« 伊豆旅行~二日目・陶芸体験と最高の露天風呂~ | トップページ | 半年 »

伊豆旅行~3日目・緑のお山と名工の技~

伊豆旅行、最終日。

今日もピーカン!

朝ご飯を頂いて、すぐにお世話になった保養所をチェックアウト、朝一番で大室山へ!

リフトに乗って一気に山頂へ・・・・・・♪わくわく!

2011_08110952543

大室山は、縄文時代に火山活動を行っていたとみられる火山。

山頂には、直径300メートル、周囲一キロ、深さ70メートルの大きな噴火口跡があります。

2011_08110952558

噴火口の底は、なぜかアーチェリー場に・・・・・・。

大室山に登ったら、火口の周りをぐるりと周回する「お鉢巡り」ははずせません。

2011_08110952568

この日は朝9時にはすでに30度を超えるほどの猛暑。

でも空は青く澄み渡って、景色は最高!張り切って「お鉢巡り」、スタート!

2011_08110952569

2011_08110952587

2011_08110952599

一周、30分ほどをかけて山頂をぐるり、歩く。

陽をさえぎる樹一本生えていない山の上、とにかく暑い、暑い!

でも、360度のパノラマの素晴らしさ、開放感は、なににも代えがたい。

富士山の祭神、木花咲耶姫の姉姫である磐長姫命をお祭りしている大室山。安産のご利益もあるとのこと・・・・・おチビが元気一杯に生まれてこられるよう、お祈りも・・・・・・。

2011_08110952564

大室山は、私の母の大好きな場所。

今まで、母と一緒に何度か訪れたことがあったけれど・・・・・・。大室山は樹木のない草山で、一年に一回、毎年二月に全山の山焼きが行われています。山焼きされた後は、草の新芽が出ずる季節までは、山全体が趣きある灰褐色になる。その、山焼き後の季節にしか、私は大室山に登ったことがありませんでした。

だから、この緑の大室山は初体験!

山焼き後の渋い山の色合いも風情があってとても素敵なのだけれど、盛夏のこの緑のお山の初々しく瑞々しい美しさも本当に素敵。ますますこのお山が好きになってしまいました。

2011_08110952608

雄大に広がる景色を見下ろしながらの帰りのリフト・・・・・・。

一生懸命歩いて火照った頬に、風が心地いい。

大室山を下山した後は、伊豆半島を横断して、西伊豆へ・・・・・・緑あふれるきれいな村をいくつも通り抜けながらの、快適なドライブ。

当初の予定では、堂ヶ島で、洞窟を巡るクルーズツアーに参加するつもりだったのだけれど、念のためクルーズ会社さんに電話してみたところ、この日は高波のため、全ツアー欠航とのこと・・・・・・残念!でも、自然が相手のこと、しかたない。次の伊豆訪問の楽しみにとっておくことにして、目的地を堂ヶ島すぐそばの町、松崎に変更。

漆喰芸術の名人として名高い、入江長八の作品を収めた長八美術館へ・・・・・・。

町へ到着したのがお昼時だったので、美術館入館前に、美術館前の磯料理屋さんでお昼ご飯。

夫は海草が練りこまれた風味あるおそばを注文。そして、私が頼んだ天ぷら定食、1500円・・・・・・出てきた天ぷらのボリュームに、夫とともに絶句!

アジなどのお魚の天ぷら数尾、サザエの天ぷら、野菜のおっきなかき揚げ二つ、こぶし大の明日葉のかき揚げ三つ程、極め付きは羽根を広げた飛び魚の丸揚げ・・・・・・!

これに釜飯を炊くときに使うような小さな鉄釜で一つぶんずつ炊き上げたご飯、お味噌汁、サラダ、煮付けの小鉢、浅漬けきゅうりが山盛りついて、さらに伊豆名産のところてんを使った、様々な味付けの自家製ところてんが食べ放題・・・・・・。ちょっとサービスしてくれすぎじゃない!?

初めて食べた飛び魚の天ぷら。さくりと揚がっていて、身はふわふわで上品な旨みたっぷり、羽はカリカリ香ばしくて骨煎餅みたい。おいしかった!

2011_08110952611

夫にもたくさん手伝ってもらって、おいしく完食。

充分すぎるほどに腹ごしらえがすんだところで、「伊豆の長八美術館」へ。

2011_08110952617

2011_08110952614

なまこ壁がモダンに取り入れられた印象的な造りの美術館エントランス。

『伊豆の長八は江戸の左官として前後に比類ない名人だった』と、かの高村光雲に言わしめた名工、入江長八の描いた画や、手がけた漆喰鏝絵が収められた美術館。

子供の頃にも一度来たことがあるのだけれど・・・・・・その時は、彼の作る竜や、人物を描いた作品がいかめしく重厚に見えました。

今回再訪してみて、改めて作品をみてみると・・・・・・なんだか愛嬌がある(^^)

画面を作り上げている技術は精巧で素晴らしいのだけれど、作風は決して気取っていなくて、どんなモチーフにも活き活きと血が通っていて・・・・・・みんなどこか可愛らしい。

静かな館内でのんびり作品を眺めて、楽しい気持ちになって、美術館を出ました。

2011_08110952620 

美術館の前で、この旅最後の記念写真・・・・・・。

このあとは、細い細いくねくねの山道を延々走り抜け、修善寺を抜け、帰宅の途に・・・・・・。高速道路で、30キロ超えの事故渋滞にはまり、私はうつらうつら眠らせてもらったりしていたのでともかくも、ずっと運転をしてくれていた夫はとても大変だったと思う・・・・・・無事に、川崎の私の実家に到着。

毎日とても暑かったし、少しくたびれもしたけれど・・・・・・楽しかった~!!

保養所を申し込んでくれて、運転を担当してくれて、今回の旅に連れ出してくれた夫に、本当に感謝!

そして、お腹の中のおチビさんにも大感謝!妊娠後期に入っているのに旅行に安心して行けたのも、おチビが元気でいてくれるからこそ・・・・・・。

出産後は、しばらくお預けになるであろう夫との二人旅・・・・・・でも、お腹の中ではおチビが始終動いていて、その胎動を感じながらの旅は、三人旅のようでもあって・・・・・・産前最後の旅は、とても幸せな旅となりました。

そして、伊豆ってやっぱりいいところだなあ!って・・・・・・。家族や友人達と、今まで数え切れないくらい何度も訪れている伊豆。今回の旅で発見した新たな魅力もたくさんあって・・・・・・今度来るときは、おチビと、両家の両親達と、みんなで一緒に、わいわい旅がしたい!

|

« 伊豆旅行~二日目・陶芸体験と最高の露天風呂~ | トップページ | 半年 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆旅行~3日目・緑のお山と名工の技~:

« 伊豆旅行~二日目・陶芸体験と最高の露天風呂~ | トップページ | 半年 »