« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

アフターヌーン ガーデン ワンピース

「毎月来るたびに、どんどん大きくなっていますねえ」

毎月楽しみにしている近所のホールロビーでのミニコンサート。毎回司会を務めている男性スタッフの方が、目を細めておチビに笑いかけてくれながら言いました。

おチビ生後三ヶ月の頃から、ほぼ毎月足を運んでいる、一時間の無料のミニコンサート。

はじめてコンサートを訪れたときは、お人形のようにまだ表情もなく、私に抱かれるがままだったおチビが、今では、ガラスが震えるほどの見事な高音のソプラノ歌手さんの歌声に目を丸くしたり、美しいピアノの和音にほわわわ~と表情を輝かせたり、曲間の観客の拍手をきいてきゃっきゃと笑って手足をばたつかせたり・・・・・・、おチビなりに楽しんでいる様子・・・・・・。

コンサート後に、同じく訪れている他の赤ちゃん連れのママさんたちと、おしゃべりできるのもうれしいオマケ。赤ちゃん同士も、手を伸ばしあって、笑い合って、うれしそう。

プロの演奏をおチビにきかせてあげられる機会なんて、そうはそうないから(しかも無料で!)・・・・・・、もともとはおチビのために足を運んだコンサートだけれど、私にとっても、とっても大切な時間になっています。

製作する上で、インプットすることは、とても大切なこと。本を読んだり、旅をしたり、美人に会ったり、映画や絵画を観たり、おいしいものを食べたり、音楽に耳を澄ませたり・・・・・・様々なものに触れて、刺激を受けて、感動して、そうやって心にたくわえたものがデザインのアイディアを生み出したり、製作のエネルギーになってくれる。おチビの柔らかいからだを抱きしめつつ、美しい歌声やピアノの音色に心をゆだねる一時間は、たくさんのインスピレーションを与えてくれる、Hongou's Factoryのクリエイションにとっても大切な時間・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

以下、製作したワンピースに関する記事になりますが、納品後、使用しているプリント生地が商品化、販売が禁止されているものだとの御指摘を受け、返送していただくことになりました。生地購入時に、商品化販売禁止について書かれたタグ等がなく、生地本体にも記載がなかったため、使用可能だと判断しましたが、テキスタイルデザイナーの方、および生地発売元の会社のHPにて、禁止だということがわかりました。

以後、著作性の高いと思われる素材を扱うときには、今まで以上に注意していかなければならないと反省しています。

以上のことにより、このワンピースは私の手元に戻ることになりましたが、記事自体は、製作の記録としてこのまま残しておきたいと思います。

今回のことによりご迷惑をおかけした関係者の方に、この場にて改めてお詫び申し上げます。(8月2日 追記)

2012_07170950475

先週、京都のOVAL様に納品した一着・・・・・・。

夏の真昼の強い日差しにはえる、白い花ばかりを集めた小さなお庭。木漏れ日輝き、花影が揺れる情景をイメージしてデザインした「アフターヌーン ガーデン ワンピース」。

大小のドット柄のリネンジャガードと、の花柄テキスタイルを組み合わせた爽やかな一着。

2012_07170950489

両サイドのスカート裾に、細いリボンをあしらって・・・・・・。リボンの先には、パンジーのレースモチーフ。歩くたび、風吹くたび、ゆらゆら・・・・・・。

2012_07170950473

バックネックには、ティアドロップ形のあき。そのそばでは小鳥の恋人たちが愛を語らっています。

2012_07170950471

Hongou’s Factoryの定番ディティール、花びらスリーブが、ひらりと上腕を包み込み、肩の丸みが間からのぞいて、女性らしさを際立たせます。 

2012_07170950478

付属のレースコサージュ。様々なニュアンスの白いフワラーレースモチーフを幾重にも重ねて作りました。そこで羽根を休める一羽のちょうちょ・・・・・・。

2012_07170950469_2

こぶし大の大きなコサージュは、つける場所によって雰囲気様々。カゴバックやハット、カーディガンの胸元などに飾っても可愛い。

愛らしいムードの一着だけれど、スッキリしたシルエットと、艶感のあるリネンジャガードによって、大人の可愛らしさ・・・・・・大人の女性にこそ、楽しんで着て頂きたい一着に仕上げました。

OVAL店長の武内さんのブログで、こちらのワンピースを使った素敵なコーディネートを紹介していただいています・・・・・・。

http://ameblo.jp/ov-l/entry-11308073241.html?frm_src=thumb_module

7月も後半に入り、いよいよ夏本番!私の一番好きな季節の到来!

