« カーネーション | トップページ | 伊豆旅行~二日目・陶芸体験と最高の露天風呂~ »

伊豆旅行~一日目・青い青い海との1日~

よく晴れた朝。青空!

空の青さは少し淡くて、セミの鳴き声がかしましくても、やはり秋が近づいてきていることを感じます。

夏の気配を感じられるうちに、今年の夏の想い出を、少しづつ記録しておきたいと思います。

*****   *****   *****   *****

夫のお盆休み。伊豆への旅・・・・・・。

先月の草津・軽井沢旅行が、出産前の最後の旅になると思っていました。だから、想い出がいっぱい欲しくて、いろいろ欲張って、様々なものを観て、たくさん歩いて、おいしいものいっぱい食べて・・・・・妊婦旅らしからぬアグレッシブな旅を満喫♪大満足で旅を終えたわけなのですが・・・・・・。

その後、夫が会社の伊豆の保養所に宿泊申請を試しに出してみたところ、申請が通った!

その保養所は、私の大好きな伊豆高原の山、大室山のふもとにあり、格安で宿泊することができます。

ということで・・・・・・この夏二度目の旅行が決定。伊豆・二泊三日の旅。私が妊娠後期に入っていることもあり、今回の旅のコンセプトは、海辺や緑のなかで、とにかくのんびり、リラックスして過ごすこと・・・・・・。

旅出発前夜は夫とともに私の実家に宿泊。実家の車を借りて翌朝出発。

ハイシーズンということもあり、渋滞が懸念されたけれど、心配をよそに道路の混雑は一切なく、快晴のもと、伊豆まで快適なドライブ♪

お昼前には伊豆高原に到着。

最初の目的地は、伊豆高原が誇る景勝地、城ヶ崎。

2011_08110952397

2011_08110952404

2011_08110952372

2011_08110952394

切り立った海岸線の岩肌と、海の青さの対比が野生的で美しい城ヶ崎。

私は今までに、家族や友人達と何度か訪れたこともある大好きな場所なのですが、今回、海の美しさにとにかくびっくり!

こんなに綺麗だった!?   

雲ひとつない空の青さを映した紺碧色、吊り橋から下をのぞくと、はるか下の海面は透き通って、底すら見えそうなほど・・・・・・。

崖のように切り立つ岩場には、ところどころ柵があるだけ。個人の責任のもと、岩に登ったり下ったり、崖端まで行って、遠い足元にうちつける波しぶきを眺めることもできます。

こういう場所に来たとき、私は本来あちこちよじ登ったり乗り越えたり、お転婆なほうだけれど、今回はなにぶん大きなお腹を抱えているので・・・・・・、おしとやかに、いろいろな場所の岩場にわくわくとトライする夫を微笑ましく眺めておりました。

果敢に岩先に立つ、小学生くらいのお兄ちゃんに向かって、「お兄ちゃん!やめてよ!落ちちゃうよ、あぶないよ!!」と半べそで叫び続ける幼稚園児くらいの妹ちゃんの必死な様子を眺めていたら、子供の頃、幼なじみたちと母親たちとの伊豆旅行でこの場所を訪れたときのことを思い出した。

はしゃいで岩場を散策する私とふっことあやちゃんの背中にむかって、極度の高所恐怖症のめぐちゃんが、同じように叫んでいたっけ・・・・・・。

この日はとにかく良く晴れていて、日差しも強く、とろけそうな暑さだったけれど、湿気は少なく、海風が吹くと本当に心地よくて・・・・・・美しい海の景色を堪能した後は、美味しい海の幸を堪能するべく・・・・・・城ヶ崎の駐車場で乗車客待ちをしていたタクシー運転手さんにおすすめのお店をきいて、磯料理のお店へ。

2011_08110952410

いなだのお刺身定食と、伊豆名物金目鯛の煮付け定食を夫とシェア。

金目鯛・・・・・・立派な尾頭付き!

お腹がいっぱいになったあとは、せっかく海自慢の伊豆にやってきたのだから・・・・・・と、海水浴へ。

2011_08110952470

宿からも程近い、こじんまりとした可愛らしいビーチ、いるか浜。

2011_08110952453

2011_08110952426 

2011_08110952418

・・・・・・ま海水浴とはいっても、私はぽこんとふくらんだお腹ゆえ、手持ちの水着も着られないし、お腹の中におチビを抱えて海で泳ぐことにも少し不安があって・・・・・・泳ぐ夫を激写したり、 浜辺を散歩したり、かき氷を食べたり、脚だけ水につかってみたり・・・・・・。

2011_08110952433

2011_08110952432   

この浜、とにもかくにも水がきれい!ものすごい透明度!!砂利砂の海底も足裏に心地よい感触で楽しくて。

海面に降り注ぐ日差しが作る光の編み模様が、海底にうつってゆらゆら揺れて・・・・・・眺め飽きない美しさ。

脚をつけているだけでも、海のエネルギーをぐんぐん吸収。水に触れているところから、身体の中の毒素がどんどん抜けて行って、代わりにパワーが芽生えてくる。

やっぱり私、海が好きだなーーー!!!

2011_08110952460

あまりにもきれいで素敵なビーチだったから、本心をいえば、やっぱり脚だけでなく、ざぶんと頭の先まで水につかってのびのび泳ぎたかったけれどっ・・・・・・。

それはまた、おチビさんが出てきてからのお楽しみ・・・・・・♪

波も少なく、ムードも落ち着いたビーチなので、ファミリーが多くて。波打ち際でお父さんやお母さんに抱えられて、うれしそうにちゃぷちゃぷ水浴びしている赤ちゃんの姿もちらほら。

うちのおチビさんは、海、好きになってくれるかな?・・・・・・夫と私のところに来てくれた子だもの、 絶対、海好きなはず(*^^*!!

このビーチにも、いつか連れて来てあげたいな。

一時間ほど、ビーチで過ごして・・・・・・本当はまだまだずっとここにいたかったけれど、じりじり照りつける日差しに頭をやかれて、ちょっとふらふらしてきたので、後ろ髪ひかれながら、「また絶対、来ようね!」と夫と誓い合ってビーチをあとに・・・・・・。

2011_08110952478

保養所にチェックインする前に立ち寄った道の駅のような物販所でおやつ♪

旅の間は、やっぱり毎日一つはソフトクリームを食べないとね!

伊豆の名産柑橘、ニューサマーを使ったニューサマーソフト。ニューサマーの甘酸っぱいジャムが添えられていて、ソフトと一緒に食べると味わいさわやか。

日が傾きかけた頃、今日の宿泊場所である保養所へ。

会社の保養所を利用するのは、今回がはじめて。

夕食と朝食付きで、二人で二泊しても合わせて1万円で充分なおつりが返ってくるほどの低宿泊料金。築30年ほどたつときくし・・・・・・正直、夫も私も、食事内容や、宿の快適さには全く期待はしていませんでした。

伊豆の宿の宿泊料金が高騰するお盆時期、その値段で泊まれるなら、屋根があって、お布団があって、眠れたらそれだけでいいよね!・・・・・・くらいの気持ちだったのですが・・・・・・行ってみてびっくり!

大室山ののどかで美しい丸い山の稜線が間近で眺められる絶好の立地。うちっぱなしのコンクリートと、落ち着きのある木材を組み合わせてデザインされたモダンかつあたたかみのある建物。迎えてくれた管理人の方はとても感じがよく、館内は隅々までお掃除が完璧に行き届いていて、どこもぴっかぴか。

2011_08110952486

部屋は広々としていて、畳やふすまなども真新しい様子で、なんとも気持ちがよい。部屋の大きな窓からは手入れの行き届いたきれいなお庭が見渡せ、さらにその彼方には夕暮れの日差しに輝く海も見える。(写真はお部屋の窓からの眺め)

そしてうれしいことに、お風呂は温泉!石造りの浴槽と、木の天井という造りがおしゃれな浴場。大きな窓の外は一面豊かな緑。充分な広さの湯船にたっぷりのお湯。この日の保養所の利用者は、我が家と、夫と同じオフィスの違う部署で働く女性とその旦那様、娘さんの3人家族二組だけだったため、その開放感いっぱいのお風呂がなんと、貸切状態♪

贅沢すぎる!

夕食前にお風呂を頂いて、さっぱりした身体で部屋の窓辺の椅子に座り、きれいなお庭を眺め、ひぐらしのなく声をきいていたら・・・・・・、まるで自分の別荘で過ごしているような、なんともくつろいだ気分になってきました・・・・・・あー、幸せ♪

お食事は、夕食は6時から、朝食は8時からと決められています。おかずの品数が多くて、これまたびっくり!手づくりの優しい味がうれしい。

お腹いっぱいご飯を頂いて、部屋で今日の出来事を振り返ったり、明日の予定を相談したりしながら、まったりころころしていると、一日たっぷり夏の日差しと潮風を浴びていたこともあってか、10時頃にはすっかり眠くなってしまいました。

心地よい疲れとともに布団に潜り込み、ぐっすり眠って、とっても楽しみにしている予定のある翌日にそなえます・・・・・・。

(つづく)

|

« カーネーション | トップページ | 伊豆旅行~二日目・陶芸体験と最高の露天風呂~ »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆旅行~一日目・青い青い海との1日~:

« カーネーション | トップページ | 伊豆旅行~二日目・陶芸体験と最高の露天風呂~ »