日記・コラム・つぶやき

Hongou’s Factory「森のレストラン」 IN OVAL

Dscn1451

お友達の作家さんのご紹介で、今春から、京都の「oval」さんで、Hongou’s Factoryのお洋服を扱っていただくことになりました。

大好きかつ、憧れの街、京都・・・・・・!

うれしいです!

こちらはフラワーボーダーが目に楽しい、軽やかなワンピース。

Dscn1455

袖はロールアップ風のディティール。

Dscn1472_4

このシルエットは、Hongou's Factoryの初期からの定番型、「ガーデン」。

毎シーズン、布の組み合わせを変えては、発表してきた型です。

基本的に、Hongou’s Factoryの服は一点もの。

シルエットも同じ、使用素材も同じという服は、委託をお任せしているお店の特別な要望があり、さらにそれに応えられる布地の在庫がない限り、再製造することはありません。

でも、これは、一昨年末、神保町amuletさんで行われた、代官山BRIQUEさんの合同展示会に出品させて頂いたものと、ほぼ同形のもの。

今まで、Hongou's Factoryの服を購入してくださった、あるいは購入しなくとも、気に入ってくださった方全てが、私にとってすべからく特別なお客様なのですが、中でも、私が、「もう、駄目かも・・・服なんか作っていても、もうしょうもないのかも・・・」とくじけそうになってしまっていた時期に、何度もその言葉で、存在で、支えてくださったお客様がいて。

その方が、展示会で見て、即決して購入してくださったものとほぼ同型のものを、ゲンカツギの意味も込めて、一年以上ぶりに委託販売のための商品として今回製作したもののなかに入れさせていただきました。

美しい彼女は、恐らく私の次に、Hongou's Factoryの服を手元に携えてくれている人。

彼女のイメージを全く抜きにしては、私はもう服を作れないかもしれない。でもそれはそれで、幸せなことなのではないかと思えるのです。

Dscn1479

同じく「ガーデン」型の、ちょっと変り種の輸入生地を加えて製作したバージョン。

Dscn1483 

ウェスト部分のレースモチーフによるフラワーコサージュがポイント。

ペールトーンのまとまりがフェアリー・タッチで春らしい一枚。

Dscn1459 

楽しいリボンプリントの生地によるミニドレス。

シルク混生地で、上品な光沢を持つリッチな素材・・・だけれど柄はとことんキュート☆

Dscn1468

Dscn1470

胸元には三つ編み風に生地を編みこんだディティール、裾にはタック。

初夏のガーデンウェディングのゲストドレスなどにもぴったり!

Dscn1494

最後は、コットンレースとリネンのコンビのワンピース。

Dscn1497

胸元の編みこみディティールは前述のワンピースと同様。

Dscn1504

レースモチーフと、フラワーモチーフを組み合わせたベルト付き。

この春夏のHongou’s Factoryのテーマは、「森のレストラン」。

豊かな森の中にある小さなレストラン。

朝には鳥のさえずりとさわやかな空気が味わえ、昼には周囲に咲き誇る花々の鮮やかさが目を楽しませてくれ、昼下がりには木漏れ日がここちよく、夕暮れには夕陽が美しく草花を染め、夜には星の輝きがロマンティック・・・・・・。

温かみのあるランプやキャンドル、アンティークの家具や、美しいリネンやレースのファブリックでしつらえられた店内は、華美ではなくともロマンティックで落ち着きがあって。

働くスタッフはみんなフレンドリーでかつ奥ゆかしくきめ細やかにもてなしてくれ、お料理は素朴なおいしさと楽しい工夫に溢れ、食べる者を幸福にしてくれる・・・・・。

そんなレストランに集う女性達をイメージしてデザイン。

リラックスしたムードのハッピーなお出掛け着。

製作をするうえでのテーマはもちろん、毎期ごとにあり、とても大切にしていますが、人体が入って初めて完成するのが服というもの。

ならば、いろんな年代の、いろんな体型の方に着て頂き、様々なアイテムと合わせて頂いて、十人十色、私の想像を越える着こなしで着ていただけたら、何よりの幸福!

可愛がってくださる方とのご縁がありますように・・・・・・。

この春からは、東京のお店でも委託販売を始めさせて頂きたいと思い、黙々と準備中です。

来月頭にはまた改めてお知らせできることを目指して・・・・・・!

一足早く、OVALさんに納めさせていただいた商品のご紹介でした。

関西にお住まいの方、京都にご旅行の予定のある方、ぜひ遊びに行かれてみてくださいませ。

★OVAL★    http://www.dockeryfarm.co.jp/tenpo/oval.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)