だけれど、製作に使う部分の頭は、そろそろ秋モードに切り替えて・・・・・・ゆっくり秋冬のデザインを練っている今日この頃・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんの一瞬・・・・・・

ある休日の午後・・・・・・夫とおチビ、仲良くお昼寝・・・・・・。

2012_07120950243

微笑ましくて・・・・・・こそっと写真を撮ると・・・・・・シャッターの音に、おチビがビクッ・・・・・・。

2012_07120950245

う~~~ん・・・・・・もぞもぞ・・・・・・

2012_07120950247

ごろり・・・・・・

2012_07120950249

ごろんごろん・・・・・・

2012_07120950251

おチビさん、フレームアウト・・・・・・よだれのシミをシーツに残して・・・・・・。

ほんの一瞬の出来事・・・・・・。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花を連れてお散歩~マルイケハウス~

夫とおチビはおでかけ中の三連休最終日の午後・・・・・・パソコンに向かいながら窓の外を見上げると、空はピーカン!目が痛くなるほどの青。

梅雨の中休み?この青さは、もう夏空の色だな・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

mainちゃんの結婚式と、おチビ連れての初旅行の感動さめやらぬ先月末のとある週末、夫とおチビと近所をのんびりお散歩・・・・・・。

始まりは、この一枚の写真から・・・・・・。

2012_07020951902

花の中で、紫陽花が一番好きかも・・・・・・と思う今日この頃。繊細で、でも艶やかで、晴れた日に見ても、雨の日に見ても、それぞれの美しさがあって・・・・・・今住んでいる街は、紫陽花をお庭に植えているお宅が多いので、梅雨時にお散歩すると、あちらこちらで目を楽しませてもらえます。

紫陽花らしい、濃い青紫の鮮やかな色が美しい見事な大輪の花に目を奪われて、夫と、綺麗だねえ!と言い合い、写真を撮っていたら・・・・・・その様子を少しはなれたところから見ていたそこのお宅のおじいちゃまが、「どうぞ、よかったら、お好きなところをお好きなだけ、もっていらっしゃってください」と言ってくださって・・・・・・。

いえいえ、そんな!眺めさせて頂くだけで満足なので・・・こんなに綺麗に咲いているのに、切ってしまうのもかわいそうですし・・・・・・とお断りしたのですが、「いいですから、いいですから、どうぞどうぞ!」と、花切りバサミまで持ってきてくださったので、思い切って一輪おねだりして頂きました。

「また、いつでも切って差し上げますからね」と笑顔で見送ってくださったおじいちゃま・・・・・・ありがとうございます!

2012_07020951904

おチビのバギーに下げていた夫のカバンにさして・・・・・・お散歩スタート。

それにしても、これじゃあまるで花泥棒みたい・・・・・・!?実際、この日何度も、疑い半分な眼差しで、いろんなおばさまたちに、「そのお花、綺麗ねえ!・・・・・・どうしたの?」と声をかけられました(笑)

2012_07020951913

目的地直前で、おチビは寝入ってしまったので、近くの感じの良いお蕎麦屋さんでまずは腹ごしらえ。

2012_07020951919

ちょうど食べ終えたころ、目をさましたおチビさん。

「あー、よく寝たっ。元気、元気っ!!おとうさん、おかあさん、はやくお外にあそびにいこうよ!」

2012_07020951911

2012_07020951925

2012_07020951945

2012_07020951927

2012_07020951929

2012_07020951941

2012_07020951907_2

この日のお散歩のお目当ては、家から歩いて30分ほどのところにある『マルイケハウス』。

古いアパートを改築して作られたクリエーターズアパートメント。妊娠中、その存在を知り、行きたい行きたいと思いながら、なかなか足を運べず・・・・・・念願の初訪問。

緑いっぱいのエントランス。外壁には、伸びやかに葉模様が描かれ・・・・・・中には、もとは貸し部屋だったお部屋を、クラシックなムードを活かしつつ、思い思いにペイントしたり改築した小さなお店がいろいろ・・・・・・。キュートな作家ものの雑貨を集めたお店、北欧雑貨を扱うお店、このアパートのオーナーである奥様が営むカフェ・・・・・・。

ダブルワーカーの方が多いようで、休日のみオープンしているお店が多いみたい。

どのお店も、オーナーの方の、「これが好き!」という想いがストレートに感じられる品揃えで、見ていて楽しい。お店の方とのおしゃべりも楽しい!

