旅日記

夏旅 ~伊豆編 その2~

2012_08180950299

2012_08180950282

2012_08180950280

2012_08180950295

2012_08180950296

2012_08180950298

2012_08180950309   

2012_08180950300 

2012_08180950325

2012_08180950361

2012_08180950386_3

2012_08180950374

2012_08180950030

2012_08180950033

2012_08180950385

お盆休み。

コダマのお父さんお母さんと一緒に二泊三日の伊豆旅行。

いつも仲良くしてもらっているトシエちゃんファミリーと、夫の先輩ファミリーとも予定を合わせて、昨年夏にもお世話になった夫の会社の保養所に、みんなで宿泊。

初日と最終日は、お盆の大渋滞に見事にはまり、ゆっくり遊べたのは中日だけだったけれど、それでも快晴の城ヶ崎海岸を散策したり、お父さんお母さんは人生初めての陶芸に挑戦したり、濃厚なソフトクリームを食べたり、みんなで浜に繰り出して、海水浴を楽しんだり、貸切状態の宿の温泉にのんびりつかり、湯上りにすご技マッサージチェアで「極楽極楽♪」な気分になったり、お父さん・お母さん・夫・トシエちゃんで卓球で盛り上がったり、チビスケたちは宿の廊下で大興奮でハイハイレースを繰り広げたり、おいしいお魚料理を堪能したり・・・・・・。

私にとっての今回の旅のハイライトは、なんといっても、いるか浜での海水浴!

妊娠中だった昨年の伊豆旅行でも訪れ、すっかり気に入ってしまったいるか浜。運営しているおじさまたちがとにかくみなさんあったかくて優しいし、海の家はないけれどそのぶん落ち着きがあるし、無料の更衣室や水シャワーはあるし、子供には、日にあてて温めてある水を使わせてくれるし、砂浜ではなく砂利浜なので砂遊びはできないけれど、風が吹いても砂が飛んでこないので、お弁当も安心して広げられるし、水がとっても澄んでいてきれい!

のんびり家族で海辺の休日を楽しむには、うってつけの浜。

・・・・・・。昨年は、お腹もかなり大きくなっていたので、泳ぐのは自粛・・・・・・かんかんでりのお日様のもと、気持ち良さそうに海面に浮ぶ夫を指をくわえて見ていたっけ。

今年は、しっかり泳いできました!とぷんと、頭の先まで水に沈めると、なんとも言えない幸福感に身体中が満たされました。やっぱり海が好き!大好き!!

おチビも人生初の海水浴をちょっとだけ体験♪ざぶ~んと波が来ても・・・・・・泣かなかった。水面ばしゃばしゃ手で叩いたりして、はしゃいで・・・・・・「おチビと海に入りたい」また夢が一つ叶ったお母ちゃんです。来年は、浮き輪で一緒にぷかぷか漂って遊びたいなあ。

おとうさんたちが張ってくれた天幕の下、ご飯食べて、おチビは心地よい海風に吹かれながらお昼ねをして・・・・・・。のんびり、贅沢な時間でした。

旅を通して、おじーちゃんおばーちゃんにたくさん可愛がってもらって、おチビはにっこにっこ笑顔一杯!おじいちゃんたち、おばあちゃんたちと一緒にいるときのおチビときたら、いつも本当に幸せそうで・・・・・・むちゃくちゃ愛してもらっていることが、ちゃんと伝わっているんだろうなあ!・・・・・・幸せ一杯のおチビの笑顔を見ていると、私も幸せいっぱいになる。

同行している他のチビちゃんたちはみんなおチビよりお兄ちゃん・・・・・・でも一緒に遊びたくて、彼らのあとを精一杯の全力ハイハイで追いまわす姿も可愛かった。

お風呂や食事を共にする中で、先輩パパママたちからもらえた育児のヒントもいろいろ・・・・・・。

おチビが生まれる前から、みんなで旅をすることが好きだったけれど、子連れだとなおさら、大勢での旅の実りの多さを感じます。みんなのおかげで、想い出と学びいっぱいのすてきな旅になりました。

ちょっと心残りだったのは、昨年行って大感動した赤沢温泉にお父さんお母さんを連れて行ってあげられなかったことと、雨に阻まれ大好きな大室山に登れなかったこと・・・・・・。でも、来年の夏のお楽しみにとっておくことがあるのも、悪くない。

今から、来年の夏旅が楽しみなのです。

*****   *****   *****   *****

赤ちゃん連れの旅・・・・・・大変なこともあるけれど、その大変さこそがあとから振り返ると、何より楽しい想い出になってくれる。そして家事をしなくていいので、おチビが寝付いたあとはとにかくのんびりでき、すごーくリフレッシュさせてもらえます。

行く先々で、今のおチビだからこそ見せてくれる様々な表情があって、その一つ一つが、ただでさえ貪欲な私の旅欲を、どんどん募らせていくわけです・・・・・・。

おチビともっといろんなところに行きたい!いろんなものを見てもらいたい!

おチビが生まれたら、しばらくは旅心が落ち着くのかな~と思っていたのですが、むしろ以前より騒ぎっぱなし・・・・・・。

夫の仕事の忙しさが一段落したら、秋の名残を味わいに、またどこかに旅に行きたいと、目下妄想中のお母ちゃんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏旅~伊豆編 その1~

なんだかんだで10月に突入!

ここに記したくて、記せないまま積み重なっている夏の楽しい想い出の数々を残したまま、すでに10月!

相変わらず毎日てんやわんやです。おチビの進化について行き切れず(いたずら、わんぱくに磨きかかりまくり!!)、育児、家事、製作のバランスに悩み、キャパオーバーになって涙してしまう日もある新米母ちゃんです。

でも、何物にも替えられない大きな大きなエネルギーを与えてくれるのも、おチビの進化の可愛らしさだったりします。

最近、ばいばい、と手を振れるようになった。ちいちゃな手で、ぱちぱちと拍手もできるようになった!今朝、教育テレビに出てくるおねえさんが、「バイバーイ!」とこちらに手を振ったとき、おチビもお姉さんに一生懸命手をふっていた。可愛い・・・!!出かけるためにおしゃれして、おチビに「どお?このコーディネート!」と見せると、満開の笑顔で一生懸命に拍手してくれた。可愛い~~~~~!!!

育児生活・・・・・・「うう・・・大変(涙)」と、「あ~、幸せ!!」の振り幅がすごーく大きい!ジェットコースターに乗っているようなこの日々を、これからも目一杯味わっていこう。

今日は、私とおチビともに、とあることにはじめてチャレンジし、とても思い出深い一日にとなったのですが・・・・・・それはまた今度にして・・・・・・秋が深まる前に、夏の想い出を駆け足で・・・・・・。

8月、夫のお盆休みに、コダマのお父さんお母さんと、友人家族たちと、2泊3日の伊豆旅行をしました。大好きな海にたくさん触れ、おチビの様々んば表情を見ることの出来た、すばらしい旅でした。

この旅の出発前夜に、おチビは人生初の散髪・・・・・・夫がバリカンでガーガーと刈り上げ・・・・・・怖がって泣き叫ぶおチビ・・・・・・携帯で動画を見せながら必死におチビをあやす私・・・・・・汗をかきかき、おチビの頭に縦横無尽にバリカンを走らせる夫・・・・・・いやはや大仕事でした。

ということで、この旅のおチビは刈り立てつるぴか、一休さんばりの、まるこめ頭なのです。

*****   *****   *****   *****

2012_08180950134 

2012_08180950076

2012_08180950046_2

2012_08180950099

2012_08180950105

2012_08180950127

2012_08180950133

2012_08180950152

2012_08180950162

2012_08180950227

2012_08180950232

2012_08180950257

2012_08180950261

2012_08180950270

2012_08180950268 

(つづく)      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏旅~箱根編 その2~

金曜日、おチビが人生初めての発熱をしました。

ご機嫌はよく、はしゃぐ元気もあり、お乳もよく飲むし、食欲もばっちり!でも身体はほかほか通り越して熱々・・・・・・一時は38.7度まで熱があがり・・・・・・。

さすがに寝苦しかったんだろうな。夜中何度も泣いて目を覚まし、お乳を飲んだり、夫に抱かれてほのかに微笑んだり。

熱にうかされるおチビをみているのは、とても切なかった。こうやって風邪や熱を経験して、一つ一つ免疫をつけて強くなっていくことがわかっていても。

「おチビの中の風邪さ~ん・・・・・・おチビの小さな身体の中じゃあ暴れがいがないでしょう?私のほうにうつっておいで~」とささやきながら、おチビの身体を撫でまくったのがきいたのか・・・・・・、土曜日にはおチビの熱は平熱まで下がり、鼻水と、咳が若干気になる程度にまで回復・・・・・・そして日曜日目覚めると・・・・・・元気はじける絶好調のおチビの笑顔!と、ずきずき痛む私の頭と喉・・・・・・ん、風邪さん、こっちにうつってきたのかな!?

日曜日に、真也くんが御神輿担ぐところを、浴衣型ロンパース着て豆絞りしたおチビと、わっしょい、わっしょいと見物するのを、先月からずっと楽しみにしていたのに・・・・・・おチビと私の体調不良&夫もリサーチに出かけなければならなかったり・・・・・・で、断念。ぎゃふん・・・・・・。

おチビの訪問を待ってくれていたおとうさん、おかあさん、ごめんなさい。御神輿おチビと見るのは、来年のお楽しみに持ち越しだ~。

今月は月末まで製作が立て込んでいるけれど、今週はひとつの山場。風邪もなんとか食い止めて、頑張らなくちゃ!

いつにもまにして、てんやわんやな中、現実逃避的な!?旅の想い出プレイバックです。

*****   *****   *****   *****

2012_07290950624

2012_07290950643

2012_07290950637_2 

2012_07290950650

2012_07290950661

2012_07290950672

2012_07290950674

2012_07290950677

2012_07290950675

2012_07290950693

2012_07290950688

2012_07290950698

あるとき、ふいに思いました。

あっという間に大きくなっていってしまうおチビ・・・・・・お友達のところのおチビちゃんたちを見ていても、一歳を過ぎたら、もう『赤ちゃん』というよりは『子供』・・・・・・子供にはもちろん、その歳ならではの可愛らしさがあるわけだけれど、今のぷにぷにハイハイな可愛らしさは、今だけのもの。

0歳児というのは、何か特別な存在のような気がします。

大事な大事な今!あっというまに過ぎ去ってしまう、おチビの赤ちゃん時代。

おチビが一歳になるまえに、おチビと、おじいちゃんおばあちゃんたちとも、いっぱい想い出を作りたい!旅行だ!みんなで旅行に行こう!

そんな衝動にかられた7月・・・・・・すぐに夫に相談して、会社の保養所を予約してもらい、児玉のお父さんお母さんとは8月に、伊豆旅行をすることに・・・・・・。

8月以降は諸事情により旅に行けるか分からなかったうちの両親とは、7月に箱根旅行に・・・・・・突発的に思いついた旅企画だったために、夏のハイシーズンに突入していた箱根は平日しか宿の空きが見つからず・・・・・・お仕事の夫にはお留守番してもらって・・・・・・。

箱根は子供の頃から年に幾度も家族で訪れてきた大好きな土地。

おチビと箱根を訪れたら、絶対にやってみたかったこと・・・・・・芦ノ湖の遊覧船に乗ること・・・・・・♪♪海賊船を模した遊覧船は、箱根に行くたびに必ずといっていいほど乗る大好きな船。

晴れた空に、輝く水面。おチビにとっては初めて乗るお船。

湖面を渡る風に心地良さそうに目を細めるおチビ・・・・・・自分の子供時代の楽しい想い出がいっぱいつまっている場所におチビといられることはなんだか不思議。そしてたまらなく幸せ!

おチビのために父がはりきって探して予約してくれた温泉宿。窓の外の一面の緑が美しい二間続きのお部屋の一方が、私とおチビのお部屋。

母がおチビをみていてくれるまに、ご馳走を堪能させてもらったり、父が眠るおチビをみてくれていたので、久しぶりに母と一緒にお風呂を頂いたり。木々に囲まれた露天風呂・・・・・・極楽だった~!存分に骨休めさせてもらっちゃいました。

いつもどおり、7時半にはことんと寝付いたおチビ・・・・・・いつもは早朝まで眠り続けるのだけれど、旅先でハイになってたのか、夜中にご機嫌で覚醒・・・・・・二時間近くご機嫌に遊びまくり・・・・・・眠くて首かっくんかっくんさせながら、母はお付き合い・・・・・・。それもまた、旅のいい思い出!

翌日はあいにくの雨。宿の素晴らしいお庭をのんびりお散歩して、鯉にえさをあげたり。

御殿場のアウトレットで、おチビに可愛らしいTシャツを買ってもらい、夫へのお土産のシャツを買って帰路に。

おじいちゃんおばあちゃんの笑顔に終始包まれて、いっぱいはしゃいで、おチビ、幸せそうだったなあ。私にとっても、とても大事な想い出となった特別な旅でした。

子連れ旅はなんだかんだドタバタ!大変でもあるのだけれど、今ならではそのドタバタが、なんだか楽しく、愛おしかったり・・・・・・。

伊豆旅も(近々更新予定)たくさんのドタバタがあったけれど、その全部が大事な想い出になっています。

旅はやっぱりいい!おチビー、これからも、みんなでいっぱい旅をしようね。

たくさんの人と触れ合って、様々な場所でいろいろなものを見て、自分ならではの『好き!』を発見する目を養っていってほしいと願う、父ちゃんと母ちゃんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏旅 ~箱根編 その1~

9月です。

まだまだ暑いけれど、空気がしっとりとしてきて・・・・・・夏から秋へと切り替わったのを感じる。ちょっとセンチメンタルな気持ちになる。

今年の夏は、濃い夏だったなあ。

心配ごと色々・・・あれこれ思い悩んで涙した夜も・・・不器用な自分に腹がたった日もあったし・・・おチビへの授乳により妊娠前より8キロ痩せてしまった身体に夏の暑さが堪え、へばってしまったり・・・・・・でも、その都度自分の気持ちや生活を見直したり、考えたりしたことが、ちゃんと血肉になってくれた夏。

学びの多い夏でした。

そして、悩んだり、考えたりした以上に、おチビと一緒に、がっつりしっかり大好きな夏を楽しみ、大満喫しました!

今年の夏に、悔いなし!!

おチビの毎日には、『はじめて』がいっぱい・・・・・・この夏もたくさんのはじめてに満ち溢れていたけれど、なかでも楽しかったのが、両家のおじいちゃん・おばあちゃんそれぞれとの、はじめての旅・・・・・・♪♪

7月・・・・・・私の両親との、箱根一泊旅行・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

2012_07290950516

2012_07290950520

2012_07290950540

2012_07290950568

2012_07290950584

   

2012_07290950596

2012_07290950598

2012_07290950600 

2012_07290950612

2012_07290950614

その2へ続く・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢 幸福な結婚式と初めての家族旅行 その3

2012_06210950505

親子三人、ぐっすり眠って、小鳥のさえずりに満ちたさわやかな朝・・・・・・。

家ではベビーベッドで眠っているおチビ。思えば親子川の字になって一晩中眠ったのは、これがはじめてかも・・・・・・。

窓の外は一面、木々の緑。

2012_06210950518

熱いシャワーを浴びて、寝起きのぼんやりした頭もすっきり!ドライヤーを探して洗面台の引き出しを開けたら、森の中の宿にぴったりな、こんな愛らしいジュエリーボックスを発見・・・・・・。

2012_06210950510

ルームキーも、とっても可愛らしいのです。

2012_06210950577

私たちが泊まったコテージのテラスからの景色。贅沢な新緑のグラデーション。

2012_06210950523

さあ、朝ご飯を頂きに行こう!

2012_06210950532

2012_06210950550

2012_06210950542

レストランでの朝食。まずはドリンクからスタート。いくつかから選べて、私は信州リンゴのジュース。夫はスパークリングワインをチョイス。朝からスパークリング!セレブみたい!なんて贅沢!

好きなものを好きなだけ選んで食べられる前菜は、色とりどりに窓辺に並べられて・・・・・・。

メインは、熱々焼きたての信州のそば粉を使ったガレット!なにを隠そう、ガレットは夫と私の大好物のひとつ。香ばしいそば生地と、ハムや新鮮な野菜、半熟卵のハーモニーにうっとり・・・・・・。

2012_06210950558

お腹も心もまんぷく。

食後の珈琲は、緑あふれるテラス席でいただくことができます。

2012_06210950573

朝の清々しい空気の中、コテージまで戻る・・・・・・木立の中にたたずむいくつものコテージ。

緑のいっぱいある場所にいると、気持ちがくつろぐのか、いつも寝つきのよいおチビさん・・・・・・道すがらに、バギーの中でこくりこくりと船をこぎはじめ、すやすやと寝入ってしまいました。

2012_06210950580

2012_06210950586

バギーのまま玄関先で朝寝。食休みでベッドにごろりした夫もじきにいびきをかきはじめて・・・・・・。

窓の外からはたくさんの鳥のさえずりと、虫の声。それを包みこむ森の静けさとしっとりとした空気。そんななかでの眠りは、なんて贅沢な眠りなんだろう!

2012_06210950584

二人がぐっすり眠っているあいだ、窓の外の緑に目を癒されながら、私はのんびりティータイム。これもなんとも贅沢なひととき。

12時のチェックアウトの時間ぎりぎりまで部屋でくつろいで、ロビーでkenちゃんとmainちゃん、私たち家族同様、式に招かれ、コテージで一晩過ごした友人たちと、ブレストンコートのすぐお向かいにあるこじんまりとした可愛らしいショッピングモール、ハレルニテラスへ。

木製のグッズを扱うお店や、輸入ファブリックがすてきなお店でウィンドーショッピングしたり、ジェラートを食べたり、思い思いにそぞろ歩き・・・・・・。

2012_06210950592_2

作家ものの雑貨を多く扱うお店で、今回の旅のために車を貸してくれた父に、お土産を買いました。

距離にかまけて、なかなか実家に顔を出せず、お誕生日にも、父の日にも、お祝いらしいことをできずにいたから、少しだけ奮発・・・・・・お酒のための盃コレクターの父のコレクションに加えてもらうべく、私が一目ぼれした高盃を選びました。

爽やかな色で描かれた川の流れとも風の流れともとれる絵柄が涼しげで、夏にお酒を頂くのによさそう!この作家さんの作品は、ちょっとポップな感性を感じる図案や色合いが楽しくて、豆皿などもとってもすてきだった。自分用にもあれこれ買いたかったくらい・・・・・・。同じ作家さんのほかの作品ももっと見てみたくて、HPなどあるかな・・・と、お店の方に作家さんのお名前をお伺いしたけれど、わからなかったみたい・・・・・・むむ、残念。

ひとしきりウィンドーショッピングしたあとは、モール内のちょっとした広場にみんなで集合しておしゃべり。mainちゃんを通して知り合うことができた、たくさんの友人達!

mainちゃんが企画してくれる旅で、10年前に一回一緒になっただけ・・・・・・という子もいたけれど、旅って不思議なパワーを持っているから、一度一緒に旅をしたら、もう「友達」になれる。10年ぶりに会っても、「久しぶり~!!」って笑い合えて、一気に近い気持ちでおしゃべりできた。

総勢20人ばかり、赤ちゃんたち、子供たち、大人たち・・・・・・国籍も服装の雰囲気も年齢も入り混じった、一見何繋がりかさっぱり解らないであろう謎の集団・・・・・・かしましく騒ぎながら集合写真を撮る様子を、周りの人たちが不思議そうに眺めていました。

おチビはいろんな人に抱っこしてもらったり、遊んでもらったりして、とっても楽しそうだった!とりわけ、小学生のハーフの美人姉妹ちゃんに奪い合いされながら抱っこされ、頬ずりされ、可愛がられまくり、うはうはでれでれ・・・・・・(笑)。

2012_06210950610

最終的にこの表情・・・・・・。

「きゃっは~~~!!オイラ、たのしくてうれしくてたまらないや!!」

mainちゃんは昔から、自分が出会って好きになった人と人の間に新しい絆をつくる名人だった。そして自分から相手に何かを与えることが、とても自然にできる人。

私自身、mainちゃんを介して仲良くなれた素敵な子たちがたくさんいるし、彼女からたくさんのものをもらってきた。かけがえのない旅の想い出だったり、心のこもったプレゼントだったり、製作の刺激だったり・・・・・・様々なものを。同じように感じている子が、彼女のまわりにはたくさんいると思う。

だから、mainちゃんの周りにはいつも、あったかい大きな人の輪ができている。

この日も、みんなの一日が思い出深いものになるようにと、近くの体験工房をあれこれと探してくれていた。しまっている工房が多く、最終的にそば打ちの体験ができるお店を見つけ、問い合わせの電話をかけてくれていたmainちゃん。自分の結婚式の翌日に、ゲストのために奔走して、そば打ちの予約をいれる花嫁など、そうはいるまい・・・・・・。挙式、披露宴同様、最後までmainちゃんらしいんだから!!

2012_06210950630

これからもずっとずっとずーっと、kenちゃんと、そして私とも(笑)、仲良くしてね!

この先、どんな想い出を一緒に作っていけるか楽しみにしています。

2012_06210950636

そば打ち、とっても魅力的だったけれど、それに参加してしまうと、帰りがとても遅くなってしまいそう・・・・・・早寝のおチビは遅くても8時には就寝しちゃうし・・・・・・もう大満足の旅だったもん!欲張らずに、今回は帰ろう!みんなに別れを告げ、一路東京へ・・・・・・。 

kenちゃんとmainちゃんのおかげで、おチビの人生最初の旅、そして私たち家族の初めての家族旅行は、とても幸せで、ずっと忘れられない素敵な旅になりました。

そこに実際に足を運ばないと、会えない人がいて、見られない景色があって、感じられない空気があるから、おチビにはいろんな場所を旅して、いっぱい感動できる人になってほしい。

男の子だし、大きくなったら、私たちと・・・より、お友達と一緒や、あるいは一人で、あちこち飛び回るほうがいいけれど、それまでは・・・・・・お父さんとお母さんが、いろんなところに連れて行ってあげるよ!グルメだったり、見たい景色だったり、ショッピングだったり・・・・・・旅の楽しみはいろいろあるけれど、いつもと違う景色に目をまんまるにしてわくわくしているおチビの顔を見つめることが、これからは私の一番の旅の醍醐味になりそうです。

行き同様、帰りの車の中でもずっとすやすや眠り続けていたおチビ・・・・・・家の近所まで来たとき、耳元で「おチビ、もうすぐおうちだよ」とささやくと、その言葉を待っていたかのように、満面の笑みでばちっと目を覚ましました。

旅もいいし、旅から帰るとおうちもいつもより愛おしい場所に思えるんだよね。

楽しかったね、とっても!

*****   *****   *****   *****      

さて、七夕だった昨日・・・・・・私も仲良くしてもらっている、kenちゃんmainちゃんの地元の親友たちが一生懸命準備してくれた手づくりのサプライズウェディングパーティーが東京で開催されました。  本当に本当に愛情いっぱいにパーティーで、大感動!お久しぶりな友人達も大集合して、家族一同、最高に楽しいひとときを過ごさせてもらったのですが・・・・・・その話は、またいつか・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢 幸福な結婚式と初めての家族旅行 その1

6月20日。

おチビが生まれる前から、この日をとっても楽しみにしていました。

大切な大切な友人、mainちゃんとkenちゃんの、結婚式・・・・・・家族三人、ご招待してもらって・・・・・・お祝いの気持ちいっぱいになって駆けつけました。

おチビにとっては、これが人生で初めての旅・・・・・・私たち家族の初めての家族旅行。

2012_06210950143

行きの車の中、気持ち良さそうにずっとぐっすり眠っていたおチビ。まもなく目的地に着くというころに、ぱちりと目を覚ましました。

「おチビ、着いたよ~」

「ほわあああ~・・・みどりがきれいなところだなあ~」

2012_06210950161

2012_06210950173

2012_06210950152_2

着いたのは・・・・・・軽井沢ホテルブレストンコート。おチビがお腹の中にいた一年前の今頃、夫との旅で訪れた石の教会が、二人の挙式の舞台。(昨年の訪問のようすはこちら→http://hongous-factory.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-b44b.html)

教会に続く、緑に囲まれた石畳の小路も、木々に守られるように建つ印象的な石の教会も、入り口で出迎えてくれるユニークな木製の椅子も・・・・・・まさかこんなに早く再会できると思わなかった。

2012_06210950149

2012_06210950145

台風接近に、日本列島が備えていた前夜。この日の天気が気がかりでなかったといえば嘘になるけれど、mainちゃんとkenちゃんの結婚式だもん・・・・・・不思議と、きっと晴れるに違いないと思っていました。・・・・・・ほら、予想通り!雨に洗われた緑は芳しく清々しく、空は眩い青さ!

ブレストンコートの一階ロビー横のカフェのテラス席。本当はなにか注文するべきところ、空いている時間帯だからと、快く休憩するために使わせてくれました。

式までのつかの間、緑に囲まれ、おいしい空気を味わいながら一休み・・・・・・。

着替えをし、身支度を整えて、どきどきわくわく挙式を待ちます。

2012_06210950196

おチビも、この日のために、夫がおチビに縫ってくれたテーラードカラーのロンパースを着てお召かし。結局、パーティーがスタートする頃には暑くって、脱がせちゃったんだけれど、よく似合ってる!この夏、お出かけのときにいっぱい着ようね。

2012_06210950216

2012_06210950218

mainちゃんの友人kanaちゃんの美人娘ちゃんたちにたくさん可愛がってもらい、でれでれするおチビ・・・・・・。

2012_06210950246

2012_06210950266

2012_06210950272_2

一年前、訪れたとき、大感動した石の教会。

内部には自然光がやわらかく満ち、固い石組みでありながら、あたたかさを感じる壁にはシダが生え、水が流れ・・・・・・神聖な洞窟の中にいるような気持ちになる。

去年、夫と、mainちゃんにぴったりの教会だよね、いつかmainちゃんとkenちゃんが挙式をあげる日が来たら、この教会を勧めようよ!・・・・・・なんて話をした・・・・・・勧めたわけじゃないのに、一年後の今、二人の結婚式がここで執り行われ、そこに立ち会えていることの不思議。

ベールをかぶって登場したmainちゃんは透き通るようにきれいで、いささか緊張の面持ちのkenちゃんが凛々しくて、牧師様のお話はとても心がこもっていて、教会のなかが、幸せな空気でいっぱいになって・・・・・・。 大感動!涙ぽろり・・・・・・。

2012_06210950278

2012_06210950304

2012_06210950296   

挙式の余韻さめやらぬまま、陽光輝くサンルームでお祝いのシャンパンが振舞われて・・・・・・レントランに移動した後、パーティーのはじまり・・・・・・。

(つづく・・・・・・)         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆旅行~3日目・緑のお山と名工の技~

伊豆旅行、最終日。

今日もピーカン!

朝ご飯を頂いて、すぐにお世話になった保養所をチェックアウト、朝一番で大室山へ!

リフトに乗って一気に山頂へ・・・・・・♪わくわく!

2011_08110952543

大室山は、縄文時代に火山活動を行っていたとみられる火山。

山頂には、直径300メートル、周囲一キロ、深さ70メートルの大きな噴火口跡があります。

2011_08110952558

噴火口の底は、なぜかアーチェリー場に・・・・・・。

大室山に登ったら、火口の周りをぐるりと周回する「お鉢巡り」ははずせません。

2011_08110952568

この日は朝9時にはすでに30度を超えるほどの猛暑。

でも空は青く澄み渡って、景色は最高!張り切って「お鉢巡り」、スタート!

2011_08110952569

2011_08110952587

2011_08110952599

一周、30分ほどをかけて山頂をぐるり、歩く。

陽をさえぎる樹一本生えていない山の上、とにかく暑い、暑い!

でも、360度のパノラマの素晴らしさ、開放感は、なににも代えがたい。

富士山の祭神、木花咲耶姫の姉姫である磐長姫命をお祭りしている大室山。安産のご利益もあるとのこと・・・・・おチビが元気一杯に生まれてこられるよう、お祈りも・・・・・・。

2011_08110952564

大室山は、私の母の大好きな場所。

今まで、母と一緒に何度か訪れたことがあったけれど・・・・・・。大室山は樹木のない草山で、一年に一回、毎年二月に全山の山焼きが行われています。山焼きされた後は、草の新芽が出ずる季節までは、山全体が趣きある灰褐色になる。その、山焼き後の季節にしか、私は大室山に登ったことがありませんでした。

だから、この緑の大室山は初体験!

山焼き後の渋い山の色合いも風情があってとても素敵なのだけれど、盛夏のこの緑のお山の初々しく瑞々しい美しさも本当に素敵。ますますこのお山が好きになってしまいました。

2011_08110952608

雄大に広がる景色を見下ろしながらの帰りのリフト・・・・・・。

一生懸命歩いて火照った頬に、風が心地いい。

大室山を下山した後は、伊豆半島を横断して、西伊豆へ・・・・・・緑あふれるきれいな村をいくつも通り抜けながらの、快適なドライブ。

当初の予定では、堂ヶ島で、洞窟を巡るクルーズツアーに参加するつもりだったのだけれど、念のためクルーズ会社さんに電話してみたところ、この日は高波のため、全ツアー欠航とのこと・・・・・・残念!でも、自然が相手のこと、しかたない。次の伊豆訪問の楽しみにとっておくことにして、目的地を堂ヶ島すぐそばの町、松崎に変更。

漆喰芸術の名人として名高い、入江長八の作品を収めた長八美術館へ・・・・・・。

町へ到着したのがお昼時だったので、美術館入館前に、美術館前の磯料理屋さんでお昼ご飯。

夫は海草が練りこまれた風味あるおそばを注文。そして、私が頼んだ天ぷら定食、1500円・・・・・・出てきた天ぷらのボリュームに、夫とともに絶句!

アジなどのお魚の天ぷら数尾、サザエの天ぷら、野菜のおっきなかき揚げ二つ、こぶし大の明日葉のかき揚げ三つ程、極め付きは羽根を広げた飛び魚の丸揚げ・・・・・・!

これに釜飯を炊くときに使うような小さな鉄釜で一つぶんずつ炊き上げたご飯、お味噌汁、サラダ、煮付けの小鉢、浅漬けきゅうりが山盛りついて、さらに伊豆名産のところてんを使った、様々な味付けの自家製ところてんが食べ放題・・・・・・。ちょっとサービスしてくれすぎじゃない!?

初めて食べた飛び魚の天ぷら。さくりと揚がっていて、身はふわふわで上品な旨みたっぷり、羽はカリカリ香ばしくて骨煎餅みたい。おいしかった!

2011_08110952611

夫にもたくさん手伝ってもらって、おいしく完食。

充分すぎるほどに腹ごしらえがすんだところで、「伊豆の長八美術館」へ。

2011_08110952617

2011_08110952614

なまこ壁がモダンに取り入れられた印象的な造りの美術館エントランス。

『伊豆の長八は江戸の左官として前後に比類ない名人だった』と、かの高村光雲に言わしめた名工、入江長八の描いた画や、手がけた漆喰鏝絵が収められた美術館。

子供の頃にも一度来たことがあるのだけれど・・・・・・その時は、彼の作る竜や、人物を描いた作品がいかめしく重厚に見えました。

今回再訪してみて、改めて作品をみてみると・・・・・・なんだか愛嬌がある(^^)

画面を作り上げている技術は精巧で素晴らしいのだけれど、作風は決して気取っていなくて、どんなモチーフにも活き活きと血が通っていて・・・・・・みんなどこか可愛らしい。

静かな館内でのんびり作品を眺めて、楽しい気持ちになって、美術館を出ました。

2011_08110952620 

美術館の前で、この旅最後の記念写真・・・・・・。

このあとは、細い細いくねくねの山道を延々走り抜け、修善寺を抜け、帰宅の途に・・・・・・。高速道路で、30キロ超えの事故渋滞にはまり、私はうつらうつら眠らせてもらったりしていたのでともかくも、ずっと運転をしてくれていた夫はとても大変だったと思う・・・・・・無事に、川崎の私の実家に到着。

毎日とても暑かったし、少しくたびれもしたけれど・・・・・・楽しかった~!!

保養所を申し込んでくれて、運転を担当してくれて、今回の旅に連れ出してくれた夫に、本当に感謝!

そして、お腹の中のおチビさんにも大感謝!妊娠後期に入っているのに旅行に安心して行けたのも、おチビが元気でいてくれるからこそ・・・・・・。

出産後は、しばらくお預けになるであろう夫との二人旅・・・・・・でも、お腹の中ではおチビが始終動いていて、その胎動を感じながらの旅は、三人旅のようでもあって・・・・・・産前最後の旅は、とても幸せな旅となりました。

そして、伊豆ってやっぱりいいところだなあ!って・・・・・・。家族や友人達と、今まで数え切れないくらい何度も訪れている伊豆。今回の旅で発見した新たな魅力もたくさんあって・・・・・・今度来るときは、おチビと、両家の両親達と、みんなで一緒に、わいわい旅がしたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆旅行~二日目・陶芸体験と最高の露天風呂~

8月も終わり、9月突入・・・・・・。

暑さぶり返している東京です。

とにかく湿気がすごくて蒸し暑い!むしむしむしむし。

ただですら大きなお腹抱えてうんしょうんしょと生活している妊婦には、ちょっと辛い陽気です。

べたべたになる肌に、うーむ・・・・・・とうなりながら、お盆の伊豆旅行も、毎日すっごく暑かったけれど、湿気がなくてからっとした暑さで、木陰にいると風が心地よかったよなあ・・・・・・なんて、うっとり思い返したりして・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

というわけで、伊豆旅行記、二日目・・・・・・。

Photo

前夜早寝して、ぐっすり眠って、すっきり気持ちよく目覚めた朝。

朝ご飯をたっぷり頂いて、出発!

この日の最初のメインイベントは、陶芸体験♪

保養所から車で5分ほど・・・・・・ほど近くにあるアトリエ、『ほけきょ庵』さんへ・・・・・・。

2011_08110952507 

木立に囲まれた、可愛らしい工房・・・・・・。

2011_08110952494

今回、私と夫がトライしたのは、電動ろくろを使った陶芸。

私は手びねりでの陶芸は何度か経験があるけれど、電動ろくろを使うのははじめて。夫は陶芸体験自体がはじめて!どきどき・・・・・・朝の光が降り注ぐ、素敵な作業スペースで、インストラクターの方の指導を受けながら、いざっ・・・・・・。四苦八苦しながら・・・・・・。

Photo_2

出来上がり♪んー、楽しかった♪!

一つはお茶碗、もう一つはお酒などを飲むときのタンブラー・・・・・・のつもり。

土を触ってものづくりするのは楽しいし、小奇麗に仕上がらなくても、自分の手で作った器には愛情が湧くものです。

私に旅で陶芸をする楽しさを教えてくれたのは、mainちゃん。

彼女が企画してくれた旅で、素朴なご夫婦が営んでいる森の中の小さな工房で、みんなで挑戦したのが、私の初めての陶芸体験。

わいわいきゃあきゃあ言いながら旅の仲間と器を作る時間自体がとてもいい思い出になるし、焼きあがった器が家に届いたときに楽しかった旅のことをまたあれこれ思い返せるし、そうして食器棚に加わった器を、日々使うたびにほんわり旅の幸福感がよみがって、なんだかうれしくなるし・・・・・・旅先での陶芸体験は、一粒で何度もおいしい!

2011_08110952499

こちらの工房では、作り上げた器の焼き方を、何種類かの色合いのなかから自分で選んで指定することが出来ます。

私と夫は、柔らかい白い肌が優しい、こちらの器たちと同じ焼き方をセレクト・・・・・・今日作ったものは、工房の方たちによって、窯で焼き上げられて、後日、我が家に届きます。

到着まで、だいぶ月日はかかるのだけれど、わくわく待つ時間も、また楽しい♪お腹にオチビを抱えて作った特別な器たち・・・・・・きっと、宝物になる!

2011_08110952501

2011_08110952503

豊かな緑に囲まれ、心地よい風の吹きぬけるこちらの工房では、フェルト作品や、お香作りのワークショップも行われていて、ファミリーやカップル、女子旅のガールズグループなど、様々な旅行者で大盛況でした。

2011_08110952506

お庭先で、こんな可愛いオブジェがお見送り・・・・・・陶器でできたスイカと、カブトムシくんたち・・・・・・。

2011_08110952518

2011_08110952512   

製作に集中したあとは、お腹においしいご褒美を・・・・・・。

「ほけきょ庵」さんのすぐそば、テディベアミュージアムのお隣にあるカフェレストラン、「ケニーズ ハウス」でビーフシチューのランチ。

こちらのビーフシチューはお取り寄せも行っていて、伊勢丹のウェブショップの食品のお取り寄せランキングで、一位になったこともあるそう・・・・・・。

優しい甘みのまろやかなシチュー。おいしくペロリ♪

こちらのお店は、ソフトクリームもとてもおいしいと評判なのだけれど、ランチでお腹もいっぱいになっているし・・・・・・今は、ぐっとガマンして・・・・・・。

次の目的地へ。

途中プチ渋滞に巻き込まれたりしつつも、20分ほどで到着したのは、「赤沢温泉」。

赤沢海岸沿いに建つ、化粧品販売で有名なDHCが営む日帰り温泉施設です。

ここの温泉は、できた当初から、ずーーーっと、行ってみたい!と思っていた、私の憧れの温泉。

今回の旅行でも、訪れることがとってもとっても楽しみだった場所。

なにしろお風呂なので、写真は撮れなかったけれど・・・・・・。

素晴らしいところでした!!

今までいろんな温泉に入ってきたけれど、その中で、ロケーションではここがピカイチ!

海辺の高台に建つビルの、3階と4階に位置する大浴場は、とにもかくにも、眺望が素晴らしい!

露天風呂にやってきた人たちみんな、最初に必ず、「わああ!!」と感動の声をあげていました。

テレビの旅番組のレポートや、ガイドブックの写真などで見て、ロケーションが最高なことは、私ももちろん知っていたのだけれど、実際にその場に立つと、映像や画像をはるかに超えた、想像以上の素晴らしさ・・・・・・。

広く美しい海と、その海岸線を彩る万緑の山並みを一望しながら、開放感あふれる露天風呂につかるひととき・・・・・・、至福・・・・・・!!

海を見渡せる温泉・・・・・・というより、海と一体化しちゃってる温泉、というか・・・・・・。

言葉での説明が難しいので、ご興味ある方は赤沢温泉のHPをご覧頂きたいのですが、アジアの高級リゾートのプールさながらに、広い広い浴槽の端からかけ流されたお湯が、海へ落ちていっているように見えるつくりになっていて、お湯につかっていると、海とお風呂がまるで溶け合ってしまっているように見える。

お風呂につかっているのか、海に浮んでいるのか、わからなくなってくるような・・・・・・。

前日にいるか浜での海水浴をぐっとガマンした私、思わぬところで、海水浴気分を味わえちゃいました(笑)。

お湯で身体が火照ってきたら、湯船のそばの石のベンチに腰掛けて、海風を感じながら、きらめく海を眺める・・・・・・真っ裸で全身に海風を浴びるのがこれまた爽快、心地よい!

身体と心のこわばっているところが全部ゆるゆるほどけていくような、最高の癒しのひとときでした。おチビも気持ちよいのか、お腹のなかでずっと、くにくにぽこぽこ楽しそうに動いてた。

館内はとても清潔だし、洗いたてのタオルを無料で貸し出してくれていて自由に使わせてくれるし、DHCの基礎化粧品も使い放題だし・・・・・・・週末やハイシーズンは入湯料1600円、それ以外は1300円。とっても良心的な料金設定だと思います。

伊豆を旅する全ての人にお奨めしたいくらい、お気に入りになってしまった場所。

2時間くらい、のーんびり過ごして、ほこほこのふにゃふにゃの大満足で温泉を出たあとは、宿の近くの旅の駅という、道の駅のような物販所へ・・・・・・。

ここに、お昼にランチをした「ケニーズ ハウス」の出張店舗が入っているのです。

2011_08110952528

お風呂上りのため、すっぴん眉毛なし、失礼します(笑)!

お目当てはもちろん、お昼にガマンしたソフトクリーム♪

濃厚なミルクソフトと、カカオが練りこまれた黒いコーンが特徴。

2011_08110952522

ソフトクリームと、抹茶のサンデーを夫とシェア。

お風呂上りの身体に、おいしいおいしいアイスが沁みます(^^*。

窓の外には、海も見える。幸せ~♪

2011_08110952532

宿の晩ご飯までにまだ少し時間があったので、保養所の周りを少しドライブ。

大好きな大室山。まあるいシルエットがおおらかで、すごく可愛らしい。

保養所に戻って、6時からご飯食べて・・・・・・満腹でお部屋で少しころころして、お風呂にさっと入って・・・・・・保養所ではたくさんの映画のDVDを貸し出してくれていて、私達も夕食後に観ようと、「レニーのおいしいレストラン」を借りていたのだけれど、この日も前夜に引き続き、10時前にはすっかり眠くなってしまって、早々と就寝。

早寝早起き、あれこれ欲張らず、のんびりゆったり過ごす一日・・・・・・子供の頃の夏休みの旅行を思い出すようなリズム。それがすごく心地いい。

翌日は、朝一番でリフトで大室山に登ります・・・・・・。

(つづく・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

伊豆旅行~一日目・青い青い海との1日~

よく晴れた朝。青空!

空の青さは少し淡くて、セミの鳴き声がかしましくても、やはり秋が近づいてきていることを感じます。

夏の気配を感じられるうちに、今年の夏の想い出を、少しづつ記録しておきたいと思います。

*****   *****   *****   *****

夫のお盆休み。伊豆への旅・・・・・・。

先月の草津・軽井沢旅行が、出産前の最後の旅になると思っていました。だから、想い出がいっぱい欲しくて、いろいろ欲張って、様々なものを観て、たくさん歩いて、おいしいものいっぱい食べて・・・・・妊婦旅らしからぬアグレッシブな旅を満喫♪大満足で旅を終えたわけなのですが・・・・・・。

その後、夫が会社の伊豆の保養所に宿泊申請を試しに出してみたところ、申請が通った!

その保養所は、私の大好きな伊豆高原の山、大室山のふもとにあり、格安で宿泊することができます。

ということで・・・・・・この夏二度目の旅行が決定。伊豆・二泊三日の旅。私が妊娠後期に入っていることもあり、今回の旅のコンセプトは、海辺や緑のなかで、とにかくのんびり、リラックスして過ごすこと・・・・・・。

旅出発前夜は夫とともに私の実家に宿泊。実家の車を借りて翌朝出発。

ハイシーズンということもあり、渋滞が懸念されたけれど、心配をよそに道路の混雑は一切なく、快晴のもと、伊豆まで快適なドライブ♪

お昼前には伊豆高原に到着。

最初の目的地は、伊豆高原が誇る景勝地、城ヶ崎。

2011_08110952397

2011_08110952404

2011_08110952372

2011_08110952394

切り立った海岸線の岩肌と、海の青さの対比が野生的で美しい城ヶ崎。

私は今までに、家族や友人達と何度か訪れたこともある大好きな場所なのですが、今回、海の美しさにとにかくびっくり!

こんなに綺麗だった!?   

雲ひとつない空の青さを映した紺碧色、吊り橋から下をのぞくと、はるか下の海面は透き通って、底すら見えそうなほど・・・・・・。

崖のように切り立つ岩場には、ところどころ柵があるだけ。個人の責任のもと、岩に登ったり下ったり、崖端まで行って、遠い足元にうちつける波しぶきを眺めることもできます。

こういう場所に来たとき、私は本来あちこちよじ登ったり乗り越えたり、お転婆なほうだけれど、今回はなにぶん大きなお腹を抱えているので・・・・・・、おしとやかに、いろいろな場所の岩場にわくわくとトライする夫を微笑ましく眺めておりました。

果敢に岩先に立つ、小学生くらいのお兄ちゃんに向かって、「お兄ちゃん!やめてよ!落ちちゃうよ、あぶないよ!!」と半べそで叫び続ける幼稚園児くらいの妹ちゃんの必死な様子を眺めていたら、子供の頃、幼なじみたちと母親たちとの伊豆旅行でこの場所を訪れたときのことを思い出した。

はしゃいで岩場を散策する私とふっことあやちゃんの背中にむかって、極度の高所恐怖症のめぐちゃんが、同じように叫んでいたっけ・・・・・・。

この日はとにかく良く晴れていて、日差しも強く、とろけそうな暑さだったけれど、湿気は少なく、海風が吹くと本当に心地よくて・・・・・・美しい海の景色を堪能した後は、美味しい海の幸を堪能するべく・・・・・・城ヶ崎の駐車場で乗車客待ちをしていたタクシー運転手さんにおすすめのお店をきいて、磯料理のお店へ。

2011_08110952410

いなだのお刺身定食と、伊豆名物金目鯛の煮付け定食を夫とシェア。

金目鯛・・・・・・立派な尾頭付き!

お腹がいっぱいになったあとは、せっかく海自慢の伊豆にやってきたのだから・・・・・・と、海水浴へ。

2011_08110952470

宿からも程近い、こじんまりとした可愛らしいビーチ、いるか浜。

2011_08110952453

2011_08110952426 

2011_08110952418

・・・・・・ま海水浴とはいっても、私はぽこんとふくらんだお腹ゆえ、手持ちの水着も着られないし、お腹の中におチビを抱えて海で泳ぐことにも少し不安があって・・・・・・泳ぐ夫を激写したり、 浜辺を散歩したり、かき氷を食べたり、脚だけ水につかってみたり・・・・・・。

2011_08110952433

2011_08110952432   

この浜、とにもかくにも水がきれい!ものすごい透明度!!砂利砂の海底も足裏に心地よい感触で楽しくて。

海面に降り注ぐ日差しが作る光の編み模様が、海底にうつってゆらゆら揺れて・・・・・・眺め飽きない美しさ。

脚をつけているだけでも、海のエネルギーをぐんぐん吸収。水に触れているところから、身体の中の毒素がどんどん抜けて行って、代わりにパワーが芽生えてくる。

やっぱり私、海が好きだなーーー!!!

2011_08110952460

あまりにもきれいで素敵なビーチだったから、本心をいえば、やっぱり脚だけでなく、ざぶんと頭の先まで水につかってのびのび泳ぎたかったけれどっ・・・・・・。

それはまた、おチビさんが出てきてからのお楽しみ・・・・・・♪

波も少なく、ムードも落ち着いたビーチなので、ファミリーが多くて。波打ち際でお父さんやお母さんに抱えられて、うれしそうにちゃぷちゃぷ水浴びしている赤ちゃんの姿もちらほら。

うちのおチビさんは、海、好きになってくれるかな?・・・・・・夫と私のところに来てくれた子だもの、 絶対、海好きなはず(*^^*!!

このビーチにも、いつか連れて来てあげたいな。

一時間ほど、ビーチで過ごして・・・・・・本当はまだまだずっとここにいたかったけれど、じりじり照りつける日差しに頭をやかれて、ちょっとふらふらしてきたので、後ろ髪ひかれながら、「また絶対、来ようね!」と夫と誓い合ってビーチをあとに・・・・・・。

2011_08110952478

保養所にチェックインする前に立ち寄った道の駅のような物販所でおやつ♪

旅の間は、やっぱり毎日一つはソフトクリームを食べないとね!

伊豆の名産柑橘、ニューサマーを使ったニューサマーソフト。ニューサマーの甘酸っぱいジャムが添えられていて、ソフトと一緒に食べると味わいさわやか。

日が傾きかけた頃、今日の宿泊場所である保養所へ。

会社の保養所を利用するのは、今回がはじめて。

夕食と朝食付きで、二人で二泊しても合わせて1万円で充分なおつりが返ってくるほどの低宿泊料金。築30年ほどたつときくし・・・・・・正直、夫も私も、食事内容や、宿の快適さには全く期待はしていませんでした。

伊豆の宿の宿泊料金が高騰するお盆時期、その値段で泊まれるなら、屋根があって、お布団があって、眠れたらそれだけでいいよね!・・・・・・くらいの気持ちだったのですが・・・・・・行ってみてびっくり!

大室山ののどかで美しい丸い山の稜線が間近で眺められる絶好の立地。うちっぱなしのコンクリートと、落ち着きのある木材を組み合わせてデザインされたモダンかつあたたかみのある建物。迎えてくれた管理人の方はとても感じがよく、館内は隅々までお掃除が完璧に行き届いていて、どこもぴっかぴか。

2011_08110952486

部屋は広々としていて、畳やふすまなども真新しい様子で、なんとも気持ちがよい。部屋の大きな窓からは手入れの行き届いたきれいなお庭が見渡せ、さらにその彼方には夕暮れの日差しに輝く海も見える。(写真はお部屋の窓からの眺め)

そしてうれしいことに、お風呂は温泉!石造りの浴槽と、木の天井という造りがおしゃれな浴場。大きな窓の外は一面豊かな緑。充分な広さの湯船にたっぷりのお湯。この日の保養所の利用者は、我が家と、夫と同じオフィスの違う部署で働く女性とその旦那様、娘さんの3人家族二組だけだったため、その開放感いっぱいのお風呂がなんと、貸切状態♪

贅沢すぎる!

夕食前にお風呂を頂いて、さっぱりした身体で部屋の窓辺の椅子に座り、きれいなお庭を眺め、ひぐらしのなく声をきいていたら・・・・・・、まるで自分の別荘で過ごしているような、なんともくつろいだ気分になってきました・・・・・・あー、幸せ♪

お食事は、夕食は6時から、朝食は8時からと決められています。おかずの品数が多くて、これまたびっくり!手づくりの優しい味がうれしい。

お腹いっぱいご飯を頂いて、部屋で今日の出来事を振り返ったり、明日の予定を相談したりしながら、まったりころころしていると、一日たっぷり夏の日差しと潮風を浴びていたこともあってか、10時頃にはすっかり眠くなってしまいました。

心地よい疲れとともに布団に潜り込み、ぐっすり眠って、とっても楽しみにしている予定のある翌日にそなえます・・・・・・。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の夏の旅行~番外編 旅のおみやげ~

草津・軽井沢旅行から戻り、半月以上が経ちましたが、今あれこれ思い出しても、「あー、楽しかったなあ!」と幸せな気持ちになります。

普段の旅では、あまり自宅用のお土産は買わないのだけれど、今回の旅ではちょこちょことお買い物もしました。

2011_07120952010

草津のガラス工房のワークショップで作ったとんぼ玉。

シンプルでいて、ちょっと可愛らしさもあるものに仕上げたくて、瑠璃色の地に白い水玉模様を散らしてみました。

時間がなかなか取れず、まだアクセサリーに仕立てられずにいるけれど、この夏中にペンダントにして、身につけてお出かけしたい。

2011_07120952002

長野のご当地スーパー、「つるや」さん。

おいしいオリジナル商品がいろいろあるときいたので、ちょっとのぞいてきました。

人気だというオリジナル生ドレッシングをお土産に・・・・・・。

バジル&レモン。さっぱりしたおいしさで夏の身体にうれしい。海草サラダなどに相性ぴったり!

2011_07120951993

旧軽銀座のはちみつ専門店にて購入。

軽井沢で採れた、あかしやのはちみつ。

濃厚かつ後味さっぱり、スタンダードなおいしさ。

パンケーキにかけたり、ピーナツバタートーストに少し垂らしたり、フルーツと混ぜたプレーンヨーグルトやミルクに入れたり・・・・・・、朝食に大活躍!

朝ご飯に優しい甘さのものがあると、うれしいし、なんだか元気も出てくる。

お料理のコク出しや、照り出しに使ったりもして、あっという間に食べ切っちゃいました。

2011_07120952005

実家や、お隣のおうちの奥様へのお土産を選んだお店で、あまりにも綺麗で、ついつい自分達用のものも選んでしまったゼリー。

フルーツの色を生かしたフレッシュで鮮やかな配色が目にもおいしい。

賞味期限が長いので・・・・・・なんだかもったいなくて、まだ食べられずにいます。

かんかんに暑い日のおやつに頂きたい。

2011_07120951999

「Coruri」さんの小さなお菓子たち。

『コルリのきほん』と名付けられた重なって袋に入ったサブレは、愛らしい小鳥の形をしています。

おうちで作るお菓子さながらに、とてもシンプルな材料で愛情込めて作られたお菓子は、どれも食べると優しい気持ちになれる味。

お取り寄せもできるそうなので、興味ある方はHPを検索して見て下さい。『おめかしパウンド』という、可愛らしい形のビスケットでデコレートされたパウンドケーキがとても可愛らしくて、私も何かの折に、ぜひ取り寄せてみたい!と思っています(^^)

2011_07120952001

ハルニエテラス内の、木工製品を並べたお店で一目惚れしたト音記号の形の木製ブローチ。

ピアスやネックレスなどはつけずに、ぽんっとこれ一つ、襟元につけるのがかわいい♪

見る度に軽井沢の森の心地よさを思い出すような素朴なアクセサリー。気に入っています。

*****   *****   *****   *****

この草津・軽井沢旅行が今年最後の旅になると思っていたのだけれど・・・・・・

夫の会社の伊豆の保養所に宿泊申請したところ、希望が通って、夫の夏休み中に伊豆へ旅に行けることに!またわくわくわくわくしています。

でも、今度の旅ではあれこれ欲張らず・・・・・・、のんびり過ごすつもり・・・・・・。

マイ・バースデー・マンス、一年で一番好きな月!8月がスタートしました。

行きたいところたくさん!会いたい人たくさん!やりたいことたくさん!やらなきゃいけないこともたくさーーーん・・・・・・

はりきって行こう! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