お散歩日記

お正月

2013_01010950055_2

2013_01010950023   

2013_01010950050

2013_01010950046_2

2013_01010950070_2

2013_01010950085

2013_01040953364

2013_01040953369

2013_01040953371

2013_01040953375 

2013_01040953359

2013_01040953401

2013_01040953406 

お正月は、家族で過ごすと決めています。

夫の実家で年越しをし、新年2~3日は、百合ヶ丘の私の実家で過ごすのが毎年のならわし。

去年は、まだ生後二ヶ月、ただ横たわって手足をぱたつかせているだけだったおチビも、今年はお節から取り分けたご飯を一緒に食べたり、お年玉としてもらったおもちゃで興奮して遊んだり、初詣での神社で歩き回ったりと、できることが増えて、お正月を賑やかしてくれました。

百合ヶ丘の実家に帰った際は、近所の遊園地、よみうりランドへ。イルミネーションのイベントが開催中で、おチビに冬らしい、冷たい空気の中で冴え光るイルミネーションを見せてあげることができました。はじめて乗った観覧車やメリーゴーランドにも、おチビ、大興奮!

母達がおいしいお正月のご馳走を用意してくれていて、みんながおチビと遊んでくれ、夫がおチビのお世話を一手に担ってくれて、私はすっかりのんびりしたお正月を過ごさせてもらってしまいました。

長い年末年始のお休みがあけて、私も今週から通常お母ちゃん業再開。

児童館に通ったり、おチビをお医者に連れて行ったり、お休み中に空になった冷蔵庫を埋めるべく、スーパーで食品を買い込んだり、離乳食の冷凍ストックを作りためたり。年末に糸くずきれいに払って油をさしたミシンも、始動。

いい一年を作れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春 エスパス ルイヴィトン 東京

2013_01040953543

2013_01040953503 

2013_01040953533

2013_01040953495

2013_01040953523

2013_01040953539

2013_01040953525

2013_01040953489

2013_01040953511

アート好きな我々夫婦・・・・・・2013年のアート始めは・・・・・・原宿のルイヴィトンの最上階にあるギャラリー、エスパス ルイヴィトン 東京へ、夫が連れて行ってくれました。

天井から吊り下げられた、巨大な網のオブジェ。

何かの巣のような、空を漂う金色の雲のような、繭のような、ピーナッツの殻のような・・・・・・!?

とてもボリューミーでインパクトのある形だけれど、グラデーションがつけられたロープで編まれた網は、日差しを透かして、優しく繊細で、とても美しい。

なんと、中を歩くこともできます。窓の外には原宿のビル群と、新年の清々しい青空。不思議な空中散歩。下を見下ろすと、網目を透かして、私を見上げるおチビの満面の笑顔が見えた。

おチビは会場を縦横無尽に歩き回って、様々な角度からオブジェを見上げたり、小さな手で網を掴んでみたり、自分もみんなにならって中に入ろうとトライしたり、お父さんお母さんに連れられて来ていたお兄ちゃんと交流したり・・・・・・。

時が経つのも忘れるような、静かで豊かな時間。

触っちゃだめ!とか、そっちに行っちゃだめ!・・・とか静止せずに、おチビと一緒に自由に楽しめるアート・・・・・・うれしかった~!

今年のアート巡礼、素晴らしいスタートを切ることができました。

今年も、おチビと一緒に、たくさんのアートやきれいな景色に触れて、たくさん感動しよう!

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川植物園

おチビの発熱、私の納期、ばたばたののちの久々の、のんびりした休日・・・・・・。

今日は、東京ミッドタウンに、クリスマスムードを味わいに出かけました。

クリスマスイブの明日は、ご馳走を食べたり、おチビと遊んだり、のんびりおうちで楽しもう!

思いっきり遊ぶこと、のーんびりくつろぐこと・・・・・・満ち足りた休日が、平凡かつ波乱万丈なウィークデーを突っ走っていくためのエネルギー。

*****   *****   *****   *****

Img_4396_2

Img_4402

Img_4407

Img_4431

Img_4434_5_2

Img_4362

Img_4415_2   

Img_4422_3

Img_4410

Img_4438

Img_4451

今月のはじめ・・・・・・もう紅葉狩りには間に合わないかなあ・・・・・・と思いつつ、訪れた小石川植物園。

まだまだきれいな紅葉を、たっぷり堪能することが出来ました。

赤、オレンジ、黄色、茶褐色・・・・・・様々な色合いに染まった木々。同じ木の葉でも、一片一片の色は違って・・・・・・自然が魅せてくれるカラーリングの素晴らしさと言ったら・・・・・・。

独身時代、間近の水道橋に長く暮らしていて、小石川庭園にはしばしばお散歩に出かけていたのだけれど、小石川植物園に入園したのはこれがはじめて。

もったいないことした!もっと早くに来てみればよかった!

のびのびと木々が育つ園内を歩いていると、森の中にいる気分になれる。

ふくよかな土のよい匂いたっぷり吸い込んで・・・・・・病気続きで縮こまっていた細胞がふっくらふくらんでいくような気がした。

天を覆うような立派な木々に気圧されてか、この日のおチビは、地面におろしても、一歩も歩かず・・・・・・!

でも、風に揺れるもみじに手を伸ばして目を輝かせり、鳥のさえずりに笑顔になったり、葉が地面に落ちるかさっという音にまで、はっと目を丸くしたりして・・・・・・五感を存分に働かせて秋の森の空気を味わっていた様子。

家の中や、街の中では感じられないことがたくさんあるからね。

毎年秋は、夫の仕事が忙しいのでゆっくり休日を過ごせないことが多いけれど、今年は、私の不調や、その他もろもろ重なって、例年以上にばたばただった。だからこそ余計に、自然の中で家族でゆっくり過ごせたこの日が、とても贅沢で幸せに感じられました。

*****   *****   *****   *****

怒涛の秋をサバイバルして、やってきた冬。

クリスマスが過ぎれば、家族で集まれる年末年始、年があけたら温泉にでも行きたいねえ・・・なんて話も出たり・・・・・・。

楽しい冬にしたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の旧古河庭園

2012_11300952261

2012_11300952260 

2012_11300952256

2012_11300952290

2012_11300952277

2012_11300952286

2012_11300952283

2012_11300952281

2012_11300952268

11月某日、商店街へのお使いついでにおチビと旧古河庭園へ。

美しい紅葉に酔いしれる。薔薇フェスティバルに通うようになってもう何年も経つけれど、紅葉を観に来たのはこれがはじめて。

誕生日の翌日からよちよち歩きはじめたおチビ。不安定ながらも、家では二足歩行中心になりつつあるのに、慣れない靴に戸惑ってか、でこぼこ地面にびびってか、お外だと腰がひけて歩かない。

美しい景色に、目をキラキラさせながらも、私のそばをキープ。

この日も、ものすごいへっぴり腰で5歩ほど歩いてみたものの、木の根が這う土の上におろしたら、顔をくしゃくしゃにして泣いて私の脚にしがみついてきた。

へたれー。

でも、世界は広く深いから、怖いものもいっぱいあるよね。

おチビが私を必要としなくなる日は、きっとびっくるするくらいあっという間にやってくるけれど・・・・・・それまでは、そばにいるからね。一緒に歩こう。この、広く深い世界を。

*****   *****   *****   *****

今年の年末は、なんだかやたらにいろんなことが重なって・・・・・・、不思議なトーンの日々が続いています。

随分と辛いことも続いて・・・・・・、本厄年・・・しかも大厄・・・・・・という言葉が、頭に浮ぶことも多かったけれど、ここにきて、急に気持ちがすっきりしてきました。

おチビと共に生きた、宝物のようなこの一年を、きれいにおさめられるよう、あと半月ばかりとなった今年を、大事に暮らしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪♪ハッピー ハッピー バースデー♪♪

あっちゅーま・・・・・・に11月の終わりもすぐそこ・・・・・・。

ブログの更新が途絶えているので、お友達に心配されていました。

11月の頭におチビからもらった風邪が身体に根を張ってしまい、高熱、持病の喘息の悪化、咳のし過ぎによる全身の激しい痛み・・・・・・と、体調不良に苦しみまくっておりました。

この風邪が治る日ははたして本当に来るのか!?と思うほどに、出口の見えない辛い日々。

とりわけ、この一週間は、ほぼ寝たきり状態・・・・・・とはいえ、おチビのお世話があるので、ゆっくり休むというわけにもいかないものの・・・・・・おかあさんたちの力を貸してもらいまくり、家事を夫に丸投げし・・・・・・。

家族にたくさん助けてもらって、ようやくっ、よーうやく体調不良スパイラルから抜け出せそうな兆しが見えてきました。

11月は、おチビのバースデーマンス♪♪紅葉のきれいなところにたくさん連れて行ってあげたり、秋の清々しい空気の中でピクニックしたりしたいなあ、とワクワクしていたのに、ほとんどおうちにこもりっきりのひとつきになってしまいました。

でも・・・・・・、ずっと楽しみにしてきた、おチビ一歳のバースデーは、すばらしい一日を過ごすことができました・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

2012_11080950415

2012_11080950436

2012_11080950474

2012_11080950487

Photo

2012_11080950506_2

2012_11080950508

2012_11080950520

2012_11080950519   

2012_11080950532

2012_11080950518

2012_11080950602

2012_11080950555_2

2012_11080950632

2012_11080950653

2012_11080950657

2012_11080950686_2

2012_11080950687   

2012_11080950691_2   

お誕生日当日。

朝ご飯に、私が作った赤ちゃんでも食べられるフルーツケーキをばくばく食べて、一升もちを背負わされて泣き、夫にすがりついてぐずり・・・・・・している間に、あれよあれよと夢の国に連れて行かれたおチビ。

おチビ一歳のお誕生日、私が、忘れえぬ日にしたくて・・・・・・まだおチビには早いかも?私のエゴかも・・・・・・と思いつつも、えいっと、連れて行ってしまったディズニーランド。

平日だし、当初、私一人でおチビと行くつもりだったのだけれど、なんとなんと忙しい時期まっただなかの夫がお休みをとってくれ、なんともうれしいことに、親子三人で一日を過ごすことができました。

ゲートをくぐるなり・・・・・・見事にディズニーマジックにかかってしまったおチビ。いつもまんまるな目を、さらにうんとまんまる大きく見開いて輝かせ、ありとあらゆるものを全身全霊で見つめるおチビ。

クリスマスムード一色、華やかに演出されたディズニーランド・・・・・・。

お昼のパレードを二つ見ました。

イッツ・ァ・スモール・ワールド、ホーンテッドマンション、マーク・トゥウェイン号、ウェスタン・リバー鉄道、カリブの海賊・・・・・・たくさん乗り物にも乗れました。あとから気がつけば、隣りに座るおチビの豊かな表情に釘付けで、アトラクション自体は、なんにも見ていなかった私・・・・・・。

でも、今までディズニーランドに行った中で、一番楽しかった!!

はしゃぐおチビの笑顔、笑顔、笑顔。その顔が、一年間、不器用ながらも、おチビに幸せでいて欲しいと、頑張ってきた夫と私にとって、なによりのご褒美!

宝物のような一日になりました。

*****   *****   *****   *****

愛読している『育児の百科』の、一歳の誕生日の項。以下、長くなりますが、『育児の百科(中)』松田道雄著より、抜粋します。

「誕生日おめでとう。

一年間の育児で母親として多くのことをまなばれたと思う。赤ちゃんも成長したけれど、両親も人間として成長されたことを信じる。

一年をふりかえって、母親の心にもっともふかくきざみこまれたことは、この子にはこの子の個性があるということにちがいない。その個性を世界中でいちばんよく知っているのは、自分においてほかにないという自信も生まれたと思う。その自信をいちばん大切にしてほしい。

人間は自分の生命を生きるのだ。いきいきと、楽しく生きるのだ。生命をくみたてる個々の特徴、たとえば小食、たとえばたんがたまりやすい、がどうであろうと、生命をいきいきと楽しく生かすことに支障がなければ、意に介することはない。小食をなおすために生きるな。たんをとるために生きるな。

小食であることが、赤ちゃんの日々の楽しさをどれだけ妨げているか。少しぐらいせきがでても、赤ちゃんは元気であそんでいるではないか。無理にきらいなごはんをやろうとして、赤ちゃんのあそびたいという意志を押さえつけないがいい。せきどめの注射に通って、満員の待合室に赤ちゃんの活動力を閉じ込めないがいい。

赤ちゃんの意志と活動力とは、もっと大きな、全生命のために、ついやされるべきだ。赤ちゃんの楽しみは、常に全生命の活動の中にある。赤ちゃんの意志は、もっと大きい目標に向かって鼓舞されねばならぬ。

赤ちゃんとともに生きる母親が、その全生命をつねに新鮮に、つねに楽しく生きることが、赤ちゃんのまわりをつねに明るくする。近所の奥さんは遺伝子のちがう子を育てているのだ。長い間かけて自分流に成功しているのを初対面の医者に何がわかる。

『なんじはなんじの道をすすめ。人びとをしていうにまかせよ。(ダンテ)』」

母親として、人間として、とても勇気付けられた文章です。

*****   *****   *****   *****

おチビが生まれてからの春夏秋冬ひとまわり、あー、幸せな一年だったなあ!!楽しかったなあ!!

おチビのお母ちゃんでいられることの幸せを噛み締めなおして、お母ちゃん二年生の道を、胸張って、大きく腕を振って、のっしのっしと歩いて行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧古河庭園 秋の薔薇フェスティバル

しばらく空き部屋だった階下のお部屋に、今日、新しい家族がお引越ししてきました。

私はまだ直接はお会いしていないけれど、初々しい新婚さんだそう・・・・・・。

夫と、自分達がこの土地に引っ越してきた当時のことを、あれこれ思い出しました。

引越ししたときには、食卓をまだ手に入れていなくて、この部屋でのはじめての晩餐は、近くのスーパーで買ったお惣菜を、段ボール箱の上に並べて食べたね~・・・・・・とか。

そこから時は流れて・・・・・・。

ちゃぶ台から始まり、キッチンワゴン、製作用の素材をおさめるシェルフ、ダイニングテーブル・・・・・・いくつか家具が増えました。

数年続いた二人暮らし・・・・・・おチビがやってきてくれて、三人暮らしになりました。

ご近所さん、よく行くお店の店員さん、ママたちとベビーちゃんたち・・・・・・知り合いが、とても増えました。

この街で迎える、5回目の秋。

*****   *****   *****   *****

2012_10150950571

2012_10150950591

2012_10150950611

2012_10150950583

2012_10150950607

2012_10150950588

2012_10150950618

2012_10150950629

2012_10150950657

2012_10150950658

2012_10150950660

2012_10150950644   

鼻風邪ピークだった先々週は、児童館にも行けないし、毎日、体調が悪いのに重ねて、とにかく退屈そうで、ご機嫌斜めさんだったおチビ。仕方のないこととはいえ、おチビと二人、おうちにこもりきりのお母ちゃんも、ちょっと辛かった!

だいぶ症状も落ち着いた頃、お使いへいく途中、秋の薔薇フェスティバルを開催中の旧古河庭園に立ち寄ってみました。

春夏、年二回の薔薇フェスティバル。訪れること、もうすっかり恒例です。

おチビは来園中のおばさま方にたくさん声をかけてもらってニコニコ。

薔薇の開花状況はいまひとつ・・・・・・でも、大好きな品種、真紅のクリスチャン・ディオールや、一株で黄色ピンク赤と、様々な色の花が楽しめるサンバがきれいに咲いているのが見られたし・・・・・・何よりこの日は、空がとにかく美しかった!

薔薇よりも、空が見もの!秋らしい、表情豊かな雲が浮び、夕陽が作るグラデーションがとてもきれいで・・・・・・。空を見上げながら、深々と秋の清々しい空気を吸い、リフレッシュ。

おチビとともに、どたばたな毎日・・・・・・だからこそ、こんなふうに季節の移ろいや、自然を味わう瞬間が、とても大切な気がします。

*****   *****   *****   *****

この日、庭園を出たあと、商店街の八百屋さんで買い物をしていたら、ノーバディーズ・パーフェクト・プログラムで一緒のお友達親子が通りかかり、立ち話していたら、おチビが寝返りも出来なかった頃からのお友達のソータくんとママが買い物にやってきて・・・・・・。

おチビのおかげで、知り合えたたくさんの人たち。今では、ちょっとお散歩に出かければ、誰かに出会うことができる。

「鼻風邪ひいて、家にこもりきりで、ここ数日大変だったの!」「うちも風邪っぴきで、ようやく出られたところ!」なんて・・・・・・同じ子育て奮闘中のママたちと、少し言葉を交わすだけでも心の風通しが出来る。

知っている笑顔が増えて、ますますこの街が好きになってきました。下町気風が強く、自分の孫やひ孫のように、おチビたちを見守ってくれる優しい目が多く、見知らぬ人たちからも、声も気持ちもたくさんかけてもらえ、子育てもとてもしやすいのです。

5年目を迎え、おチビのおかげもあって、ようやくこの街を『私たちの街』と呼べるようになってきた気がする、今日この頃・・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

逗子海岸での一日~浜の芸術祭とバーベキュー~

今日は夫のお誕生日・・・・・・☆

今年はケーキを作ろうと思って、ふっこからレシピを送ってもらって、張り切っていたのだけれど・・・・・・、昨夜、夫が、「明日の夜、展示会の打ち上げ行ってきていい?」と・・・・・・。

しょんぼーり・・・・・・!!

まあ、どちらにしろ今日は風邪っぴきおチビが甘えたモードだったので、ゆっくり台所には立てなかったし、家でのお誕生会はいつだってできるものね。

夫を含め、みなさん半年頑張ってきたのだし、打ち上げ大事!!

おチビはぐっすり夢の中だし、静かな夜です。

ネットで注文したおチビの可愛いパジャマと上着がこれから届くみたいなので、わくわく待っているところ・・・・・・。今年の秋は、すっとーんと一気に秋が深まったから、冬支度を急がないと・・・・・・。

一ヶ月前は、まだ真夏みたいだったのになあ・・・・・・。9月の三連休の日曜日、太陽ぎらぎら輝く逗子海岸で、素晴らしい一日を過ごしました。

*****   *****   *****   *****

2012_09180950006_2

2012_09180950009_3

2012_09180950015_2   

2012_09180950081 

2012_09180950039

2012_09180950077

2012_09180950051

2012_09180950063

2012_09180950091_2   

2012_09180950085

2012_09180950087

2012_09180950129 

2012_09180950109

2012_09180950115

2012_09180950119

2012_09180950139 

きょうちゃんが企画してくれた海辺のバーベキュー。

専門学校時代の友人たちや、その家族や、その友人達や・・・・・・総勢15名ほど集まって・・・・・・。私も、幼なじみのあやちゃんと、長男のナオを誘って参加。

すごーーーっく、楽しかった!!!

午前中は大雨が降って不安定だったお天気・・・・・・バーベキュー開始の午後から、ぐんぐん空が晴れ渡り・・・・・・。真夏のような暑さ!

チビちゃんたちは水着に着替えて海にざぶざぶ。おチビもすっぽんぽんになって、夫にかつがれ、ざぶーん。 

この日、逗子海岸では、浜の芸術祭という、ユニークなイベントが開催されていて、CHONOくんと、タナーくんが、シルクスクリーンのワークショップをひらいていました。

自分でCHONOくんとタナーくんがデザインしたたくさんの版板の中から、自分の好きなものを選び、好きなようにインクを塗って、Tシャツなどにプリントできるという、とっても魅力的なワークショップ!

インクを乾かすためにテントのはりにかけられた色とりどりのTシャツたちが、海風にそよいで・・・・・・う~ん、いい感じ!

チビちゃんたち、瞳をきらっきらに輝かせて参加☆ナオは、あやちゃんにTシャツを作ってプレゼントするんだ~♪と言って、CHONOくんの指導のもと、花柄のシックなTシャツを製作。「できあがるまで、お母さんは見ちゃだめ!」って言いながら、一生懸命インクを絞って・・・・・・可愛いよー!おチビもいつか、こんなことしてくれるようになるのかな?そんな日が来たら、お母さん、泣いちゃうわ!

おチビのかわりに!?夫にTシャツを作ってもらいました。CHONOくんの描いた版で、夫がインクを塗布して、タナーくんが刷ってくれたスペシャルな一枚。秋らしい色合いに仕上がって、ヘビーローテーションで着ています。

ナオは、ワークショップがとっても楽しかったらしく、自分用のも作りたいよ~、とあやちゃんにおねだり。ドクロ柄の版を選び、ピンクを基調にしたカラーで刷り上げたキュートな一枚を製作。

きょうちゃんと色違い。同じ版を使っても、色合いで全く違うムードになるところが、とっても面白い。

おチビはチビちゃんたちに遊んでもらって、海風に吹かれながらお昼寝して・・・・・・。

とても久しぶりに、海辺のサンセットを見た。きれい過ぎて、胸がいっぱいになった。

みんなで集まっても、悩みを相談したり、愚痴を言い合ったりすることはなくて、ただ一緒に食べて飲んで、しゃべって、笑うだけ。たくさんたくさん笑うだけ。

でも、みんな、ものすごい頑張り屋だってこと、知ってるから、毎日、それぞれの生活を、大変なこと、きついとき、いろいろある中で、精一杯頑張って生きているってわかる。

だから、みんなに会って、笑顔を見ていると、いつもすごく励まされる。エネルギーをいっぱいもらえて、お腹の底から、「よっしゃー!!私も頑張るぞー!!」という元気がむくむくわいてくる。

実は、この時期、いろいろな疲れがたまって、心がぺしゃんこになってしまっていた私・・・・・・。この日、帰るときには、ぺったんこだった心が、ぷりぷりふっくらまんまるに膨らんでいました。

浜の芸術祭に刺激をもらって、たくさん笑って、お日様をたっぷり浴びて、海風に吹かれて・・・・・・身体も心も、すっかり浄化されたみたい。

毎年の恒例行事にする!と、きょうちゃんが言ってくれているので、今からすでにものすごく楽しみ・・・・・・。来年には、おチビと波打ち際を歩いたり、砂遊びしたりできるかな?授乳期も終わっていて、冷たいビール飲めるかな?わくわく・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

おチビの荷物、届いた!パジャマと上着、どっちもむっちゃっくちゃ可愛い!おチビ、早く元気になるといいな。ペンギンのアップリケがついたパーカー・・・・・・これ着たおチビと一緒に、また動物園行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の夏色の休日~にしすがも創造舎と、『水江未来の細胞ワンダーランド!』~

ぐっと冷え込んだ週末。

昨日は夫とおチビと、ダイバーシティに遊びに行ってきました。

おチビの秋冬用のパジャマやお洋服が全然ないので、買わなきゃ!と慌てて物色しに行ったのですが・・・・・・ぴんとくるものになかなか出会えず・・・可愛いと思うものはサイズがなかったり・・・・・・で、結局H&Mでスウェットパンツ買っただけ・・・・・・。等身大ガンダムと記念写真撮ったり、おチビと芝生の広場で遊んだり、クレープ食べたり、レインボーブリッジと東京タワーのライトアップの競演に見惚れたり、楽しかったけれど。今日も寒くて、どうしよう!?おチビ、明日から、何着る!?な状態・・・・・・。来週から、あちこちお店まわって、少しづつそろえて行けばいいよね。

きっとここからはぐんぐん秋が深まっていくんだろう。とすると、先週末が、最後の夏色の休日だったんだなあ・・・・・・。

三連休だった先週末、大好きな夏の最後を飾るのにふさわしい、最高の想い出ができました。

夫が休日出勤だった土曜日は、おチビと、廃校になった小学校を利用した、にしすがも創造舎へ・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

2012_09150950015

2012_09150950017

2012_09150950044

2012_09150950028

2012_09150950022

2012_09150950040

2012_09150950035

2012_09150950048

2012_09150950049

2012_09150950053

2012_09150950055

2012_09150950057       

   

夫の高校のときのクラスメートだった、アニメーション作家の水江未来さんが、にしすがも創造舎で、無料の原画展をひらく・・・・・・と聞き・・・・・・風爽やかなよく晴れた土曜日、おチビと遊びに行ってきました。

世界4大アニメーション映画祭全てにノーミネート経験があり、小説のカバーイラストなども手がけている水江さん。おチビが毎週月曜日の朝に見ている、しまじろうの番組内で流れる、とっても印象的な木のアニメーションも作っているそう・・・・・・。

今回初めて訪れたにしすがも創造舎。

入り口にとってもキュートなカフェがあって・・・・・・テラス席もあり、なにしろ校庭に面しているので、チビッ子たちを安全に駆け回らせながらお茶することもできるし、ママにもうれしいカフェ。今回はお茶できなかったけれど、今度また改めて遊びに行こう!

今回の原画展は、校舎をそのまま利用したとってもユニークなもの。廊下や階段の壁、教室の床や黒板、ロッカーなどなどに貼られたたくさんの原画。

細胞をモチーフにした映像を、毎日1秒公開し(1秒に原画は24枚必要だそう)、一年で365秒の映像作品となる『WANDER』。

その5ヵ月分の原画が今回集められたそうなのだけれど、全部は貼り切れなかったそう・・・・・・なにしろ、その数4392枚!そしてなんとその全てが、手描きなのです。うーん、気が遠くなりそう!

動くアニメーションになると、あっという間に流れ去り知覚出来ない一枚一枚の原画・・・・・・そこに描かれた細胞のユニークな形は、イマジネーションを刺激してくれます。次の絵ではどんな変化をするのかな!?と、わくわくしながら見進めるのはなんとも楽しい。

「鳥さんみたいだなね~」「はらぺこあおむしの青虫みたいな形だね」「うわー、全然違う形に変身しちゃったよ!」おチビに話しかけながら、一緒に原画を眺めると、おチビも絵を見つめながら、きゃっきゃと声をあげて笑ったり、手を伸ばして触ろうとしたり・・・・・・とっても楽しそう!

最後に、水江さんが原画製作をしている教室で、それまでに見てきた原画によるアニメーションが見られるのですが、うーん、こういう動きになるのか!と感動。これまたおチビも、うきゃあ~♪と大喜びで見入っていました。

『細胞』というモチーフ、そして手描きであることにこだわって作品を作り続けている水江さん。好きなスタイルをとことん貫いてまっすぐに進んでいっている静かな強さが伝わってくる展示で・・・・・・なんだかとても勇気をもらいました。

さて・・・・・・製作現場になっていた教室で初めてお会いした水江さんは、柔和で落ち着いたムードをまとった素敵な方だったのですが・・・・・・私が名前の偶然についての話をすると、「えーーー!!ほんとに!??」と、たいそうびっくりしていました。

水江未来・・・・・・みずえみらいさん。

・・・・・・なんだかすごいご縁を感じずにはいられません・・・・・・!!夫とおチビと一緒に、これからも活躍を楽しみに、応援させて頂きたいと思います。

はしゃぎ疲れて、会場を出るとすぐに寝入ってしまったおチビをのせたバギーを押しながら・・・・・・折りしも秋祭りがたくさんの神社で行われていたこの日・・・・・・巣鴨界隈も例外ではなく・・・・・・、祭り半被を着た人々が活き活きと行き交う白山通りを、強い日差しを浴びて、爽やかな風に吹かれながら、巣鴨駅まで歩く道のり、とても幸せでした。

仕上げは、巣鴨駅のアトレの、野菜料理のカフェで、目覚めたおチビとのティータイム。私はカフェオレとフルーツたっぷりのロールケーキ、おチビは麦茶と赤ちゃん煎餅でのカフェデート。

ああ、完璧な一日だった!

今回の展示会場のにしすがも創造舎では、0歳児向けの演劇会や、読み聞かせなど、赤ちゃん向けのイベントもたくさん催しているそう(舞台芸術の支援や普及が中心の施設のようです)。今回の展示もそうだけれど、赤ちゃんと一緒に楽しめるアートイベントは、本当にうれしい。もっともっと増えてくれるといいな~。・・・・・・元小学校というロケーションがなんだかほのぼのとしているし、スタッフの方たちがみなさんとってもおチビに優しかったし・・・・・・また絶対に遊びに行ってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の徒然~その1~

長かった夫のお盆休みも、昨日で終わり・・・・・・。

おチビを寝かしつけた後、夫にお留守番を頼んで、半年ぶりに夜の外出・・・・・・mainちゃんと渋谷でおいしいご飯を頂きながら、夜遅くまでおしゃべりしたり・・・・・・、

夫の幼なじみのマツくんと、おっくん、おっくんの奥さんのアンナちゃん、来日中のアンナちゃんのお母さんと姪っ子ちゃんと、わいわいランチしたり・・・・・・(二月に家にマツくんが遊びに来てくれたときには、マツくんになついて笑顔でだっこしてもらっていたのに、なぜか今回、マツくんと目が合うたび大泣きのおチビ・・・・・・最近、まるっきり人見知りしなくなっていたから、なんだか懐かしい反応・・・・・・)、

京都のOVAL様に、秋冬物第一弾となるワンピースを納品させていただいたり・・・・・・、

久しぶりの歯医者さんや、久しぶりのまつげパーマ屋さんに行ったり・・・・・・、

お散歩がてら、巣鴨のとげぬき地蔵さんにおまいりしたり・・・・・・。

夫は、おチビを連れて児童館デビュー!他のママさんと、トークも楽しんで(?)来た様子・・・・・・、

そしてこのお盆休みのハイライト・・・・・・こだまのお父さんお母さんや、お友達のトシエちゃんファミリー、夫の会社の先輩ファミリーとの伊豆旅行!!おチビの笑顔一杯、想い出一杯の旅・・・・・・!

・・・・・・と、なんだかんだ盛りだくさんのお休みでした。

お盆休み最終日の昨日は、おチビの活動エリアを広げてあげるべく、ちょこっと模様替えしてから、飛鳥山まで親子でのんびりお散歩。

私はコンビニで買ったアイスを食べながら、夫は缶チューハイを飲みながら(笑)。くっきり青い空には入道雲。飛鳥山は耳がきんとするくらいの蝉時雨。夏だなあ。おチビを公園で少し遊ばせてから、スーパーで買い出ししておうちに帰って、いつもよし早く眠くてぐだぐだになったおチビを寝かしつけ、久しぶりに夫の好物のハンバーグを作ってゆっくり晩ご飯。なんてことない一日だけれど、いい一日でした。

まだまだ暑いけれど、お盆休みが終わると、夏の折り返し地点をぐんと過ぎた気分になる。

秋が来る前に、おチビとはじめて迎えた大好きな夏の、楽しかったあれこれ、全部書ききれるかな?

*****   *****   *****   *****

2012_07120950073

2012_07120950278 

2012_07120950261

初夏から足しげく通うようになった、皇居外苑公園。その名のとおり、皇居をのぞめる場所に広がるこの公園は、まさに都会のオアシス。ピクニックマニア、公園マニアの私が、今最も愛する公園です。

手入れの行き届いた芝生がきれいで、大人の憩い場といったムード。読書を楽しむ人と、一人ピクニックを楽しむ人が多く目に付き、贅沢な静けさを味わえる場所。

心地よい風に吹かれていると、寝入りのよいおチビは、この公園をひとめぐりすると、必ずバギーでぐっすりお昼ね・・・・・・。

そのつかの間に、私は、バギーの傍らのベンチで読書したり、製作のアイディアを練ったり、ぼんやり空を眺めたり、芝生で軽くストレッチしたり、はたまた丸の内界隈のショップでウィンドーショッピングしたり・・・・・・自分時間を楽しませてもらっています。頭と心と身体をすっきりさせる、大事なリフレッシュ時間!

暑くなってからは足が遠のいてしまっているけれど、秋が近づいてきたら、また通おう。

2012_07120950231

2012_07120950149_2   

2012_07120950166 

2012_07120950191

おチビと一緒に迎えるはじめての七夕・・・・・・。通っている児童館からお裾分けしてもらった笹に、例年通り短冊を下げる。願い事は、年々シンプルになっていきます。

どうか、みんなで毎日元気に笑っていられますように・・・・・・。

欲が深いから、願望は山ほどあるけれど、星に願いたいのはそのくらい・・・・・・あとの願いは、亀みたいなのんびりした歩みでも、ちょっとずつ自分の力を重ねて叶える!それが夢の醍醐味。

今年の七夕・・・・・・自由が丘で行われたmainちゃんとkenちゃんの、結婚お披露目パーティーにお呼ばれしてきました。

二人をずっと見守ってきた地元の仲良したちが、二人には内容の全てを秘密にして(会場の場所、列席者のリストさえも!)、長い時間をかけて準備してきたサプライズパーティーは、あったかいアイディアいっぱいの、最高に楽しいすてきなパーティーでした。

オープンキッチン備え付けの、大きなソファーやテレビのあるレンタルスペースで行われたパーティー。

テーブル狭しと並べられたいろとりどりのご馳走は、mainちゃん企画のコテージ旅行のときにも、いつも料理の腕をふるってくれる、チーム・ゾウゾクの名料理長、のんちゃんが、全て二人のため、そして二人のためにこの日集まってくれた人々のために、愛情込めて作ってくれたもの。写真のものはごく一部で・・・・・・他にもジューシーな鳥の唐揚げや、あげシュウマイや、ローストビーフなどなど・・・・・・。

もともと、のんちゃんのお料理はおいしいんだけれど、この日のご馳走は、格別だった!のんちゃんの優しい気持ちがたっぷりこめられていることが、食べるたび感じられて、とても感動してしまいました。

ケーキは、ゾウゾクメンバーのワカくんがお勤めする、野菜スウィーツのお店のケーキたちいろいろ。アボガドのチーズケーキ、おいしかったなあ。

スピーチを頼まれたさやちゃんが、感極まって、何も言えなくなってしまったひとこまも・・・・・・いつもニコニコしている、あったかい心の持ち主のさやちゃん・・・・・・涙を浮かべて言葉につまり彼女の姿からは、どんな饒舌なスピーチよりも、mainちゃんとkenちゃんに対する愛情が感じられて、私の目頭まで熱くなってしまった。

ゲームのくじ引きで、見事ひきあててもらったmainちゃん手づくりの革製のパッチワークポーチ・・・・・・大事にずっと使わせてもらおう!

専門学校時代の友人たちも久しぶりに大集合の大騒ぎ!みんなほんとに変わらない・・・・・・成長はしているけれど、変わらない。それって、素敵なことだなあ。・・・・・・パーティー終盤に、夫とおチビも飛び入り参加・・・・・・会場にあふれるあったかで楽しいムードが伝わったのか、眠かったはずのおチビ、一気にハイテンション!みんなに可愛がってもらって、電池切れになるまで遊びまくっていました。

とにかく素敵なパーティーで、みんなずっと笑っていて・・・・・・。今年の七夕は、「楽しかった!」の一言に尽きる最高の一日になりました。

2012_07170950388

2012_08140950133

2012_08140950136

夢はいくつもあるほうがいい。おチビと一緒にイケアにお買い物に行くことは、数え切れないほどたくさんある、小さな夢のひとつでした。

結婚するとき、ベッドを購入するために行ったのが最後・・・・・・以来、行きたいね、行きたいね~!と言いながら、なかなか行けずにいたイケア!

おチビの機動力が格段にアップしてきたので、おチビ使用に部屋を改造するためのアイディアを得るために、こだまのおうちの車を借りて、行ってきました。

結局、購入したのは、キッチンに置くスカイブルーの椅子とか、授乳クッションとしても大活躍のカラフルなクッションとか、おチビのおもちゃとか、お部屋改造計画にはあんまり関係ないものばかりだけれど、楽しかった~~~!!久しぶりに家具やインテリア雑貨をたくさん見て、普段使っていない部分の感性に刺激をもらった気分・・・・・・。

夏らしい浮き輪つきのライオンのガラガラは、しし座生まれでライオン好きの私には見逃すことができなかったひとしな。ベレー帽がキュートなへび君は、ぎゅっと握って振り回していると、おチビが蛇をも恐れぬ腕白坊主に見える・・・・・・☆

2012_07120950357

幼なじみのふっこのおうちに、ちょこちょこ遊びに行かせてもらっています。

広くて、うちにはないおもちゃがたくさんあって、優しいふっこがいて、ふっこの愛息ちーちゃんや、同じく遊びに来たあやちゃんの愛息ヒロと遊べて・・・・・・いつもおチビはとっても楽しそう!すてきな子供用のピアノを触らせてもらって、ご満悦のおチビ・・・・・・。

ちーちゃん、ヒロは、2歳半で、おチビにとってはおにいちゃんたちだけれど、いっぱしにおもちゃの取り合いをしたりして・・・・・・それで当然、負け、ううえ~ん・・・!!と泣いたりして・・・・・・でもしばらくすると、すんすん鼻を鳴らしながら違うおもちゃで遊び始め、またお兄ちゃんたちにうれしそうに近づいて行って・・・・・・再び、おもちゃを取られ・・・・・・繰り返し~・・・・・・わはは!いいぞー、頑張れ!たくさん揉まれて、学べ、鍛えろ、コミュニケーション能力!

2012_07170950399

2012_07170950407 

2012_07170950427

2012_07170950441   

2012_07170950449_2

ある休日・・・・・・お気に入りの皇居外苑公園に夫を連れて行ってあげたくて・・・・・親子三人、シート広げてピクニック。予想通り、私同様、夫もこの公園をとっても気に入った様子。

おチビは、芝生にも木肌にも興味津々。ひとしきり遊んで、おやつ食べて・・・・・・少しバギーで公園内お散歩したら、おチビはコテン・・・・・・深い眠りの中・・・・・・。バギーで眠るときの、このぶちゃむくれ顔を、とても愛おしく思います。

書ききれていないことはまだまだたくさん・・・・・・最近、一日の中でパソコンに向かえる時間がほとんどないので、ひとつの記事を、何日もかけて、ちっくりたっくり書いている・・・・・・ちっくりたっくりでも、できるだけ色々な事を、書き留めていたいな。

*****   *****   *****   *****

お盆休みに遊びつくして、ちょっとくたびれたのか、昨夜からおチビはよく眠ります。今も、お昼ご飯すっ飛ばしてお昼ね中・・・・・・食いしん坊のおチビには珍しいこと!

おチビー、今日からは、またお母ちゃんとのんびり生活だよ。

目覚めたら、ご飯もりもり食べて、お散歩に行こうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の徒然~飛鳥山 紫陽花の散歩道~

すごしやすい涼しい日です。

昨日も、湿度がなく、風が爽やかで、空は青空・・・・・・絵に描いたような美しいお散歩日よりでした。

おチビをバギーに乗せて、飛鳥山をお散歩・・・・・・。

家から歩いて15分ほどの飛鳥山。おチビが生まれるまでは、桜の盛りにしか行ったことがありませんでした。

おチビが生まれてからはお気に入りのお散歩コースで、ちょくちょく足を運んでいます。

折々の楽しさ、美しさがあって・・・・・・葉桜のころも素敵だったし、新緑も素晴らしかった。

そして、初夏。紫陽花の小路の、すばらしかったこと・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

京浜東北線の、王子駅から東十条駅にかけての線路沿いの飛鳥山の縁の小路に、紫陽花が咲き誇っているのを見つけたのは、夫が子供の頃よく行っていたという、十条のおふじさんの縁日に遊びに行くために電車に揺られていた初夏の夕方のこと・・・・・・。

翌週、さっそくおチビとお散歩に出かけました。

2012_07120950006

2012_07120950008

小路を歩き始めてすぐ、同じくお散歩を楽しんでいた老紳士が、写真を撮ってくれました。

最初、バギーにおチビを乗せたまま撮ってもらったのだけれど、「抱っこしている写真も撮ったほうがいい!!」と熱烈にすすめてもらい(笑)、抱っこバージョンも撮ってもらいました。神妙な顔のおチビ・・・・・・。

よい記念!ありがとうございました。

2012_07120950016

薄紫の花の中に、ぽつぽつ白い花片・・・・・・儚い風情。

2012_07120950026

額紫陽花って、はじけて散っていく最中の花火みたい。

2012_07120950021

これぞ紫陽花!な、スタンダードなしっとりとしたブルー。

2012_07120950010

紫陽花のアーチの下で、おチビはラッパを高らかに吹き鳴らします。

2012_07120950039

うっそうとした木々の中、ぼんぼりのように浮かび上がる紫陽花が綺麗。

2012_07120950034

紫陽花って、一輪の中にも、花びらの色にグラデーションがあって・・・・・・枯れかけている様にすらムードがあって・・・・・・本当に見飽きない。

いつまでも眺めては写真を撮り、撮っては眺め、路を行きつ戻りつ堪能する私・・・・・・だんだん飽きてくるおチビ・・・・・・(笑)「お母ちゃん、まだ~!?帰っておやつ食べようよ!」

2012_07120950048

だって・・・・・・だってさ!一年で、この季節にしか見られないお花なんだよ?0歳のおチビと、紫陽花を、一緒にカメラにおさめられるのだって、今だけ・・・・・・。

よく見てごらん?綺麗でしょう?

「うん、確かにきれいだねえ・・・・・・たくさんたくさんさいているねえ!」

日本には四季があって、季節折々の色があって、生で見るお花や動物や川や海や森には、本やテレビでは感じられない匂いや質感や色があるから。お母さんは、おチビに、それにいっぱいいっぱい触れて欲しい。

2012_07120950035 

どこまでも続く紫陽花の花壇。夕暮れ時の風が心地よくて、脇を走り抜けていく電車と線路が立てる音にも風情があって、 とても素敵なお散歩でした。

*****   *****   *****   *****

昨日の飛鳥山は、力強い万緑と、身体中満たされるほどの蝉時雨・・・・・・蝉取りに精を出す男の子たちの姿もちらほら。今時の子も、蝉取りなんてするのね!なんだかうれしくなっちゃいました。ザ・夏休み!な感じ・・・・・・。

おチビが一緒にいてくれるおかげで、おしゃべりできるようになった近所の方たちがたくさんいる。電車の中、お散歩ちゅうの道端、スーパーで・・・・・・一期一会のおしゃべりを楽しませてくれた人たちもたくさん・・・・・・。

おチビと一緒にお出かけするなら、どこが楽しいかなあ?って考えて、今まで行かなかった場所に足を運ぶようにもなりました。桜の季節以外の飛鳥山もしかり・・・・・・。

初めての離乳食つくりは、手間はかかるけれど、新鮮で、薄味に仕上げた離乳食を味見することで、素材本来の美味しさを再認識。旬の素材にも、今まで以上に敏感になってきました。

おチビのおかげで、新しい世界をいっぱい見せてもらっているんだなあ。・・・・・・うん・・・・・・色々なものをおチビに見せてあげているつもりで、実は、私が、おチビにいろんなものを見せてもらっているのかもしれない。見ているようで見ていなかったものの楽しさも、好奇心の塊で、遊びの天才のおチビと一緒だと、気がつくことができる。

ありがとう、おチビ。

まだ見ぬ秋の飛鳥山も楽しみだね。紅葉がきれいなんですって・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