気に入ってしまいました。

ここは、夕暮れ時や夜に訪れても、きっととても素敵な場所だろうなあ。人の姿もまばらなので、  デートにはぴったりかも♪

2011_07300951969

大さんばしの界隈には、古い港の倉庫などの建物をリノベーションしたようなかわいいお店も点在しています。

赤レンガ倉庫まで続く海沿いの道は、気持ちの良いお散歩道。

今回の横浜訪問には、NECTの展示のほかに、もう一つ目的があって・・・・・・赤レンガ倉庫内の某店で、美味しいとたいそう評判の、パンケーキを食べること!

・・・・・・が、お店に行ってみたところ、最短でも入店できるのは2時間後だと・・・・・・。

おやつを堪能するためにと、お腹も空かせてしまっていたし、どちらにせよ、そんなに待つなんてもちろん無理!!・・・・・ということで、潔くあきらめ、リベンジを誓いつつ、ランドマークタワーへ移動。

2011_07300951975

ランドマークタワー内のカフェで代りにケーキを・・・・・・(^^)

「写真撮るからちょっと待ってね!」という私の言葉に、食べたい気持ちをぐっとこらえ、ケーキを見つめる夫(笑)。

2011_07300951973

夫はイチゴのパイ、私はダークチェリーとショコラティークリームのタルトをチョイス。

今までフレッシュフルーツや、チーズを使ったどちらかというとさっぱりしたスウィーツが好きだった私・・・・・・最近、 アイスでもケーキでも、チョコレートをふんだんに使った濃厚なタイプが大好きに・・・・・・。今まであまりそういうタイプのスウィーツを食べてこなかったから、食べるたびに新しい味の発見があって楽しいんだけれど・・・・・・、体重計は怖い(笑)!

それにしても、やっぱり横浜は素敵な街。大好き!

横浜トリエンナーレも始まったし、パンケーキのリベンジもしなきゃだし、近いうちにまた行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアリーフラワーワンピース

ここしばらく、涼しい日が続いていたけれど・・・・・・今日は青空と強い日差しがよみがえって・・・・・・夏真っ盛り!

そんな夏のパワーにも負けない、輝くフラワープリントのワンピースを、先日京都の「OVAL」さまに納品しました。

2011_08030950019

イギリスの名作ドラマ「名探偵ポアロ」シリーズの、クラシカルで華やかな世界観をベースに、『淑女達の地中海バカンス』 をテーマに展開しているHongou’s Factory2011春夏コレクション。

バカンスシーンにぴったりな、あでやかなシルクコットンのフラワープリントを使用したノスタルジックなシルエットの軽やかなワンピース。

2011_08030950021

風に揺れるラッフルスリーブ・・・・・・。

2011_08030950020

プリントシルクコットン、フラワーレースモチーフ、リネンブレード、コットンレース、アラビアン風の唐草模様刺繍入りコットン・・・・・・たくさんの文化の交錯点である地中海諸国をイメージして・・・・・・様々な質感の素材をミックス。

ウェッジソールサンダルやストローバッグを合わせて思い切り夏らしく・・・・・

バレーシューズやパールのアクセサリーを合わせて目一杯ロマンティックに・・・・・・

夏の想い出のお供に、いろいろなところに着て出かけて頂けたら・・・・・・(^^)

今週末からお盆休みに突入している方も多いかと思います。

京都にお出かけの際は、『OVAL』さまにお立ち寄りになって、ぜひこちらのワンピースもご覧下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

35。そしてディズニシーの夜

昨日、誕生日を迎えました。

35歳。

アラサー世代を卒業して、アラフォー世代に突入です・・・・・・。

そんな記念すべき(?)誕生日のお祝いにと、昨夜は夫が東京ディズニーシーに連れて行ってくれました。

*****   *****   *****   *****

Photo

夫の会社の福利厚生制度と、夕方5時から入園できる『夏5パスポート』制度の併用で、かなりお得に入園・・・・・・。

入り口のゲートをくぐってプロメテウス火山が見えてくると、一気にテンションアップ!

今回、一つ決めてきたことがあって・・・・・・「ミニーちゃんの耳をつけて遊ぶ」!

ディズニーランドやシーを訪れるたび、ちょっとつけてみたいな・・・・・・と思いつつも、気恥ずかしくてトライできずにいたけれど・・・・・・今日はなにしろ誕生日!無礼講!・・・・・・ということで、すぐに購入。

鏡の前でつけてみると・・・・・・さらにテンションが上がった!もう、アラフォーだけどね~・・・・・・いいんだ!その歳らしさを大切に味わいつつ、年齢にしばられないで生きることは、これからの目標の一つだもの。

Photo_2

予報ではお天気があまりよくないと言われていたけれど、青空も広がって、海風は涼しくて、絶好のディズニーシー日和。

Photo_3

メディテレーニアンハーバーの船着場から蒸気船に乗って、パークの奥まで移動。

風がとても心地いい。

船から見たミラコスタホテル。いつか泊まってみたいな。夢の一つ。

Photo_4

Photo_6

ロストリバーデルタの船着場で下船して、マーメイドラグーンへ。

幻想的で楽しさあふれるカラフルなカラーリングが好き!

夫の勧めで、『リトルマーメイド』のアリエルが主役のミュージカル、『アンダー・ザ・シー』を初めて観ました。

楽しかった!!!

ミュージカル見せてくれるシアターの、海に沈んだ難破船の中を模した入り口や、魚影が壁に踊る待合室などだけでもわくわくさせてくれるし、アクロバティックなミュージカルショーには、うっとり、そしてドキドキ!!!

また観たい!

Photo_7

ミュージカルを観終えて、興奮さめやらぬまま外に出ると、日が沈みかけた美しいトワイライトタイム。

夕陽とライトアップの両方に照らされたマーメイドラグーン。桃色に染まってきれい。

Photo_8 

対岸に見えるアラビアンコーストにも灯火が灯り始めて・・・・・・湾に面したベンチには、カップル達が腰掛けて、景色に見惚れている。ロマンティックな夕暮れ。

Photo_9

Photo_10

すっかり暗くなった頃、ロストリバーデルタにこの春オープンした『ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル』へ。

遺跡の発掘現場を模したここでは、発掘員のミッキー、ミニー、グーフィーのそれぞれに会って、一緒に記念写真を撮ってもらうことができます。

ミッキーに会う!それが今回のシー訪問のメインテーマ。

Photo_11

ばっちり撮ってもらいました♪サインもしてもらったし、お願い事も一つ叶えてもらった!

大満足!

Photo_12

目的を達成してひとごこちついた後は、アラビアンコーストをのんびりお散歩。

夜のアラビアンコーストを歩いたのははじめて。そこここの照明が凝っていて、エキゾチック。

Photo_13

メリーゴーランドが大好きな私。久々に乗りました。『キャラバンカルーセル』。

ジーニー好きの夫は、迷わずジーニーのところへまっしぐら・・・・・・。なんだか似合うツーショット。

Photo_14      

カルーセルの馬上からの景色も綺麗だけれど、ライトアップされたカルーセルの外観もすてき。瑠璃色のドーム屋根が輝いて美しい。

Photo_15

ミステリアスアイランドを通り抜ける・・・・・・。

火山の向こうのメディテレーニアンハーバーで行われている水上ショー、『ファンタズミック!』の演出に使われているレーザーや煙幕がこちらにも流れてきて、普段でもミステリアスな光景なのが、さらに幻想的なムードに・・・・・・。

今回の目的は、ミッキーに会うことと、パーク内をゆっくりお散歩することだったので、ショーは観なかったけれど、今度来たときは、早くから場所取りをして、のんびりショーを観るのもいいなあ。

Photo_16

楽しかった誕生日の夜の締めくくりは、『ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ』 での夕ご飯。

トレイの上に、ケーキが二つ・・・・・・今日はいいんだ~、なんていったって、誕生日なんだから♪でも、夫とシェアして食べたので、実質は一個しか食べてない!(でも、このあと帰りの舞浜駅前のカフェベーカリーで、ソフトクリームを一つ買って夫と半分こして食べようと思ったら・・・・・・、「縁が少し欠けたアイスクリームコーンしかストックがないので、お詫びに・・・」と、お店の方に、一個分の値段でソフトクリームを二個もらってしまい、結局一人一個ずつ食べてしまった・・・・・・甘いもの、食べすぎかな?と思いつつも、ちょっとうれしいサプライズバースデープレゼントになりました♪)

とても想い出に残るバースデーナイトとなりました。

会社の仕事の一環で、この日の昼間は、生まれて初めてコースに出て、ゴルフをしてきた夫。ショートコースだったとはいえ、陽にさらされての夏のゴルフ、しかも打ちっぱなしにすら行ったことのない超ビギナー(笑)・・・・・・体力気力、相当使ったはず。

そんななかでディズニシーに連れて行ってくれたことがとてもとてもうれしくて、本当に最高のプレゼントだった!ありがとう!!

*****   *****   *****   *****

誕生日を迎えるたび、毎年、過ぎた一年を振り返り、これからの一年について考える。

去年は、自分の困った部分をなおしたり、欠けている部分を少しづつでも埋めていけたらいいなあ・・・と思って・・・・・・。自分なりに工夫して、積極的に動けた年だったと思います。そうして一年過ごした結果、微々たるものではあるかもしれないけれど、我ながら改善できたと思えるところがいろいろとある。

35歳の今年は・・・・・・少しづつでも成長するための努力は続けつつも、少し、流れに身を任せて生きてみようかなあと思っています。

自分から何かを発信して力強く歩いていく・・・・・・というよりも、どっしり落ち着いて、受けとめる力を強くしたい。

自分の周りで起きる出来事や、周囲の人たちの気持ちを、まずはありのまま受けいれる柔らかさがほしい。

「私、頑張る!」とがむしゃらに進むのではなく・・・・・・、少しゆったり構えて、様々なことを柔軟にとらえて、そのなかからいろいろなことを感じ取ったり学んだりできる一年を作れたらいいなあ。

走らないと、身体も心も重くなって鈍る。走り続けていると、(もとより体力気力そんなにないほうだから!)息切れして周りの景色すらちゃんと見えなくなる。走ったり・・・・・・ペースをゆるめて歩いたり・・・・・・時には立ち止まって休憩・・・・・・で、また勢いよく走り出したくなるときがくる・・・・・・繰り返し。

とにかく、私の場合、「その時々の自分の状態」をその都度よく見定めて、日々の中でマイナーチェンジを繰り返しながら試行錯誤して、進む方向やスタンスを決めていくことが大事なんだなあ・・・・・・最近、ようやくそれが解ってきた。

とうとうアラフォー突入だけれどっ、強がりとかじゃなくてっ・・・・・・、歳を重ねることって、悪くないなあと思います。・・・・・・・ほんとに強がりとかじゃなくてね!(笑)

ここから先の5年~10年の心の持ちようや、生き方は、その先の長い人生を決定付けてくる大事な大事なものになるんじゃないかと思う・・・・・・5年後に、すっきりとしたよい笑顔で40代の扉を開けられるように、これからの5年間を、まずはこの1年間を、大事に過ごしていきたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英会話ともだち

先月は、ご無沙汰していた人たちとたくさん会うことが出来た月でした。

蒸し暑かったある平日の夕べ・・・・・・一年ぶりに、ミナさんとご飯を食べに行きました。

*****   *****   *****   *****

2011_07300951865

私と英会話の先生ビクトリアの出会いは、5年ほど前、当時私が住んでいた家の近くのコーヒーショップでのこと。

私は一人でコーヒーを飲んでいて・・・・・・ふと気がつくと、隣の席の二人組みは、白人の中年女性と、私と同世代の日本人女性という、一風変わった組み合わせ。

日本語と英語を織り交ぜて会話する二人の様子に、聴くともなく耳をぼんやり傾けていると、英会話の個人レッスンが行われていることが分かって・・・・・・。

そしてさらに時間が経つうち・・・・・・白人女性の教えぶり、キャラクター、雰囲気に、私は自分でもびっくりするくらい急激に惹かれて行きました。

とっくに空になったコーヒーカップを前にしたまま、じりじりと二人のレッスンが終わるのを待ち、二人が席を立とうとしたとき、

「あの、すみません!私にも英語を教えてください!」

と白人女性に直談判した私。

その時の二人の、目を丸くした顔、今でもはっきり覚えています。

その白人女性がビクトリア、その時レッスンを受けていた日本人女性がミナさん。

その瞬間のことを思い出しては、「日本人はシャイだって言うけれど、ミズエは違うわね」と笑うビクトリア・・・・・・いや、私もシャイなんだけれど・・・・・・あのときの自分の勢いがなんだったのか、自分でもよくわかりません。本能的な勘だったのかも・・・・・・。「この人からはきっと、たくさんのことを学ぶことが出来る!」という。そしてその勘は見事的中。私は以来、ビクトリアから、英会話だけでなく、たくさんのことを学び続けています。

ミナさんと私は、同い年だったこともあり、レッスン場として使っていたコーヒーショップで顔を合わせたり、ビクトリアからお互いに、「ミナが最近ね・・・」とか、「ミズエがこの間・・・」とかエピソードを聞くうち親近感が芽生え、1~2年に一度・・・くらいの、ごくごくたまに・・・だけれど、一緒に食事に行っています。

これも不思議なご縁。

会うと恋愛の話をしたり、仕事の話をしたり、二人とも旅が大好きなので、旅の話をしたり、中学生が担任の先生の噂話ではしゃぐように、ビクトリアのエピソードで盛り上がったり・・・・・・。

英語の勉強についての話はいつも特にはしないのだけれど、ミナさんに会って別れると、不思議と、「よーし!これからも英会話、頑張るぞー!」と、やる気が湧いてくる!

ビクトリアに英会話のスタイルが正反対だと評される私とミナさん。

英文法の基本をきっちり考えられている分、会話をするときになかなか言葉が出ないというミナさん。

失敗もあまり気にせずとにかくよく喋るけれど、文法はめちゃくちゃで中学生レベル(もしくはそれ以下!?)な私。

語学はキャラクターが現れるからおもしろい。お互いのよいところ、見習って、少しづつでも上達していけたらいいねー、と言い合う。

今回食事したお店は、ミナさんおすすめの上野の韓国料理屋「満奈多」さん。お店名物だという塩プルコギがとってもおいしかった!締めのラーメンも美味。コラーゲンもたっぷりで女子にはうれしい♪

このところあんまり夜遊びをしていないから・・・・・・夏の熱気に包まれた夜の上野を歩くのも楽しかった。焼き鳥とビール片手のほろ酔いさんがたくさんの、ガード下の喧騒。夏!って感じ。

ビクトリアの脚が、早く快方に向かうことを強く祈り合って、上野駅でミナさんと別れました。

次に会うのは、また来年の夏かな・・・・・・。

英語の勉強、さぼりたくなったときは、ミナさんのことを思い出して頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の夏の旅行~番外編 旅のおみやげ~

草津・軽井沢旅行から戻り、半月以上が経ちましたが、今あれこれ思い出しても、「あー、楽しかったなあ!」と幸せな気持ちになります。

普段の旅では、あまり自宅用のお土産は買わないのだけれど、今回の旅ではちょこちょことお買い物もしました。

2011_07120952010

草津のガラス工房のワークショップで作ったとんぼ玉。

シンプルでいて、ちょっと可愛らしさもあるものに仕上げたくて、瑠璃色の地に白い水玉模様を散らしてみました。

時間がなかなか取れず、まだアクセサリーに仕立てられずにいるけれど、この夏中にペンダントにして、身につけてお出かけしたい。

2011_07120952002

長野のご当地スーパー、「つるや」さん。

おいしいオリジナル商品がいろいろあるときいたので、ちょっとのぞいてきました。

人気だというオリジナル生ドレッシングをお土産に・・・・・・。

バジル&レモン。さっぱりしたおいしさで夏の身体にうれしい。海草サラダなどに相性ぴったり!

2011_07120951993

旧軽銀座のはちみつ専門店にて購入。

軽井沢で採れた、あかしやのはちみつ。

濃厚かつ後味さっぱり、スタンダードなおいしさ。

パンケーキにかけたり、ピーナツバタートーストに少し垂らしたり、フルーツと混ぜたプレーンヨーグルトやミルクに入れたり・・・・・・、朝食に大活躍!

朝ご飯に優しい甘さのものがあると、うれしいし、なんだか元気も出てくる。

お料理のコク出しや、照り出しに使ったりもして、あっという間に食べ切っちゃいました。

2011_07120952005

実家や、お隣のおうちの奥様へのお土産を選んだお店で、あまりにも綺麗で、ついつい自分達用のものも選んでしまったゼリー。

フルーツの色を生かしたフレッシュで鮮やかな配色が目にもおいしい。

賞味期限が長いので・・・・・・なんだかもったいなくて、まだ食べられずにいます。

かんかんに暑い日のおやつに頂きたい。

2011_07120951999

「Coruri」さんの小さなお菓子たち。

『コルリのきほん』と名付けられた重なって袋に入ったサブレは、愛らしい小鳥の形をしています。

おうちで作るお菓子さながらに、とてもシンプルな材料で愛情込めて作られたお菓子は、どれも食べると優しい気持ちになれる味。

お取り寄せもできるそうなので、興味ある方はHPを検索して見て下さい。『おめかしパウンド』という、可愛らしい形のビスケットでデコレートされたパウンドケーキがとても可愛らしくて、私も何かの折に、ぜひ取り寄せてみたい!と思っています(^^)

2011_07120952001

ハルニエテラス内の、木工製品を並べたお店で一目惚れしたト音記号の形の木製ブローチ。

ピアスやネックレスなどはつけずに、ぽんっとこれ一つ、襟元につけるのがかわいい♪

見る度に軽井沢の森の心地よさを思い出すような素朴なアクセサリー。気に入っています。

*****   *****   *****   *****

この草津・軽井沢旅行が今年最後の旅になると思っていたのだけれど・・・・・・

夫の会社の伊豆の保養所に宿泊申請したところ、希望が通って、夫の夏休み中に伊豆へ旅に行けることに!またわくわくわくわくしています。

でも、今度の旅ではあれこれ欲張らず・・・・・・、のんびり過ごすつもり・・・・・・。

マイ・バースデー・マンス、一年で一番好きな月!8月がスタートしました。

行きたいところたくさん!会いたい人たくさん!やりたいことたくさん!やらなきゃいけないこともたくさーーーん・・・・・・

はりきって行こう! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »