おうちの仕事

児玉家の晩ご飯

最近は、妊婦さんの体重管理に厳しい病院が多いそうだけれど、私が通っていた産科の先生は、「母体が健康でありさえすれば、体重はぐんぐん増えてもOK!」という考えを持っていて、とても大らかでした。

というわけで、つわりが終わってからは、おいしいものを思うままにたっぷり食べて、最終的に14キロほど産前より体重増加・・・・・・赤ちゃんを産み落としたら、赤ちゃんや羊水や胎盤の重みなどで、それだけで7キロほどは減る、と聞いていたのだけれど、実際は出産直後はおチビの体重分ぐらいしか減らず・・・・・・少々焦るも、始まった怒涛の育児生活の中で、6キロほど一気に落ちて・・・・・・母乳あげてるし、このままもとの体重まで一気に減るかな~と期待をしたけれど、そこからは停滞気味・・・・・・。

目指せ、産前よりもスタイルアップ・・・・・・!!が目標なので、ゆくゆくは絞って行きたいけれど、今はおチビに栄養たっぷりのお乳を飲んでもらいたいから、ダイエットはもちろんしない!

ということで、日々あれこれ作り、たっぷり食べています。

産後からの、児玉家の晩ご飯ダイジェスト・・・・・・。

Photo

家事のサポートに来てくれていた母帰宅後、記念すべき初の夕ご飯。シーフードミックスと野菜の中華風炒め。ほうれん草のおひたしとトマト。冷奴。肉じゃが。お味噌汁。

育児と家事の両立の仕方がまだ全く分からず、とにかくてんやわんやだった頃・・・・・・わずか二ヶ月ばかり前のことなのに、なんだかすごく懐かしい。 「おチビが寝てくれている間に早く支度しなきゃ!」と、必死で台所に立っていた自分が、愛おしいです。

Photo_2

コラーゲンたっぷり♪手羽先と野菜の煮込み。昆布を一緒に煮込むのは母から教えてもらったワンポイント。あらびき黒胡椒をきかせて、味にパンチを加えたところは私のオリジナル。ほうれん草のおひたしとトマト。きゅうりともずくとおかかの和え物。野菜とワカメたっぷりのお味噌汁。

Photo_3

鱈と野菜のホイル焼き。寒くなってくると食べたくなるホイル焼きは、夫と私の共通の好物のひとつ。あさりと野菜のお吸い物。ほうれん草と玉ねぎのナムルとトマト。様子を見に来てくれた母が持ってきてくれた里芋と大根とにんじんの煮物。

Photo

豚肉の冷しゃぶの日。たっぷりのえのきやもやしなどの野菜を一緒にゆでて、カサ増しするのが野菜好きの我が家のスタイル。いつもは大根おろしを添えたポン酢で食べることが多いけれど、この日はちょっと気分を変えて、特製のごまダレで・・・・・・。椎茸とカボチャの煮物、あさりと大根の酒蒸し、野菜スープ。

Photo_2

鯵の干物、白菜の生姜焼き、豆腐の野菜あんかけ、ピーマンと大根とおかかの蒸し物とトマト、お味噌汁。 お魚に、野菜のおかず色々。こういう献立が一番落ち着きます。

Photo_3

夫の大好物、焼きうどん!いつも大喜びで食べてくれるので、つくり甲斐がある一品。ほうれん草のおひたしとトマト、ナメコおろし、野菜いろいろ入りの中華スープ、コダマのお母さんから教わったかぼちゃサラダ。青海苔を混ぜるのがポイント。

Photo

寒い日にはシチューがおいしい♪この日はシーフードクリームシチュー。かぼちゃのバター蒸しと、大根とキュウリとツナのサラダ、キャベツの蒸し物、焼きネギのマリネとトマト。白ワインに合う献立・・・・・・飲めないけど・・・・・・ね!

Photo_2

よい母乳のためには、白身魚がよいらしい・・・・・・と聞いて・・・・・・この日のメインは、鱈の唐揚げの野菜甘酢あんかけ。白菜とえのきとガンモの煮物、ほうれん草とトマト、なめことワカメの赤だし味噌汁、 ケイコ母さんが持たせてくれた、お豆の煮物。

Photo_3

普段は家では食べない牛肉が、なぜか突然、とても食べたくなった。ちょうどピーマンが安かったので、この日はチンジャオロース!サラダと、家に遊びに来てくれたお母さんが持って来てくれたまぐろを、山芋すりおろしで和えたもの、豆腐ときのこともやしの煮物、お味噌汁。

Photo_4

家から2分ほどのところのスーパーが、立地の上では行くのに便利なんだけれど、お魚の品揃えがあまりよくなくて・・・・・・お魚が食べたいときは、6キロを超えたおチビをよいしょよいしょと抱っこして、少し離れたスーパーや商店街のお魚屋さんまで買い出しに行きます。私にとってもおチビにとっても、いいお散歩!おいしそうな生鮭がお買い得だったこの日は、鮭のムニエルに。ワインビネガーで味付けした、少し酸味のあるきのこソースをかけて・・・・・・。豆腐サラダと、キュウリともやしとニンジンとワカメの酢の物、カボチャと玉ねぎのサラダ、コーンポタージュスープ。

2012_01110950869

番外・・・・・・児玉家のお昼ご飯。

前の晩は、ケイコ母さんが持たせてくれたおいしい、おいしーい平田牧場の極上のお肉のセットでしゃぶしゃぶでした。刻み昆布たっぷりのお出汁でしゃぶしゃぶするのだけれど・・・・・・しゃぶしゃぶし終わったあとのお出汁には、重くなく、旨みたっぷりの甘い豚の油が溶け出している・・・・・・・捨てちゃうのはもったいない!ということで、とって置いて、翌日のお昼ご飯のラーメンの汁に・・・・・・。醤油と中華だしを加えて、昔懐かしシナそば風のあっさり味に仕上げました。おいしかった!コラーゲンでお肌もぷりぷり♪

Photo

こちらはある休日の朝ご飯。

ほうぼうからリンゴをたくさん頂いたので、甘く煮ました。冷凍パイシートでそれを包んで、トースターでこんがり焼いて・・・・・・アップルパイに♪パイはやっぱり焼きたてが何よりおいしい!ちょっと贅沢気分な朝ご飯でした。

おチビとの生活のなかでは、ご飯作りにもいろいろと工夫が必要。食材のそろえ方にもコツがいるし、段取りも今まで以上に大事!そうやって知恵をめぐらせるのが、けっこう楽しい。・・・・・・まあ、大変なときもあるけど~~~(笑)!

さて、今夜は何を食べよう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスを待ちながら・・・

メリークリスマス!!

2011_12220950046

玄関でお客様をお出迎え!一目ぼれして、去年、自分へのクリスマスプレゼントに買ったフランフランのリスのぬいぐるみ・・・・・・。

2011_12220950059

おやつはパン屋さんで見つけた素朴な型抜きクッキー・・・・・・。

2011_12220950051

去年の冬、横浜のクリスマスグッズ専門店で見つけたウッドオーナメント・・・・・・。焼印のぼけぐあいが可愛らしくて好き。

2011_12220950057

テレビの前にはミニツリーや松ぼっくり、ヴィンテージキャンドル・・・・・・。

2011_12220950038

2011_12220950039   

おチビのベッドサイドにはおチビがお昼寝している間にこつこつ手づくりしたクリスマスガーランドを飾って・・・・・・。

おうち時間を楽しみながら、わくわく待った、おチビと過ごす初めてのクリスマス・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はじめてのおもちゃ

おチビの誕生から、早2週間以上が経過・・・・・・

毎日があっというまに過ぎていって・・・・・・、でも一日一日がなんだかとても濃くて・・・・・・おチビとの生活の中で、味わったことのない時間の流れを体感しています。新米父さんと母さんにとっては、学びと試行錯誤だらけの日々!!

目がはっきり見えるようになってきたおチビは、夫くんや私、手伝いに来てくれている母の顔を、なんとなく個別認識し始めた様子・・・・・・低月齢用の赤ちゃん絵本や、頂き物の動くおもちゃなどにも、反応を示し始めたようにも思えます。

予定日一週間超過で誕生したおチビ。

おチビが生まれてくるのをまだかまだかとじりじり待ったその一週間に、もうすぐ会えるオチビのことを想いながら作った、おチビのためのはじめてのおもちゃ・・・・・・。

2011_11220950370

うさぎ年生まれのおチビにちなんで、小さなうさぎのぬいぐるみ・・・・・・中にはプラスティックの鈴が入っていて、触るとからころと音がなります。

青い目に、ハート型のピンクのお鼻・・・・・・いらずらっこそうな表情を刺繍でほどこして・・・・・・。

2011_11220950373

後姿は花柄のコットンで。まんまるな大きなしっぽには、ちょこんとピンクのシルクリボン。

おチビは男の子なのに、ディティールがちょっとガーリーなのは・・・・・・ごめん、母さんの趣味!ちょっと大きくなったら、コレクション性のあるミニカーや、戦隊もののハイテクなおもちゃなど、思い切りボーイズライクなものばかりに興味が向くのだろうから、ほんの短い赤ちゃんのうちだけは、母さん好みのものでも遊んでおくれ!・・・・・・ということで・・・・・・。

手が触れると音がなるのが興味深いらしく、入院中のまだ目が見えない頃から、ぽこぽこ手で叩いては、音に耳を澄ませて、それなりに楽しんでくれているようす・・・・・・。うれしい♪

こういう小さなお針仕事は、おチビがお昼ねしている隙間時間でも少しずつ進められるから、また何か作ってあげたいなあ。

今度は、おチビ自身が手で握って遊べるぬいぐるみかな・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子手帳ケース

お洋服や、ぬいぐるみ、ベビー用品入れ・・・・・・おチビのために作りたいものはたくさん!

最初に作り始めるものは、決めていました。

おチビが生まれる前から・・・・・・そして生まれた後もずっと使う、母子手帳ケース・・・・・・。

実際に製作に取り掛かったのは、震災後のショックから徐々に元気を取り戻し、つわりも落ち着いてきた安定期に入った頃・・・・・・当初は一ヶ月ほどで仕上げるつもりだったのだけれど、なんだかんだ慌しい日々の中で、少しづつ進める作業のこと・・・・・・思ったより時間がかかってしまって。

先週、ようやく完成!!

2011_10130950080

半分に折りたたんで持ち歩くタイプ 。

墨色のリネンに、ちくちく刺繍をほどこした布で仕立てました。

2011_10130950082

広げると、表はこんなかんじ・・・・・・。

2011_10130950081

内側にはポケットが8つ。色々入れられるように・・・・・・。

2011_10130950084

今回、初めて挑戦してみた、大柄な刺繍。

刺繍の基本ステッチの一つ、チェーンステッチにチャレンジしたのも実はこれが始めて。

完成までにも時間がかかりすぎてしまったし、ところどころ、糸のひきが強すぎたり、弱すぎたり・・・・・・よく見るとあちこちつたないけれど、数ヶ月かけて、おチビのことを想いながら、様々な気持ちで、一刺し一刺し作ってきた刺繍・・・・・・。愛着いっぱい!

いつ産気づいてもおかしくない今日この頃・・・・・・このケースに母子手帳や、大切な人達から頂いたお守り達、夫からもらったメッセージカードや、祖父母の写真を入れて出かけるときは持ち歩いています。

それにしても、おチビが出てくる前になんとか仕上がってよかった~(*^^*)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児玉家の晩ご飯

出産予定日までいよいよ残すところ一ヶ月を切って・・・・・・。

過ぎ去ったマタニティライフを振り返ることの多い今日この頃。

今思い返すと・・・・・・やっぱりつわり期は、辛かったなー!!と思います。

妊娠してすぐから、安定期に入るごろまで続いたつわり。

つわりで何も食べられなくて5キロも痩せちゃった!とか、何を食べても吐いてしまってしまいには血を吐くぐらいだった!・・・・・・なんて、壮絶な体験談を持つ友人達が多かったので、自分は全然楽なほうだな~と思っていたけれど・・・・・・でも、今思うと、それでもやっぱり辛いものは辛かった!

私の場合、食べたものを吐いてしまうことはほとんどなかったけれど、とにかく一日中むかむか気持ちが悪く、身体はだるく、異常に眠かったり、疲れやすかったり・・・・・・そして、一番悲しかったのは、何を食べても心の底から「おいしい!!」と思えなかったこと。

匂いにも敏感になり、食材(特に生魚や生肉)がずらりを並んでいるのを見るのも辛くて、スーパーに入れなくもなりました。会社帰りの夫にお使いを頼む日々・・・・・・。

そんな有様だから、料理をするのももちろん辛くて、でも、身体が塩分や油分に対して敏感になっていて、市販のお惣菜やレトルトは受け付けなかったから、自炊するしかなくて、マスク重ね付けして台所に立ったり、りんごを食べるとむかつきが若干緩和されたので、薄切りにしたりんごのスライスをたくさん用意しておいて、おえ~!となるたびそれをつまみながら料理したりしていました。

出来上がったものを食べることより、作っている最中がとにかく辛い!

多分、食材の匂いを含んだ湯気がだめだったんだろうな・・・・・・出来上がった料理も、ほかほかしているより冷めているほうが食べやすかったりしたし。

この時期は、夫がとにかく大活躍!!彼が料理以外の家事をほとんど全部引き受けてくれていたので、なんとか乗り切れた感じ。あと、「自分や夫にためだけに作っているんじゃない、おチビに食べてもらうために作ってるんだ!」と自分に言い聞かせて頑張っていました。

安定期に入ってからは、ご飯もおやつもおいしく食べられるようになって・・・・・・食事を楽しめることの幸せを、改めて感じて・・・・・・料理することも、再び楽しいと感じられるようになって・・・・・・今に至ります。

出産までつわりが続く妊婦さんもいると聞くけれど、本当に大変だと思う!!!奥様がつわり中の旦那様方には、とにかく全力で奥様を労わってあげて欲しい!吐きづわりじゃないと、傍目にはさほど辛そうに見えないこともあるだろうけれど・・・・・・、吐かなくても、痩せなくても、「気持ち悪い」と言いながらも食事はちゃんと摂れていたとしても・・・・・・、本人は本当に辛かったりする・・・・・・つわりとは、摩訶不思議なものです。

*****   *****   *****   *****

最近の台所仕事の悩みは、家から徒歩二分、一番近いところにあり一番よく利用していたスーパーが、耐震工事のため2ヶ月以上の休業に入ってしまい、食材の調達が難しくなってしまったこと!

食材を賢く使いまわすことに日々苦心中の、ここ一月ばかりの児玉家の晩ご飯ダイジェストです。

Photo

そうめんの日。つわり中は、麺類を茹でているときの湯気がもうほんとに駄目で、麺を茹でるのだけは、夫にお願いしていたなあ・・・・・・。

カボチャのグリル。カブとキュウリとニンジンをニンニクしょうが醤油に漬けたもの。ナスとニンジンの甘辛味噌炒め。ピーマンと水菜の蒸し物のおかか和えとトマト。オクラととろろ昆布と卵のとろとろスープ。冷奴。

Photo_2

肉じゃが定食。しらすとオクラとワカメの和え物。ほうれん草のおひたし冷奴。カブとカブ菜のお味噌汁。

妊娠後期に入ってから、白米より俄然、雑穀米がおいしく感じられるようになり、毎日雑穀ご飯を食べています。

Photo_3

夫の好物の一つ、焼きうどん。野菜屑たくさん入れて・・・・・・。

アボガドとトマトとオクラのサラダ。甘エビのお刺身。筍と椎茸の煮物。野沢菜とカブ菜とちりめんじゃこの胡麻油炒め(ご飯に乗せて食べるとおいしい!)。エノキとチンゲン菜ととろろ昆布のスープ。

Photo_4

焼きうどんの翌日のご飯。今年もさんまが美味しくてうれしい。

そうめん。ミョウガとキュウリとじゃこの胡麻和え。キャベツとニンジンの蒸し物とトマト、夕べの残りの筍と椎茸の煮物。冷奴。

Photo_6

買出しに行けず、食材不足・・・・・・ということで、サツマイモ、ズッキーニ、トマト、アスパラ、玉ねぎ入り、お肉なしの、残り野菜カレー。

もやしとチンゲン菜のナムル。エノキとオクラと干しえびの蒸し物。児玉のおかあさんに教えてもらったカボチャの青海苔マヨサラダ。

Photo_5

カレーの翌日・・・・・・この日も買い物に行けず、本当に食材が底をついた・・・・・・苦し紛れご飯だった日。

中のケチャップライスの具が、ニンニクと玉ねぎとハムの切れ端だけのオムライス。サツマイモとズッキーニのグリル。チンゲン菜とエノキと干しえびの和え物。前夜のカレーの残りで作ったカレーミルクスープ。

オムライスにケチャップで絵を描くのはいつも夫の仕事。毎回私が、「今日はどんな絵を描いてくれるのかな~♪」とわくわくしすぎるので、最近、プレッシャーを感じているそうです・・・・・・。

Photo_7

ご飯を包むときに失敗して卵が破けてしまったこちらには、カレーパンマンを描いてくれました。ちょっと怖い!?

Photo_8

夫の会社の同僚さんのご家族が、某食品会社にお勤めで・・・・・・時々、レトルト食品のサンプルを分けてくれます。

この日は頂いた麻婆豆腐のもとを使って、茄子、ねぎ、シメジと具沢山の麻婆豆腐を作りました。

オクラと納豆と山芋の和え物と、キャベツとニンジン、キュウリの塩昆布和えとトマト、あさりと大根と冬瓜と水菜のスープ。

Photo_9

妊娠してから、カボチャやお芋類、お豆類など、ほくほくした食感の野菜が大好物になりました。

ジャガイモ、かぼちゃ、大豆、玉ねぎ、ニンジン・・・・・・大好きな野菜ありったけ入れたごちそうシチューの日♪豆腐ともやしとキュウリとトマトをピリ辛風味の味噌ダレで和えたものと、茄子と油揚げの煮物、サラダと一緒に。

Photo_10

毎日料理している中で、時々、我ながら「会心の作!!」と思える美味な一品が出来上がる日があります。

この日の、椎茸とたけのこをたっぷり混ぜ込んだ、鶏肉団子と白菜、えのき、しめじ、春雨スープもそんな一品。鶏団子の旨みと白菜の甘みが溶け合ったスープが最高でした♪夫がいつも以上に喜んで食べてくれてうれしかった。

肉じゃが、ちりめんじゃこおろし、冷奴、キュウリとカブとトマトのサラダ。

Photo_11

夫の会社の先輩ご夫婦のおうちに遊びに行った翌日の晩ご飯。

ご夫婦のお宅では、お料理好きの旦那様が腕をふるうこともしばしばのようで、この日も旦那様がお手製の美味しい料理をふるまってくれました。

それに触発されたのか、「今日の晩ご飯はオレが作る!!」と夫。焼きそばと、とろろ昆布ともやしとエノキのスープが夫作、キャベツとニンジンとスナップエンドウのコールスローサラダと、オクラと長いもときゅうりともずくのおかか和えが私作の合作ご飯。

これからは、何かで私がご飯の支度ができないときでも、おチビにご飯をたべさせてあげられるように、何品か子供が食べられるメニューのレパートリーを夫に持ってもらえるとうれしいなあ。

Photo_13

秋が近付き・・・・・・大好きなゴーヤもそろそろ食べ収め? 玉ねぎと赤ピーマンとミョウガのおかか和え。蒸しキャベツとトマト。キュウリともずくの和え物。かぼちゃ煮物。エノキとスナップエンドウのお味噌汁。

Photo_12 

川魚大好き♪魚屋さんで安く売られているときがチャンス!

岩魚塩焼き定食。かぼちゃとシメジの煮物、ゴーヤともやしとニンジンと胡麻の甘酢漬け、ほうれん草おひたしとトマト、エノキと玉ねぎとワカメのお味噌汁。

*****   *****   *****   *****

おチビと一緒の生活だと、料理にかける時間も短縮せざるおえないんだろうな・・・・・・。さて、どうなることやら・・・・・・。怖さ半分、その生活の中で鍛えられる部分が楽しみな気が半分・・・・・・。

一生続くお料理修業。日々、様々な気持ちで台所に立つ。これからも自分らしい味作りに励みつつ、新しいチャレンジにも挑みつつ、ゆるりと歩いていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の想い出こぼれ話

暑い暑いお盆・・・・・・

伊豆を旅したり、実家に泊まったり、久し振りに髪の毛を切ったり、義父母とお出かけしたり・・・・・・盛りだくさんに過ごしていますが、こうも暑い日が続くと、夏大好きの私も、さすがにフウフウ・・・・・・。

やけに涼しい日々が続いた先月末の陽気が懐かしくなってきました・・・・・・。

*****   *****   *****   *****

ということで・・・・・・7月後半の夏の想い出こぼれ話。

Photo

「なんだか無性にガレットが食べたい!」 ・・・・・・という気分の日が続いて・・・・・・

ある休日の午後、夫と、神楽坂の毘沙門様のすぐお向かいにあるガレット専門店、『ル・ブルターニュ』でランチ。

おそば大好きな夫と私は、そば粉を使ったガレットも大好物なのです。

いつも混んでいるお店だから、予約をしっかりいれて。

フランスの古民家農家をイメージさせるような、立派なハリのある内装とインテリアが気分を盛り上げてくれます。

そしてお茶目なフランス人のムッシュウや、スマートなウェイター陣が、気持ちよいサービスで運んでくれるガレットのおいしいこと!

そば粉のクレープはぱりっと焼き上げられ、香り高く、こうばしく、なかの具材の塩気とのバランスも絶妙!

以前ふっことランチしに来たときに頂いた、アルコール度数がいろいろ選べる自家製シードルがとてもおいしく、ガレットとの相性も抜群だったので、夫に勧めるも、前日はめをはずして二日酔い気味だった彼は、フランス製のコーラで自粛・・・・・・。

夏のガレットもおつだったけれど、個人的に、ガレットって、秋に食べるのが一番おいしいと思う。もう少し涼しくなったら、また食べに行きたいな~。

2011_07300951872

海の日の朝は、パンケーキを焼きました。

アボガドのサラダやソーセージ・・・・・・、軽井沢で買ってきたハチミツたっぷり、「コルリ」さんの鳥さんビスケットも添えて、いただきます♪

この日は新宿で久し振りに映画を観ました。織田裕二さん主演の映画・・・・・・。黒木メイサさんが美しかった。スペインの景色が華麗で、スピーディーな展開の物語。面白く観たけれど、今もうすでに、ストーリーがよく思い出せない・・・・・・。そういう映画。

映画を観たあと、新宿伊勢丹の催事に参加されていた「コルリ」さんのブースを覗きに行き、マカロンをいくつか購入。ずっしり量感がある、可愛いモチーフのクッキーがデコレートされたおめかしパウンドケーキがおいしそうで、とにかく愛らしくて、買いたかったけれど・・・・・・甘いもの食べ過ぎないように必死に頑張っている最中だったので、ぐっとガマン。

夜はおなじみの居酒屋「天狗」で、数年にわたるフィリピン生活を終えて帰国したコギくんを囲む会。久し振り!な人たちにたくさん会えた。

すごく久々に、わこにも会えた!二年ぶりくらい!生まれて2日目に抱っこさせてもらった、ちっちゃなちっちゃなわこも、もう4歳。笑顔が可愛らしすぎる女の子に成長。夫にいたずらしまくる様子がとにかくキュートで、見ているこっちはめろめろのめろめろ!

2011_07300951881

ある日曜日。丸の内をぶらぶらお散歩。

東京駅から有楽町駅まで、ウィンドーショッピングをしながら歩くのが好き。レディースとメンズが一緒に並べられたセレクトショップが多いから、カップルのデートにもよいコース。

この日は東京駅前の丸ビル内の「HARBS」で、ケーキを食べてからお散歩スタート。

いつも行列が出来ているケーキ屋さん・・・・・・気になってはいたけれど、入るのはじめて。

ショーウィンドーに並んだケーキは、どれもきらきら綺麗で、おいしそうで・・・・・・悩みに悩んだ末、夫は色とりどりのフルーツがぎっしりはさまれたミルクレープを、私はチョコレートケーキを・・・・・・。

ミルクレープは、フルーツの自然な甘みと、なめらかな生クリームの優しい甘みのコンビネーションが秀逸な一品。チョコレートケーキは、とにかく濃厚で、ブランデーの香りが芳しい大人のケーキ!うーん、満足!

コロニアル調のインテリアも落ち着くし、コーヒーがお替りできるのもとってもうれしい♪

今度は甘いもの好きの母を連れて行ってあげたいなあ。

2011_08030950015

7月末の土曜日、夫の会社のお知り合い主催のバーベキューへ。

あいにく、雨もちらつく小金井公園にて・・・:・・でも、アウトドアに慣れた参加者の方が多く、広くタープが張られたもとで、雨に濡れることもなく、快適に楽しめました。

お肉、有頭えびやししゃも、ホタテなどの海鮮、みずみずしい玉ねぎやアスパラ、ほくほくのじゃがいも、お手製のアボガドディップや、その場で焼かれるハーブチキン・・・・・・炭火で焼かれた食べ物って、本当においしい!外でみんなでおしゃべりしながら食べるご飯、最高♪

しまいには、参加者の方が作って持ってくれたオレンジチーズケーキや、その場で削って出されたかき氷、冷たく冷えた桃なども飛び出して、なんとも贅沢なバーベキュー!

家が比較的我が家に近いということで、車で送迎してくれた夫の同僚のSさん夫婦の4歳いになるムスメちゃん、サキちゃん。

会ったのは二回目だったけれど、今回、すっごく懐いてくれて、最後のほうは、ずうっと私のあとをついて回って、手を握ったり、ぺったりくっついていてくれたり、私が持っている荷物を代りに持ってくれたりした。可愛すぎるよー!きゅんきゅん!!

酔っ払ってはじけまくり、子供以上のしつこさを発揮して、誰にもとめられなくなってしまったうちの夫の面倒も、サキちゃんはよくみてくれました・・・・・・。

今度、サキちゃん連れてSさんの奥さんがうちに遊びに来てくれると言っていたそうなので、すごく楽しみ♪

*****   *****   *****   *****

夏を中心にして一年を送っている私は、夏にがっつり遊ぶことで、その後の一年を頑張るパワーを蓄えている。

今年は、状況的にも肉体的にも精神的にも、変動が大きかったから、いつものようには過ごせないかも・・・・・・とも思っていたけれど、夏というパワフルな季節は、今年もたくさんのエネルギーを私にくれた。

暑さは相変わらずなものの、暦の上では夏の終りが少しずつ見え始めたこの頃だけれど、思い残すことがないくらい、たくさん想い出ができました。

夏ばてしないように、身体を整えながら、まだ今はここにある「夏」を慈しみながら・・・・・・、でも、少しだけ、少しずつ、やがてくる「秋」にも思いを配り始めながら・・・・・・。

8月後半も、毎日たくさんのことに感謝して、楽しんで暮らしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ最近の児玉家の晩ご飯

先月のとある日、所用で実家に顔を出していた夫に、コダマのおかあさんが「冷凍しておけば、いつでも食べられるから!」と、コロッケを持たせてくれました。

成形し、衣もつけられ、あとは揚げるだけの状態になったコロッケたち。

折りしも、数日前から、「無性にコロッケが食べたい!でも作るの面倒くさい・・・(←おいもをつぶす作業が嫌いなのです・・・)」ともんもんとしていた私。

大喜びでさっそくいただきました。

おまんじゅうのようにふんわり丸い、可愛らしい形のコロッケは、見た目そのままの優しい味・・・・・・

うきうきもぐもぐ食べる私の隣りでコロッケをかじった夫・・・・・・ふっ・・・と笑って、

「『実家のコロッケ』だなあ・・・・・・」

と。

なんでも、丸い形で薄衣、なかにはおいもがぱんぱんにつまっているところが、コダマ家の『お袋のコロッケ』なんだそう。うん、確かに、そのコロッケは優しい味を作るのが得意な、コダマのおかあさんらしいコロッケだ。

「うちの実家のコロッケはね、スタンダードな小判型で、大きくって、中身はこしょうがきいていて、固めの衣をばりっと揚げてあって・・・・・・」

楽しい気持ちになって、私のお母さんが作るコロッケの特徴をぺらぺら話していた私・・・・・・ふいに、じーーーん、とした気持ちになってしまいました。

自分を育んできてくれた味の記憶って、なんて優しくて、強いのだろうと思って。

結婚して、自分だけのためでなく、家族のために台所に立つようになって、はじめて本当にわかるようになったこと。お母さんたちが、毎日ご飯を作ってくれる・・・・・・当たり前だと思っていたそのことが、どれだけ偉大で、どれだけ幸せなことで、どれだけ自分を支えてきてくれていたかということ。

結婚後、私が台所を司るようになってもうじき丸三年。『我が家の味』は、まだまだ作られ始めたばかりです。

夫を育んできてくれた、優しいお出汁がベースのコダマのおかあさんの味と、野菜をたっぷり使いながらもパンチもきいていて食べ応えがある私のお母さんの味を調和させて・・・・・・、そこに、ひらめきと挑戦と即興性を愛する私のキャラクターを加えて・・・・・・

ひとりでは作ることのできなかった、愛すべき『我が家の味』が、10年後にある程度の形になっていたら、うれしいなあと思う。

とりあえず、これが今の形。ここ最近の、児玉家の晩ご飯です。

*****   *****   *****   *****

Photo

サバの味噌煮定食。

煮魚の時は、キノコとネギを山盛り一緒に煮て食べるのが好き。

コダマのおかあさんが水煮にしてくれた筍を炊いた煮物。出汁昆布も一緒に食べちゃいます。

ほうれん草おひたし、冷奴、大根とエノキのお味噌汁。

Photo_2

豆腐とひじき入りハンバーグ。水菜と大根おろしを添えて。和風ハンバーグのときは、玉ねぎの代りに胡麻油で炒めたネギを、牛乳でしめらす代わりに、日本酒でパン粉をしめらせるのが好き。

筍と赤ピーマンのグリル。オクラのおかか和え、サラダ、キノコいろいろと昆布のお味噌汁。 

Photo_3

冷蔵庫がすかすかだけれど、スーパーにも行けなかったよ!な日の、苦し紛れご飯。

お母さんが送ってくれたコンビーフと、レタスとシメジのガーリックライス。オニオンスライスおかか和えとトマト、前日に行った亀戸天神のお土産の残りの卵焼きと大根おろし、キャベツ、人参、えのきのきれっぱしを放り込んだカレーミルクスープ。

Photo_4

少し肌寒い雨の日は、この季節でもまだまだ鍋がおいしい♪野菜たっぷり、手づくり鶏つくねいりキムチ鍋。

サラダ、ピーマンとおかかとしらす干しの蒸し物、長いもとオクラとノリの和え物。

Photo_5

時々無性に食べたくなるマーボー丼。とにかくキノコが大好きな私は、麻婆豆腐にもシメジやらエノキをいれちゃいます。

キャベツと人参とハムとキュウリのコールスロー。ほうれん草とトマト。ピーマンともやしとシラスとゴマのポン酢蒸し。キャベツとえのきのスープ。

Photo_6

野菜どっさり入れておいしいサッポロ塩ラーメンは、手抜きしたいときの主婦の味方~♪

サラダと、キュウリと大根の浅漬け、豆腐とひじきと人参の煮物を添えて簡単ご飯。

Photo_7

そして、さらに手抜きしたいとき・・・・・・というか、どうしてもご飯を作る気になれない日も、やはりたまにはあるわけで・・・・・・

この日は、仕事で出会った方からお土産で頂いた横手焼きそばのキットを使って、夫が焼きそばを作ってくれました。目玉焼きも、ちゃんと焼いてのせてくれた♪

私がぐずぐずしてご飯作れない日も、文句を言ったり責めたりは一切せず、「そんな日もあるさ~♪」と笑って、不器用ながらも一生懸命作ってくれるか、外にご飯を食べに連れ出してくれる夫には、とても感謝しています。

前夜の晩ご飯の残りのサツマイモの煮物と、コダマのおかあさんからもらった冷凍の鯵の南蛮漬けとトマト、私の作ったワカメと大根のスープ。

Photo_8

優しい夫に感謝を込めて・・・・・・フランスパンを主役にしたご飯の日。(フランスパンは、夫の大大大好物なのです)

ほうれん草、ジャガイモ、人参・・・野菜たっぷり入りのポーククリームシチュー。生クリームたっぷり使って、ちょっとリッチに♪

大根とトマトとワカメのサラダ。ピーマンとエビとしらす干しのマリネ。サツマイモのレモン煮。コダマのおかあさんお手製レバーの煮物。

Photo_9

この日もパンが主役の日。(フランスパンではないけれど)

チキンとキノコ、野菜色々のトマト煮込み。トマトソースを使った煮込み料理は、作っていてテンションがあがる料理の一つ♪

サラダ。空豆と桜海老の和え物、カボチャのマリネ。

パン食の日は、夫がワインを飲むので、ワインに合いそうな献立を考えています。

Photo_10

これまたコダマのお母さんにもらったほっけを焼いたもの(もらってばっかりだ!)。

サラダ。モズクとオクラとシラスの和え物。キャベツとおかかの蒸し物。ワカメと人参と大根ともやしのスープ。最近、ラーメン屋さんの定食についてくるスープの味の再現に成功し、時々作っています(笑)。夫が喜んでのんでくれます。

Photo_11

我が家では、ハンバーグ以外で登場することがほぼない牛肉。この日は突然牛肉が食べたくなり、 牛肉と椎茸とチンゲン菜と赤ピーマンのもやしのオイスターソース炒め。

野菜屑いろいろ入りスープ。キャベツとえのきとおかかのポン酢蒸しとトマト。冷奴。ジャガイモの青海苔入りのクリームソース和え。(生クリーム少量と、マヨネーズ、塩少々、青海苔を適当に混ぜ合わせ、ゆでじゃがいもと絡める。思いつきで生まれたおかずだけれど、すごくおいしい!ワインのおつまみにも♪)

Photo_12

野菜室のお掃除メニューの定番かつ、私の好物の一つ、中華丼。お酢をたっぷりかけていただきます。

サラダ。カボチャと椎茸の煮物。大根とキュウリと桜海老のナンプラー炒め。キャベツとコーンと卵のスープ。

Photo_13

ミニ水炊き(笑)。鶏肉、ネギ、シメジ。たっぷり大根おろしを投入したポン酢で。

肉じゃが。ゆで空豆。おかかとキャベツの蒸し物とトマト。オクラとシラスとワカメの酢の物。

Photo_14

番外編。先日、数ヶ月ぶりに夫に持たせたお弁当。

鶏肉のきじ焼き丼。ジャガイモとオクラと人参と桜海老の煮物と、もやしと小松菜とニラとゴマのナムル。トマト。はんぺんのチーズ挟み。

お弁当のならではのおかずってありますよね。お弁当の献立を考えるのは好きです。(っていうわりに、全然作ってあげないんだけれど・・・・・・)

こうやってまとめて見ると・・・・・・

私って、本当にきのこが好きだなあ!!

そして、相変わらず、盛り付け方が、がさつ!!女の子の服を作る仕事をしている人間の盛り付けとはとても思えない大雑把さ・・・・・・。料理の腕自体ももちろんだけれど、盛り付けのセンスは、ぜひとも早急に向上させたいところ・・・・・・。新しい器、少し買い足そうかなあ。

さて、今晩は、何を作ろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2月の児玉家の晩ご飯

昨日の日曜日、夫とmainちゃんと、専門学校時代の友人、クラモチくんと奥さんのエミちゃんのおうちに、昨年末生まれたばかりの二人の息子ちゃんに会いに遊びに行きました。

息子ちゃんとは初対面。ぷくっぷくほっぺのカワイコちゃんに、一気にパパラッチと化す私たち・・・・・・。

エミちゃんのお腹からこの世界に出てきてからまだたったの3ヶ月。からだもうんとうんとちっちゃいのに、私の指をぎゅううっと握ってくる指の力はびっくりするほど強くて・・・・・・

あ・・・・・・、これが、赤ちゃんが、「生きよう!」としている力なんだな・・・・・・って・・・・・・。

生まれてきたときには、きっとみんな平等に、「頑張って生きていくんだ!」っていう、エネルギーを持っているんだ!・・・・・・って・・・・・・。

涙出てきちゃうよ。

赤ちゃん抱っこするたびに、しみじみ感動してしまう。

二人のおうちに最後に遊びに行ったのは、ちょうど去年の2月・・・・・・

建ったばかりの新築で、木のいい匂いがしていた。

その時にはまだ、チビっこは、存在すらしていなくて。それが一年後の今、ちっぽけな身体ながら、抱いていると腕にずしりとくる重みと、周りの人みんな幸せな気持ちにさせてしまう笑顔を携えて、ここにいる不思議!!

エミちゃんが、「私ね、母乳で育てるっていうことが、こんなにも体力を消耗するものだって思ってもみなかった」と言っていた。・・・・・・重みのある言葉。

母乳って、つまりはお母さんの血液だものね。いわば授乳中のお母さんは、一日中献血しているようなもの!

「お母さん」って・・・・・・ほんとうにすごい!

なんだかいろいろ・・・・・・静かな感動で身体いっぱいになった一日でした。

*****   *****   *****   *****

いっぱい食べて、元気出して頑張っていかなくちゃいけないのは大人も同じ・・・・・・。

児玉家、2月の晩ご飯ダイジェストです。

Photo

寒さひとしおの2月、やっぱりあたたかい鍋が食べたくなります♪

東京スンドゥブのレシピを参考に数年前から冬場はしばしば作っている、大好きなスンドゥブ。

欠かせないのはあさりとスケソウダラ。

この日は「スンドゥブが食べたいなあ」と思いながら、お気に入りの赤羽のお魚屋さんにいったところ、ぴちぴち新鮮なスケソウダラが店頭に並んでいて、ラッキー!内臓や頭もみんなお鍋にいれてぐつぐつ・・・・・・おいしいお出汁を出してくれました。

他、ほうれん草ともやしと人参のナムルとトマト、たらの白子とおくらの煮物、スナップエンドウのおかか和え。

Photo_4 

節分の日には、毎年恵方巻きを食べています。今年の恵方巻きは成城石井で購入。おいしかった!

おかずは、前日のスンドゥブ鍋の残りを使ったチゲスープ、豚のしょうが焼き、うどとノリの酢の物(うどがスーパーに並ぶと、春の気配を感じます♪)、オクラのゴママヨ和え、塩昆布入りだしまき卵とたっぷり大根おろし、白子煮物の残り。

Photo_3

鶏肉のソテー。最初はクレイジーソルトとニンニクをすり込んだお肉をオリーブオイルで焼いたのに、レモン汁をかけてさっぱり頂く予定だったのが・・・・・・冷蔵庫に残っていると思っていたレモンがなかった・・・・・・がーん・・・・・・で、急遽、肉汁に白ワインとお酢とバターとお醤油ちらり加えてキノコソースを作ってかけました。そうしたら夫にすごく好評♪レモンがなくて、かえってよかったかも ^^

セロリとウドのマスタードマヨネーズ和え、レンコンと人参のキンピラ、アボガドと水菜とトマトのサラダ、ワカメとチンゲン菜の生姜スープ。

Photo_5

休日のとある夜。

夫が料理を手伝ってくれました。夫作の、水炊き、サラダ、しらすおろし。私は野菜の甘味噌炒めと、キャベツとワカメのお味噌汁だけ作りました。

夫よ、ありがとう!またよろしくね♪

Photo_6

豚肉と桜海老のお好み焼き、えのきとしめじともやしの煮物、しらすとワカメの酢の物、サラダ、冷奴、昨日の水炊きの残りで作ったスープ。

夫のソースのかけ方・・・・・・センスない!(笑)

Photo_7

こちらは私のお好み焼き。マヨたっぷり・・・・・・カロリー高そう!でもおいしそうでしょう?

お好み焼きやホットケーキを焼くときは、一度にたくさん焼いて、残りは冷凍しています。自家製冷凍食品。私のお昼や、休日のブランチに活躍してくれます。

Photo_8

バレンタインの日のご馳走は、いつもはローストビーフかビーフシチューと決めているのですが・・・・・・今年は、前夜に児玉のおとうさんからおいしいおいしいうなぎをもらったので、うな丼をメインにした和風ご膳に♪

カツオのタタキ、児玉のおかあさん手製の黒豆、サーモンサラダ、カブとかいわれ菜の生ハム巻き、はまぐりと菜の花とえのきのお味噌汁。

Photo_11

友人と夜ご飯を食べに出かけた夜の、夫用の晩ご飯はコンビーフとレタスのガーリックチャーハンと、菜の花の辛子マヨ和えとトマト、ナスとおかかの煮物、おかあさんの黒豆、カブとカブ菜の味噌クリームスープ。

コンビーフはうちの母がよく送ってくれるものの一つなのですが、野菜との相性も良く、万能に使えるので、食材を買いだしに行く時間が取れないときに、本当に助かります ^^

Photo_10

葉山で素晴らしい一日を過ごした日の晩ご飯。

ご機嫌で久し振りのハンバーグを作りました。ハンバーグの種をこねるのは、いつも夫の役目・・・・・・。マッシュルーム入りの赤ワインソースをたっぷりかけて♪

ナスと椎茸ともやしのお酢入りの煮物。

水菜とトマトとアボガドのサラダ。

冷奴、黒豆、えのきと白菜の味噌汁。

O0480036011073186544

で・・・・・・葉山で遊びつかれたのか、翌日は手抜きご飯~♪

シーチキンと水菜と卵でサラダうどん。中華クラゲとワカメときゅうりの和え物、ほうれん草おひたしとトマト、昨日ののこりの酢煮物、黒豆、昨夜のお味噌汁をクリームスープにアレンジしたもの。

Photo_12

冷蔵庫すっからかん・・・・・・でも買出しに行く気力なかった夜のご飯・・・・・・

ちょっと残っていたルーを、牛乳と生クリームでのばして作った野菜屑いろいろとホタテの水煮缶(これも母がいつも送ってくれるもの)のシチュー。

カブ菜とおかかの胡麻油和え。おろしナメコ。冷凍していた豚肉の切れ端とマッシュルームのポークチョップ。

かなり苦し紛れなメニューですが(笑)、こういう日があると、冷蔵庫の中のものを本当に使い切れるので、冷蔵庫リフレッシュにはいいかも♪

Photo_13

我が家の豚のしょうが焼きは、豚こま肉使用、しめじ、玉ねぎ、ネギなど、野菜を肉以上に入れて作るのが定番。

ハムとキュウリと玉ねぎと青海苔入りポテトサラダ、チンゲン菜のゆでものとトマト、冷奴、白菜とえのきのお味噌汁。

2011_02210950602

今月は二回だけ、夫にお弁当作りました。

この日は、豚肉のピカタ、ポテトサラダ、トマト、ほうれん草とコーンの和え物、カブをショウガすりおろしを入れた酢醤油で浅漬けにしたもの、ナスとシメジとオクラの煮物。

2011_02260950630

ささみの味噌大葉焼き、大根と人参のナマス、ブロッコリーとトマト、母が送ってくれた缶詰の五目豆、ホタテとシメジとコーンのバター醤油炒め。

食欲のない日が続いた時期もあり、ご飯作るのが辛い日もあった月でしたが、振り返るとなんだかんだいろいろ作っています。

奇特な夫は、毎食後、必ず、「今日もおいしいご飯をありがとう!」と言ってくれます。これが何よりの原動力!

今月半ばから忙しさ増してきた夫の仕事、来月もますます忙しくなるもよう・・・・・・残業休日出勤続きで気の毒だけれど、野菜たっぷりご飯で、影ながら支えたいところ・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)