おうちから往復お散歩すると、ちょうどよい運動になる距離だから、ぽっかり予定のあいた休日に、また遊びに行こう。

2012_07020951953_2

暑い日差しのもとでのお散歩で、家に着く頃にはくったりと元気がなくなってしまった紫陽花・・・・・・洗面所にお水を張って放ち、一休みしてもらいましょう。

2012_07020951964

この日の散歩の収穫は、マルイケハウス内の、個性的な文房具が集められた蛍窓舎さんで購入した梱包用のテープ。壁に貼ってお部屋のポイントにしても可愛いだろうな。

2012_07020951957   

紫陽花は、mainちゃんの結婚式でお裾分けしてもらったお花たちと並べて冷蔵庫の上に飾りました。ちなみに、グリーンとブルーのハグしているドール型のソルト&ペッパー入れは、数年前、mainちゃんがヨーロッパ一人旅したときのパリ土産・・・・・・。

冷蔵庫の上なんて、ちょっとかわいそう・・・・・・!?おチビの怪獣化により、安心してお花を飾れる場所がほとんどない最近の我が家なのです・・・・・・。

でも、ここに飾っていると、台所仕事しているときに眺められて・・・・・・お花たちが、お料理する私を見守ってくれているようで・・・・・・咲き続けてくれた2週間ほどのあいだ、ずいぶんと気持ちを和ませてもらいました。

この紫陽花のおかげで、いつものお散歩が、想い出に残るお散歩になりました。

*****   *****   *****   *****

風の心地よい、よく晴れた休日に、家族とのんびりお散歩・・・・・・ささやかな幸せが、どれほどの奇跡のつみかさねでできているのか、忘れずにいよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢 幸福な結婚式と初めての家族旅行 その3

2012_06210950505

親子三人、ぐっすり眠って、小鳥のさえずりに満ちたさわやかな朝・・・・・・。

家ではベビーベッドで眠っているおチビ。思えば親子川の字になって一晩中眠ったのは、これがはじめてかも・・・・・・。

窓の外は一面、木々の緑。

2012_06210950518

熱いシャワーを浴びて、寝起きのぼんやりした頭もすっきり!ドライヤーを探して洗面台の引き出しを開けたら、森の中の宿にぴったりな、こんな愛らしいジュエリーボックスを発見・・・・・・。

2012_06210950510

ルームキーも、とっても可愛らしいのです。

2012_06210950577

私たちが泊まったコテージのテラスからの景色。贅沢な新緑のグラデーション。

2012_06210950523

さあ、朝ご飯を頂きに行こう!

2012_06210950532

2012_06210950550

2012_06210950542

レストランでの朝食。まずはドリンクからスタート。いくつかから選べて、私は信州リンゴのジュース。夫はスパークリングワインをチョイス。朝からスパークリング!セレブみたい!なんて贅沢!

好きなものを好きなだけ選んで食べられる前菜は、色とりどりに窓辺に並べられて・・・・・・。

メインは、熱々焼きたての信州のそば粉を使ったガレット!なにを隠そう、ガレットは夫と私の大好物のひとつ。香ばしいそば生地と、ハムや新鮮な野菜、半熟卵のハーモニーにうっとり・・・・・・。

2012_06210950558

お腹も心もまんぷく。

食後の珈琲は、緑あふれるテラス席でいただくことができます。

2012_06210950573

朝の清々しい空気の中、コテージまで戻る・・・・・・木立の中にたたずむいくつものコテージ。

緑のいっぱいある場所にいると、気持ちがくつろぐのか、いつも寝つきのよいおチビさん・・・・・・道すがらに、バギーの中でこくりこくりと船をこぎはじめ、すやすやと寝入ってしまいました。

2012_06210950580

2012_06210950586

バギーのまま玄関先で朝寝。食休みでベッドにごろりした夫もじきにいびきをかきはじめて・・・・・・。

窓の外からはたくさんの鳥のさえずりと、虫の声。それを包みこむ森の静けさとしっとりとした空気。そんななかでの眠りは、なんて贅沢な眠りなんだろう!

2012_06210950584

二人がぐっすり眠っているあいだ、窓の外の緑に目を癒されながら、私はのんびりティータイム。これもなんとも贅沢なひととき。

12時のチェックアウトの時間ぎりぎりまで部屋でくつろいで、ロビーでkenちゃんとmainちゃん、私たち家族同様、式に招かれ、コテージで一晩過ごした友人たちと、ブレストンコートのすぐお向かいにあるこじんまりとした可愛らしいショッピングモール、ハレルニテラスへ。

木製のグッズを扱うお店や、輸入ファブリックがすてきなお店でウィンドーショッピングしたり、ジェラートを食べたり、思い思いにそぞろ歩き・・・・・・。

2012_06210950592_2

作家ものの雑貨を多く扱うお店で、今回の旅のために車を貸してくれた父に、お土産を買いました。

距離にかまけて、なかなか実家に顔を出せず、お誕生日にも、父の日にも、お祝いらしいことをできずにいたから、少しだけ奮発・・・・・・お酒のための盃コレクターの父のコレクションに加えてもらうべく、私が一目ぼれした高盃を選びました。

爽やかな色で描かれた川の流れとも風の流れともとれる絵柄が涼しげで、夏にお酒を頂くのによさそう!この作家さんの作品は、ちょっとポップな感性を感じる図案や色合いが楽しくて、豆皿などもとってもすてきだった。自分用にもあれこれ買いたかったくらい・・・・・・。同じ作家さんのほかの作品ももっと見てみたくて、HPなどあるかな・・・と、お店の方に作家さんのお名前をお伺いしたけれど、わからなかったみたい・・・・・・むむ、残念。

ひとしきりウィンドーショッピングしたあとは、モール内のちょっとした広場にみんなで集合しておしゃべり。mainちゃんを通して知り合うことができた、たくさんの友人達!

mainちゃんが企画してくれる旅で、10年前に一回一緒になっただけ・・・・・・という子もいたけれど、旅って不思議なパワーを持っているから、一度一緒に旅をしたら、もう「友達」になれる。10年ぶりに会っても、「久しぶり~!!」って笑い合えて、一気に近い気持ちでおしゃべりできた。

総勢20人ばかり、赤ちゃんたち、子供たち、大人たち・・・・・・国籍も服装の雰囲気も年齢も入り混じった、一見何繋がりかさっぱり解らないであろう謎の集団・・・・・・かしましく騒ぎながら集合写真を撮る様子を、周りの人たちが不思議そうに眺めていました。

おチビはいろんな人に抱っこしてもらったり、遊んでもらったりして、とっても楽しそうだった!とりわけ、小学生のハーフの美人姉妹ちゃんに奪い合いされながら抱っこされ、頬ずりされ、可愛がられまくり、うはうはでれでれ・・・・・・(笑)。

2012_06210950610

最終的にこの表情・・・・・・。

「きゃっは~~~!!オイラ、たのしくてうれしくてたまらないや!!」

mainちゃんは昔から、自分が出会って好きになった人と人の間に新しい絆をつくる名人だった。そして自分から相手に何かを与えることが、とても自然にできる人。

私自身、mainちゃんを介して仲良くなれた素敵な子たちがたくさんいるし、彼女からたくさんのものをもらってきた。かけがえのない旅の想い出だったり、心のこもったプレゼントだったり、製作の刺激だったり・・・・・・様々なものを。同じように感じている子が、彼女のまわりにはたくさんいると思う。

だから、mainちゃんの周りにはいつも、あったかい大きな人の輪ができている。

この日も、みんなの一日が思い出深いものになるようにと、近くの体験工房をあれこれと探してくれていた。しまっている工房が多く、最終的にそば打ちの体験ができるお店を見つけ、問い合わせの電話をかけてくれていたmainちゃん。自分の結婚式の翌日に、ゲストのために奔走して、そば打ちの予約をいれる花嫁など、そうはいるまい・・・・・・。挙式、披露宴同様、最後までmainちゃんらしいんだから!!

2012_06210950630

これからもずっとずっとずーっと、kenちゃんと、そして私とも(笑)、仲良くしてね!

この先、どんな想い出を一緒に作っていけるか楽しみにしています。

2012_06210950636

そば打ち、とっても魅力的だったけれど、それに参加してしまうと、帰りがとても遅くなってしまいそう・・・・・・早寝のおチビは遅くても8時には就寝しちゃうし・・・・・・もう大満足の旅だったもん!欲張らずに、今回は帰ろう!みんなに別れを告げ、一路東京へ・・・・・・。 

kenちゃんとmainちゃんのおかげで、おチビの人生最初の旅、そして私たち家族の初めての家族旅行は、とても幸せで、ずっと忘れられない素敵な旅になりました。

そこに実際に足を運ばないと、会えない人がいて、見られない景色があって、感じられない空気があるから、おチビにはいろんな場所を旅して、いっぱい感動できる人になってほしい。

男の子だし、大きくなったら、私たちと・・・より、お友達と一緒や、あるいは一人で、あちこち飛び回るほうがいいけれど、それまでは・・・・・・お父さんとお母さんが、いろんなところに連れて行ってあげるよ!グルメだったり、見たい景色だったり、ショッピングだったり・・・・・・旅の楽しみはいろいろあるけれど、いつもと違う景色に目をまんまるにしてわくわくしているおチビの顔を見つめることが、これからは私の一番の旅の醍醐味になりそうです。

行き同様、帰りの車の中でもずっとすやすや眠り続けていたおチビ・・・・・・家の近所まで来たとき、耳元で「おチビ、もうすぐおうちだよ」とささやくと、その言葉を待っていたかのように、満面の笑みでばちっと目を覚ましました。

旅もいいし、旅から帰るとおうちもいつもより愛おしい場所に思えるんだよね。

楽しかったね、とっても!

*****   *****   *****   *****      

さて、七夕だった昨日・・・・・・私も仲良くしてもらっている、kenちゃんmainちゃんの地元の親友たちが一生懸命準備してくれた手づくりのサプライズウェディングパーティーが東京で開催されました。  本当に本当に愛情いっぱいにパーティーで、大感動!お久しぶりな友人達も大集合して、家族一同、最高に楽しいひとときを過ごさせてもらったのですが・・・・・・その話は、またいつか・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢 幸福な結婚式と初めての家族旅行 その2

2012_06210950314

2012_06210950312

ウェルカムボードは、私が作りました。森が好きで、お花が好きで、鳥が好きなmainちゃん・・・・・・製作にあたって、ぱっと最初に頭に浮んだイメージを形に・・・・・・。花々が色とりどりに咲き乱れる森の中で仲良く語らう鳥のカップル♪♪

鳥の絵を描いたり、花の写真を切り抜いてコラージュしたり・・・・・・久しぶりの紙モノの製作・・・・・・楽しみながら、二人の幸せな門出を願いながら・・・・・・。

2012_06210950324

会場で迎えてくれたのは、挙式を終えたばかりのkenちゃんとmainちゃんの笑顔と、テーブル一杯に並べられたたくさんのオードブル。

好きなものを各自取り、思い思いの席で頂くことのできるフレキシブルなスタイルのパーティー。

2012_06210950330

kenちゃんのシャンパンオープンでパーティーがスタート。

サーベルで瓶の口を勢い良く切り落とす古風な手法に、会場が盛り上がります。

床に広がるmainちゃんのウェディングドレスのトレインの美しいこと!

パーティーが始まってほどなく、僭越ながら私、お願いされていたスピーチをしました。スピーチは緊張してしまうけれど、お目出度い会で大切な友人との想い出をお話できるのは、とても幸せなこと。たどたどしくも、心を込めてお話しました。

2012_06210950338

ウェディングドレス・・・・・・バックのウエスト下にあしらわれた薔薇モチーフのポイントも素敵。花やティアラでなく、瑞々しい葉物で飾られた髪がmainちゃんらしくて可愛らしい!

2012_06210950374

2012_06210950378

夫はご近所でも評判のスーパーイクメン!パーティー中も大活躍!おチビが泣いたらあやし、抱っこで寝かしつけ、離乳食を食べさせ、さらには他のゲストのチビッ子とも遊び・・・・・・・。その華麗なテクニックの数々に周囲のゲストたち、驚愕・・・・・・。私の出番なし・・・・・・。

会場でハイローチェアもお借りできてありがたかった!素敵な柄。こんなハイローチェアに腰かけていると、おチビがお坊ちゃまに見える。

2012_06210950394

授乳のコンディションを整えるため、乳製品やお肉、お砂糖を摂るのを極力控えている私。mainちゃんとスタッフの方が色々考えてくれて、特別メニューを用意してくれていました。スープはとうもろこしだけで作られた自然の甘みたっぷりの、生クリームを使わないコーンスープ。みんなにはお肉料理がふるまわれたメインには、美しく仕立てられた海老料理の一皿。デザートはケーキの代りに、目にも鮮やかなフルーツの盛り合わせ・・・・・・。忙しい中での心遣いが、とってもうれしかった! 

2012_06210950342

2012_06210950358

緑あふれるテラスでの笑顔いっぱいのケーキカット。 

ケーキは小さくカットされ、ゲスト全員に振舞われました。その中に二つ、小さなアーモンド菓子がひそんだものがあり、それが当たりで、プチギフトもらえるというチャーミングな演出・・・・・・私、当たっちゃいました!わーい!幸せのおすそわけを頂いたみたいで、とてもうれしかった。

2012_06210950404

窓の外、次第に陽が傾き・・・・・・会場に流れる穏やかなピアノの調べが沁みてきます。

人前に立つのが苦手なmainちゃんが、パーティーの最後に、ご両親方や、お仕事でお世話になってきたご夫婦に向けて、一生懸命お手紙を読み、同じく人前が苦手なkenちゃんが、真摯にこれからの決意とゲストへのご挨拶・・・・・・。

2012_06210950422

Photo

ゲスト一人一人に二人から贈られたペーパーコサージュ。ピンや紐でパーティーの間、思い思いの場所に飾り身につけられるようになっていました。こういう楽しい演出、大好き!大喜びで身につけていたパールのラリエットに結び付けました。

おチビへのコサージュには可愛いリボンがつけられていました。首からさげてあげたかったけれど、おチビは手に届くところにあるきれいなものは何でもハムハム舐めてしまうので・・・・・・エルゴに結びつけて・・・・・・。

裏側には、一人一人にあてて、心のこもったメッセージが手書きで書かれていて・・・・・・。自分宛にmainちゃんが書いてくれた言葉ももちろんとてもうれしかったけれど、おチビのコサージュに書いてくれていたおチビ宛ての言葉のあたたかさに、思わず涙がにじんでしまいました。これがおチビが人生で一番最初にもらったお手紙。 おチビが文字を読めるようになるまで大切にとっておいて、おチビに贈ってあげよう。そこに綴られた愛ある言葉は、きっとお守りのように、おチビの人生を支えてくれると思う。

万事において、kenちゃんとmainちゃんらしいお式とパーティーでした。当日がバースデーだったゲストの方へのケーキのプレゼントがあったり、秋に結婚を控えた友人カップルへのブーケのプレゼントがあったり・・・・・・。ゲストへの愛情と感謝が、たっぷりとつまった、とってもあたたかい会でした。

長い長いお付き合いを経てこの日を迎えた二人。私が二人と出会ってから、早10年・・・・・・。長い月日が流れました。その時間が育ててきたものの確かさを感じた一日。

よく言う言葉・・・・・・結婚はゴールではなくスタートだと・・・・・・。二人はこの日、ゴールしたのではなく、まぎれもなく新しいスタートを切った・・・・・・二人の前に新しく、広く開けていく世界が、私の目にも見えた気がしました。

2012_06210950453

2012_06210950467

2012_06210950485

この日の宿は、ブレストンコートの森の中にあるとてもすてきなコテージを、kenちゃんとmainちゃんが用意してくれました。

なにしろおチビにとって初めての旅・・・・・・寝場所になじめず泣いてしまうんじゃないか、なかなか寝付けないんじゃないか、と心配していましたが・・・・・・。

モダンかつくつろげるムードのインテリアが気に入ったのか、部屋に入るなり、すっかりくつろぎムード♪夫にお風呂に入れてもらって、お乳を飲むと、心地良さそうにすとんと眠りにつきました。

一日中、たくさんの人に可愛がってもらって、たくさんはしゃいで、幸せそうだったおチビ・・・・・・ぐっすり眠って、明日また元気に遊ぼう!

2012_06210950479

この日の思い出の品々・・・・・・。ウェディングケーキの当たりでもらったプレゼントの、ペーパーとリボンを巻かれてブーケに見立てられたお花型のボールペンと、四つ葉のクローバーのコイン(kenちゃんがこの日一日ポケットに忍ばせて歩き、ハッピーパワーをこめてくれたというシロモノ!)、小鳥のビスケットと、バナナクリームが挟まったスマイルマークのクッキーサンド、パーティーに飾られていたお花のお裾分けのミニブーケ・・・・・・。

2012_06210950487

おチビが寝付いた後、夫とお夜食を・・・・・・。この日一日の思い出や、自分達の結婚式のときのことを、あれこれのんびりお喋りする贅沢な時間・・・・・・。

たくさんのシアワセがつまったスペシャルな一日が、静かに更けて行きます。

(つづく・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »